ビューティフルマインド

最終話の結末は!?ビューティフルマインド~愛が起こした奇跡~ 13話・14話のあらすじと感想!

投稿日:

ビューティフルマインド~愛が起こした奇跡~ 13話 あらすじと感想

元同僚はゴンミョンに、ヨンオは医療ミスがあったわけじゃないと言います。

CT写真を取り違えただけだったと。

しかし、その事実を報告しようとした際、ゴンミョンからひどい仕打ちを受けました。

言い争った際、元同僚は屋上から転落してしまい、車椅子生活になりました。

その時もゴンミョンは自分が助けるわけではなく、救急車を呼んでいます。

絶望するゴンミョンはミンジェに当時のCTを見せ、本当に正常な前頭葉なのかを問います。

患者に子供を抱かせてあげられなかったことを悔やむヨンオ。

そんなヨンオに、患者の妻からメッセージ動画を渡されます。

観るとヨンオに対しての感謝の言葉で溢れていました。

映像を観て、ヨンオは生まれて初めて涙を流します。

ジンソンに会いに行ったヨンオは、こんな風になったのは全て君のせいだと言います。

しかし、どんな言葉も「愛してる」に聞こえる、とジンソンは受け入れます。

後日、患者との約束を守る為に派手な色のTシャツを着て現れたヨンオに病院中がざわめきます。

ソクジュはスンホ室長が院長を殺した黒幕だと証拠をつかみます。

ヨンオと心が通い始めたジンソンでしたが、持病の治療で受けた投薬の副作用で倒れます。

想定外に進行が早く、移植希望者として登録するようソクジュは判断します。

一方でレジデントのシヨンは、ジンソンの病変を見て疑問を持ちます。

今までも同じ病変の患者が同じ時間帯に発生していたからです。

この事実を知ったヨンオはすぐに再生医療の治験患者だと気付きます。

ソクジュ自体も安全性に疑問を抱きながら、ジンソンを助けたいという思いで再生医療を決めます。

しかし、そんな不確かなことはさせられないとヨンオは激怒し、ソクジュに殴りかかります。

そして、違法である生体移植をすると言い出します。

自分の好きな人のためにここまでできるのだろうかと考えさせられました。

患者のためにポップなTシャツを着て笑うヨンオが可愛すぎます。

 

ビューティフルマインド~愛が起こした奇跡~ 14話(最終話) あらすじと感想

自分の体を使って生体移植をすると言うヨンオをゴンミョンは止めます。

しかし、反対を押し切って手術を決行し、成功させます。

違法な手術を行ったことに対する解任案を倫理委員会で取り上げられます。

ソクジュは違法だと知っていて自ら手伝った
証言します。

ヨンオはソクジュは否定的であったが、自分が暴力を用いて無理に手術をさせたと言います。

ソクジュは事実無根だと言いますが、ヨンオは冷静な表情のまま、自分1人の責任だと言い続けます。

他国では生体移植は普通に行われていることで、医師として何も恥ずかしくはないとも言います。

術後、ジンソンはミンジェからヨンオが危険を冒して自分を救ってくれたことを知ります。

罪悪感を抱きますが、ヨンオはしっかりと自分の気持ちを伝えます。

2人はキスをして、お互いの気持ちを確認し合いました。

ヨンオのみの解任が決議されようとした時
ゴンミョンは自らの罪を公表します。

自分が院長を辞めるので、ヨンオは解任しないで欲しいと頼みます。

治験患者を見回ったソクジュは、副作用が出た患者に偏りがあることを知ります。

そしてその副作用は修正可能だったこと、なのに事実が隠蔽されていたことに気付きます。

スンホ室長に詰め寄ったソクジュは、全てを明らかにすると告げます。

しかし、そのことに怒りを持ったソクジュの後輩・ギホはソクジュを襲い、逮捕されます。

スンホ室長は理事長と会話をしますが、理事長は全ての罪をスンホ室長に押し付けました。

一年が過ぎ、研究を続けていたソクジュは、副作用が出ない心筋シートを開発します。

ミンジェは美しい容姿から、テレビ出演をするようになりました。

ヨンオもヒョンソン病院に残り、医師として活動していました。

感情全てを理解することができなくとも、ヨンオは患者に向き合い続けています。

ジンソンとの関係も良好に維持していました。

自分が出来る感情の選択は君を愛することだ、と笑顔でジンソンに伝えます。

全体的にテンポの速いドラマで、みんなが前を向けてよかった。

周りの医師達と仲良くなっていくヨンオが可愛くて何度も観たくなります。

 

【 ビューティフルマインドの関連情報 】

 
 

-ビューティフルマインド

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.