雲が描いた月明かり

韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ 7話~9話 感想

投稿日:2017年12月8日 更新日:

韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ 7話~9話 感想
『雲が描いた月明かり』を最終回までのあらすじとネタバレで感想付きで配信!!
WEB小説がドラマ化!!胸キュンする最高の恋愛時代劇!!

 

【雲が描いた月明かり あらすじと概要】

WEB小説で爆発的にヒットした物語がドラマとして登場!!
視聴率25%以上という記録を叩き出し韓国では、
ドラマ見たさに約束をすっぽかしてしまう女性が続出したと社会現象を巻き起こした!!

【 雲が描いた月明かりのあらすじとネタバレ 7話~9話 感想 】

雲が描いた月明かり 7話

ヨンは様々な危険に立ち向かい、ラオンを救い出し、ビョンヨンと3人で宮廷に戻ります。

ヨンがラオンを気遣う姿を見て、宮中ではヨンが男色だという噂が流れてしまいます。

一方、ユンソンはラオンに服をプレゼントし、宮廷を出て女性としての人生を送って欲しいと伝えます。

ハヨンはヨンと近づこうと試みますが、ハヨンとユンソンの間で結婚の話が出ていることを知り、困惑します。

そんな中、ラオンは許されぬ宮廷内の色恋沙汰に巻き込まれます。

マ内官が女官の話を耳にしてしまうのです。

ラオンはマ内官に協力しますが、この許されぬ恋の行方はどうなるのでしょうか…。

 

雲が描いた月明かり 8話

ヨンはラオンへのラブレターをしたため、ラオンに渡しにいきます。

すると、ヨンはチマチョゴリに身を包んだラオンを目にし、自分が捜していた妓生はラオンであると確信します。

ラオンはヨンにキスをされてから、ヨンへの想いを募らせ悩んでいましたが、これで二人の恋がうまく行くとよいですね…!

一方、ヨンは代理執政を始め、領議政キム・ホンの策略によって朝廷で孤立してしまいます。

さらに、ヨンに命じられて洪景来の娘を探しに街に出掛けたビョンヨンは何者かに追われます。

娘の名前がラオンという事を知ることとなりますが、果たしてどうなるのでしょうか?

そんな中、ヨンの事を好きなハヨンは恋愛相談の専門家であるラオンに恋の相談をするのです…。

雲が描いた月明かり 9話

ヨンはラオンが女性だと知っていると本人に伝えます。

すると、ラオンは今までの行動はそれを知った上でのもので、自分をからかっていたのかと悲しみます。

ヨンは女性だと知ってからの驚きや喜び、憤りなど様々な想いが入り交じり、なかなか打ち明けることが出来なかった。

しかし、これからは世界で一番大切な女性として接すると伝えます。

ラオンはヨンの男らしい姿に心打たれつつも、身分違いの恋に戸惑い、ヨンに避けるようになります。

一方、ビョンヨンがヨンとラオンの二人を偶然にも目撃。

ビョンヨンは複雑な想いを胸に、ラオンの過去を尋ねます。

そんな中、ヨンとキム・ホンとの対立が激化。

そして、運悪くヨンの腹違いの妹、ヨンウン姫が蔵に閉じ込められてしまいます。

ヨンウンは3年前のある事件で言葉も失ってしまっていました。

助けも呼べず困り果てるヨンウンのもとに、ラオンがやってきて彼女を助けます。

そして、ヨンウンに共感し、語りかけるラオン。

ヨンウンはラオンの一言に心を打たれます。

ヨンウンの失った記憶と言葉は戻って来るのでしょうか…?

 

【 雲が描いた月明かり 次回のあらすじや関連情報 】

⇩全話一覧はこちら⇩
韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

⇩キャストと相関図の一覧はこちら⇩
韓国ドラマ 雲が描いた月明かり キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

 

-雲が描いた月明かり
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.