雲が描いた月明かり

最終話の結末は!?『 雲が描いた月明かり』あらすじ 16話~18話(最終回) 感想付き!

投稿日:2017年12月8日 更新日:

韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ 16話~18話(最終回) 感想
『雲が描いた月明かり』を最終回までのあらすじとネタバレで感想付きで配信!!
WEB小説がドラマ化!!胸キュンする最高の恋愛時代劇!!

 

【雲が描いた月明かり あらすじと概要】

WEB小説で爆発的にヒットした物語がドラマとして登場!!
視聴率25%以上という記録を叩き出し韓国では、
ドラマ見たさに約束をすっぽかしてしまう女性が続出したと社会現象を巻き起こした!!

【 雲が描いた月明かりのあらすじとネタバレ 16話~18話(最終回) 感想 】

雲が描いた月明かり 16話

ラオンの母親の元に父親であるホン・ギョンネが突然現れ、逃げるよう伝えます。

すぐそこまで追っては迫っており、ホン・ギョンネは自ら囮となり捕まります。

王は10年前に死んだはずのホン・ギョンネが生きていることを知り、驚き気絶。

そのため、ヨンとハヨンの婚礼の儀は中断し、王のもとへかけつけます。

一方、ラオンは会ったことのない父が生きていることを知り、ハン尚膳とビョンヨンの助けのもと、宮廷に忍び込みます。

それを知ったヨンはラオンが見つからないようにしますが、ソン内官に目撃さらてしまうのです。

ソン内官は王妃に報告しますが、ユンソンは王妃のもとを訪れラオンを助けようとします。

そんな中、白雲会はホン・ギョンネを助け出そうと試みます…。

ホン・ギョンネはどうなるのでしょうか?

そして、ラオンは父親と会えるのでしょうか…。

雲が描いた月明かり 17話

ホン・ギョンネを助け出そうと試みたビョンヨンとヨンたちは対峙することとなります。

ヨンは刀を突きつけてくるビョンヨンを前に、彼がに白雲会の一員だったことに気づきます。

ホン・ギョンネとラオンは白雲会に守られながら、ビョンヨンをその場に残し宮廷を後にします。

ビョンヨンの周りは兵士たちが囲み、ヨンの反対も空しく、ビョンヨンは矢を放たれ倒れこみます。

ヨンはビョンヨンを信じきっていたため、ショックが大きく複雑な想いで涙します。

お互いの立場はあるものの、最期まで仲間として絆で結ばれていたのを感じ、こちらも涙が止まらないようなシーンでしたね…!

それから1カ月後のこと。

ヨンは職務を放棄し、宮廷の外でこっそりと世子襲撃事件の真実を突き止めようとしていました。

そんな放蕩にふけるヨンの姿を見たキム・ホンやキム・ウィギョは、ヨンを世子の地位から廃位させるよう動きます。

ヨンは真実にたどり着けるのか…?

次回は最終回!

 

雲が描いた月明かり 18話(最終回)

ヨンは毒を盛られてしまい倒れます。

ラオンは呼び出された茶山先生と共に、宮廷に向かいます。

倒れたヨンに寄り添い看病していると、ヨンは目を覚まします。

ヨンが心配なハヨンがかけつけ、ラオンは仕方なくヨンのもとを離れます。

そして、ヨンは茶山先生に自分が助かったことは周りに内緒にして欲しいとお願いします。

ヨンが危篤だという噂が宮廷に広まる中、毒を盛った犯人が探します。

10年前にヨンの母親が毒殺された状況と今回の事件の状況が全く同じなので、犯人は同一人物だと確信したからです。

そんな中、ヨンウン王女にある変化が…。

昔の記憶が戻り、声を発したのです。

そして、ラオンはヨンウン王女と一緒にヨンの母親の手紙と血がついたハンカチを見つけます。

過去の事件も明らかになり、ヨンとラオンの恋の行方にも決着が着く最終回。

ドキドキハラハラの回でした…!

 

【 雲が描いた月明かり 次回のあらすじや関連情報 】

⇩全話一覧はこちら⇩
韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

⇩キャストと相関図の一覧はこちら⇩
韓国ドラマ 雲が描いた月明かり キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

⇩この韓国ドラマを見た人にはこんなドラマもおすすめ⇩

●おすすめの関連記事はこちら

 

-雲が描いた月明かり
-, , , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.