ハッピー・レストラン

韓国ドラマ ハッピーレストラン あらすじ 4話~6話 感想

投稿日:2017年7月18日 更新日:

韓国ドラマ ハッピーレストラン あらすじ 4話~6話 感想
『ハッピーレストラン』を最終回までのあらすじとネタバレで感想付きで配信!!
中華レストラン【家和万事成】を中心に描いたドタバタホームストーリー!!



【ハッピー・レストラン あらすじと概要】

2016年に韓国で放送されたドラマで家族をテーマにいたホームドラマ!!
汗、水垂らして必死に苦労を重ねたきたポン家の主サムボンが、
大規模なレストラン【家和万事成】のオーナーになったところから物語が始める。
夫にもう一度振り向いてもらいたい妻、隠し子疑惑が判明した長男、
娘を亡くし夫婦関係が修復不可能なほどに冷めきった長女、
そして一夜かぎりの関係で妊娠してしまった次女!!
様々な問題が明らかになる中で、ポン家族は皆どうこの問題に向き合っていくのか!?
笑って、泣いてを繰り返す家族のハートフルストーリー。

【 ハッピーレストランのあらすじとネタバレ 4話~6話 感想 】

ハッピーレストラン 4話

ミスンはマノとセリの不倫関係だけでもショックだったのに隠し子までいた子ことに、そして家族まで揃って自分に秘密にしていたことに気を取り乱してしまう。
家族は必死で落ち着かせようとするが聞く耳などもてる状況ではなかった。
ヘリョンはひどく疲れて帰って来たヒョンギを気遣うが、またしても拒絶されてしまう。
また姑のギョンオクからも冷たい態度をとられる日々が続いていた。
ヘリョンにとって家に居場所はなかった…。
一方、ヘウォンは夜遅くまで編集部で仕事をしていたが、物陰から音が聞こえ近づいてみると浮浪者のような男が眠っていて…。
ミスンはマノにセリとの関係をしっかり清算してほしいと思い、マノとセリがいるサウナ施設に乗り込んでいく。マノに真正面から関係を責め立てるのだが、なんとマノはミスンの味方になるどころか、こんな女は知らない!と聴衆の前で大声を上げて立ち去ってしまう。
この言葉にミスンの心は大きく傷ついて座り込んでしまうのだった。
一方、絡まれているヘリョンの前に現れたジゴンはかっこよく助け出そうとするが、怪我を負ってしまう。
怪我の手当てをヘリョンにしてもらうジゴンは…。



ハッピーレストラン 5話

マノに捨てられる訳には行かないとセリと子どもを自分が許せばと考えたミスンは、なんとサムボンにセリと子どもを一緒に実家に住まわせてほしいと頼み込む。
驚くサムボンだが…。
一緒に住むことになったセリは何かとマノを誘惑する。ミスンは余計なことはするなと忠告するのだが…。
一方、ヒョンギは秘書のイ・ヨンウンとの不倫関係を続けていた。
料理上手なヘリョンは友人の依頼に応じて料理学校の講師を務めることに。
しかし、そこに何故かジゴンが受講生としてやって来る。
またしても再会したこととに驚くヘリョンだが…。
そんな中、ヘウォンの職場の新編集長が決まり挨拶にやってくるのだが、その男はこの前に職場で眠っていて、更におう吐したものを自分に吐いたイ・ガンミンという人物だった。
ガンミンの顔を見たヘウォンは大きな不安と不満に包まれるのだった。

ハッピーレストラン 6話

ヘウォンとガンミンは朝目覚めるとホテルのベッドで裸で一緒に居た。
驚いた二人は一体なにがあったんだ!?とパニックになる。
まったく昨夜のことを思い出せない二人は監視カメラに何か手掛かりはないかと調べるのだが、そこにはエレベーターで情熱的なキスをするヘウォンとガンミンの姿ハッキリと映っていた。
そう二人は一夜の過ちを過ごしていたのだった。
セリとミスンの対立は日に日に悪化していく。そんな中、サムボンのシンボル的な人形にいたずらされる事件が発生する。
セリはその犯人として疑われてしまう。
頭に来たセリは必死になって無実を証明しようとする。
一方、ギョンオクはジゴンの車から出て来たヘリョンの姿を偶然目撃して、一体どういうことなのかと思うのだった。
ヘリョンもまた家の中でヒョンギとヨンオクがキスをしているところを目撃する。
ヘリョンはヨンウンを引き留めて迫るが、ヨンオクは全く動じないのだった…。
ジゴンはヘリョンのことをことあるごとに気遣い、そんなジゴンに彼女も次第に惹かれていく。



【 ハッピーレストラン 次回のあらすじやキャスト紹介 】

続きはコチラ⇒ハッピーレストラン あらすじ 7話~9話

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ ハッピーレストラン キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ ハッピーレストラン あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)


●おすすめの関連記事はこちら


-ハッピー・レストラン
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.