雲が描いた月明かり

韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ 1話~3話 感想

投稿日:2017年12月8日 更新日:

韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ 1話~3話 感想
『雲が描いた月明かり』を最終回までのあらすじとネタバレで感想付きで配信!!
WEB小説がドラマ化!!胸キュンする最高の恋愛時代劇!!

 

【雲が描いた月明かり あらすじと概要】

WEB小説で爆発的にヒットした物語がドラマとして登場!!
視聴率25%以上という記録を叩き出し韓国では、
ドラマ見たさに約束をすっぽかしてしまう女性が続出したと社会現象を巻き起こした!!

恋愛カウンセラーとして、生計と立てていたラオン。
幼い頃から男装をして過ごしていた。
ある日恋文の代筆を頼まれ、ひょんな事からその恋文を渡した相手に会う事になる。
その相手とは、国家の世子ヨンで、そんな事を知らないラオンは落とし穴にヨンを落としてしまう!!
その後、お金の問題で売られてしまったラオンは内官試験を受ける事になるが、
そこであの落とし穴に落としたヨン世子が居て驚いたラオンは逃げようとするけど…。

【 雲が描いた月明かりのあらすじとネタバレ 1話~3話 感想 】

雲が描いた月明かり 1話

幼少の頃からずっと男装をしいられ、生きてきたサムノムことラオン。

ラオンは借金を返済するために、恋愛相談からラブレターの代筆まで色んな仕事をしていました。

ある日、ラブレターの代筆の仕事を請け負っていた男性から「自分の代わりに恋文の文通相手に会ってほしい」と依頼されます。

ラオンはその依頼を引き受けます。

しかし、その相手は一国の姫であるミョンウン王女だったのです。

しかも、ミョンウン王女の兄である世子のヨンがラブレターを見つけて怒り、ミョンウンの代わりに待ち合わせ場所に現れます。

ラオンはヨンが世子だと気づかず、ヨンを落とし穴に置き去りにし逃げ出します。

果たして、その後ラオンはどうなるのでしょうか…?

 

雲が描いた月明かり 2話

ラオンは借金捕りに捕まり、内官の試験を受けることとなります。
 
ラオンは宮廷に連れていかれるも、女性だとばれてはまずいと思い、夜中に王宮から脱出しようと試みます。
 
しかし、願い叶わずヨンと出くわしてしまいます。
 
ヨンは「また会ったら、何でも言うことを聞く!」というラオンの言葉を思い出し、ほくそえみます。
 
不吉な予感しかしないですね…!
 
ラオンは試験に落ちるために、わざと回答を間違えるなどします。
 
しかし、ヨンはラオンを合格させるために、こっそり正解を教えます。
 
さらに、ラオンの逃亡を防ぐために、ビョンヨンに見張らせます。
 
そんな中、ラオンはユンソンと再会。
 
ミョンウンが妊娠し、ラオンはソン内官に無理難題を押し付けられたユンソンをさりげなく助けます。
 
そしてふとした瞬間、ユンソンはラオンが女性なのでは?と気づいてしまいます。
 
しかも、ミョンウンにラオンがラブレター代筆をしていたことがばれてしまい、激怒。
 
ミョンウンは自分でラオンを討ちとろうとします…。
 
ラオンの嘘がばれ、ハラハラドキドキする展開になってきましたね!

 

雲が描いた月明かり 3話

ミョンウンはラオンに刀を突き付けます。
 
ラオンは窮地に追い込まれますが、ヨンが駆けつけ助けられます。
 
ラオンは今度こそ宮廷から脱出しよう内官の試験を白紙で提出。
 
ところが、ラオンを合格させたいヨンは直接答えを聞いたと嘘をつき、彼女を合格させるのです。
 
合格に驚いたラオンは世子と話がしたいと言いますが、叶いません。
 
そんな中、ラオンは淑儀パク氏の書状を王に届ける役目を任されます。
 
ラオンは書状の返事を王から受けとるものの中身は白紙。
 
再度返事をもらったものの、こちらも白紙。
 
パクと王に挟まれたピンチのラオンはこの状況をどうやって乗り切ったのでしょうか。
 
ヨンはラオンに正体を隠したまま…ラオンとヨンの関係が少しずつ縮まっていく中、ラオンが正体に気づいた時の反応が見ものですね!

 

【 雲が描いた月明かり 次回のあらすじや関連情報 】

⇩全話一覧はこちら⇩
韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

⇩キャストと相関図の一覧はこちら⇩
韓国ドラマ 雲が描いた月明かり キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

 

-雲が描いた月明かり
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.