ハッピー・レストラン

韓国ドラマ ハッピーレストラン あらすじ 37話~39話 感想

投稿日:2017年7月20日 更新日:

韓国ドラマ ハッピーレストラン あらすじ 37話~39話 感想
『ハッピーレストラン』を最終回までのあらすじとネタバレで感想付きで配信!!
中華レストラン【家和万事成】を中心に描いたドタバタホームストーリー!!



【ハッピー・レストラン あらすじと概要】

2016年に韓国で放送されたドラマで家族をテーマにいたホームドラマ!!
汗、水垂らして必死に苦労を重ねたきたポン家の主サムボンが、
大規模なレストラン【家和万事成】のオーナーになったところから物語が始める。
夫にもう一度振り向いてもらいたい妻、隠し子疑惑が判明した長男、
娘を亡くし夫婦関係が修復不可能なほどに冷めきった長女、
そして一夜かぎりの関係で妊娠してしまった次女!!
様々な問題が明らかになる中で、ポン家族は皆どうこの問題に向き合っていくのか!?
笑って、泣いてを繰り返す家族のハートフルストーリー。

【 ハッピーレストランのあらすじとネタバレ 37話~39話 感想 】

ハッピーレストラン 37話

ヘリョンはギョンオクから突然ヒョンギの容態を告げられて当惑していた。
そして今更昔のように戻るなんて出来るわけもないと…。
なぜこんなことになってしまうのかと…。
同じころギョンオクは眠るヒョンギにどうしてあなたがこんな目に遭わなくてはいけないの?!
と泣いてその胸の内を吐露していた。
ヒョンギはギョンオクに申し訳ない、許してくれと謝罪を繰り返すことしかできなかった。
一方、スクニョはサムボンに公的な書類を示し、今すぐサインするように求める。
しかし起こったサムボンは無視して部屋に戻ってしまうのだった。
マノはかんしゃくを起して家を出て行こうとするが、ミスンが書き残してきてくれていた日記を見つけてどれだけミスンが心を傾けていてくれたのかを痛いほど思い知るのだった。
そんな中、セリはある男に追いかけられて逃げ出すのだが、そこにミスンが間に入るのだがその男の正体に耳を疑うのだった…。



ハッピーレストラン 38話

ギョンオクは何としてもヒョンギの元に戻って来てもらいたいとヘリョンに謝罪をする。
テレビ番組の途中で大々的に行ったこの謝をヘリョンもテレビ越しで見ることとなり激しく動揺するのだった。
ジゴンはヘリョンをあくまで支えようとするが、ヘリョンの胸の内は激しく揺れていた。
でも一体今更どんな顔をしてヒョンギと向き合えばいいのかと…。
そんな中ミスンはマノとウリのDNA鑑定をもう一度行う。
同じころマノも偶然セリとその友人たちが気になる会話をしているところに遭遇してしまう。
ミスンはマノにDNA鑑定結果を見せて私たちは全てセリに騙されていたんだと告げる。
二人はこれまで苦労が何だったんだと涙を流す。
マノは直ぐにセリの前に現れるとよくもだましてくれた!と怒りを露わにする。
集まって来た家族に必死で釈明するセリだが、ミスンが持ってきたDNA鑑定結果を見てもはや嘘はつけないのだった。
ヨンウンはヒョンギを訪ねて何とか側で支えようとするが、もはやヒョンギはヨンウンを受け入れようとはしないのだった…。
ポン家にやって来たギョンオクは、家族の前でヘリョンに膝まづいてどうか息子のために戻ってきてくださいと懇願する。

ハッピーレストラン 39話

ミスンとサムボンは未だ関係を修復できずにいた。
ウリが自分の子どもでないことが分かり、家の中は酷く混乱していた。
そして、追い詰められたセリは置手紙ととともにウリを置いて家を出て行ってしまうのだった。
手紙を見たマノはセリの気持ちを知り複雑な思いになる。
ジゴンはサムボンとの時間を過ごし、サムボンもジゴンの優しさに次第に心を開きだす。
そんな中、ギョンオクはジゴンの息子ヨンウと接触する。
そのことを知ったジゴンは激怒して2度とうちの息子に近づくな!と部屋にあった花瓶を床にたたきつけるのだった。
事態を知ったヒョンギは割れたガラスを片付けるが、その時手を切ってしまう。
ギョンオクは酷く動揺してしまう。
ジゴンは一連の件で自分がどうすれば良いのか酷く悩んでいた…。



【 ハッピーレストラン 次回のあらすじやキャスト紹介 】

続きはコチラ⇒ハッピーレストラン あらすじ 40話~42話

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ ハッピーレストラン キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ ハッピーレストラン あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)


●おすすめの関連記事はこちら


-ハッピー・レストラン
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.