華政 (ファジョン)

韓国ドラマ 華政 【ファジョン】 あらすじ 33話~36話 感想

投稿日:2017年2月5日 更新日:

韓国ドラマ 華政 【ファジョン】 あらすじ 33話~36話 感想
華政 【ファジョン】の最終回までのあらすじをネタバレで感想を添えて配信!!
激動の時代を力強く生きた貞明公主の生涯を描いた時代劇!!

華政 【ファジョン】のあらすじと概要

韓国で、2015年にMBCで放送された時代劇で、視聴率は最高11.8%を記録しました。
【華政】の時代背景は、16世紀末~17世紀、朝鮮第14~17代王の時代と長い時代を追ったドラマで、王位をめぐる闘争、政治や宮中の権力争い、を強烈な印象に手掛け、フィクションも取り入れた内容が面白さを増しています。
第15代王・光海君の異母兄妹、貞明公主の視点からみる16世紀末~17世紀の時代を存分に楽しめる時代劇です。


華政 【ファジョン】 あらすじとネタバレ 33話~36話 感想

華政 【ファジョン】 33話

隊長は、必ず生きて帰る為に一人でも多くの敵を倒せ!と命じる。
戦が始まると朝鮮軍の大砲が炸裂して、優勢になると手柄を取られないように明の軍も加勢する。
火器都監で作った大砲でやっつけた!と喜ぶ硫黄長が喜ぶ。
しかし、すぐに別の場所での戦いの為に向かう途中で後金(コウキン)の軍に囲まれてしまった朝鮮軍は、罠だ!と気づく。
その頃、火器都監と共に撤退すると告げられ急いで荷物をまとめるが、ジュウォンはここに残る!と言いジョンミョンにキスをして。
そして、一緒に生きると言った事を忘すれないで!と言って....。
王様は、我が軍は、投降し、火器都監は、全員戻って来ると報告を受けるがジュウォンが亡くなったかもしれないと聞き....。
帰って来た火器都監は、ジュウォン達が自分達を逃がす為に戦ってくれたと泣いて....。

イ・イチョムと会ったキム・ゲシは、明が敗退するのを王様はわかっていたと言い、諜反の兆しもある!と睨む。
そして、明が滅びるまでそなたが王を守れれば、行く末は安泰だ!と言うゲシで....。
王様に彼は、私達を守ってくれました、きっと戻ると約束してくれました・・と話すジョンミョンで。
家に帰ったイヌは、わが軍は、初めから投降するつもりだったと報告して....。
その頃、ジュウォンは、怪我をして生死をさまよって....。

華政 【ファジョン】 34話

イヌと会ったキム・ゲシは、王様を守る為にあなたは、公主を手に入れられる様、父上を動かせるようになりなさい!と....。
ヌンヤングンが大妃の誕生会を開くと聞いたジョンミョンは、明と後金(コウキン)に挟まれている時にするべきでない!と怒る。
しかし、こんな時だからこそ、この国は大丈夫だと民を安心させたいと言うヌンヤングンで。
明から手紙が届くと、後金(コウキン)に投降した責任を問う手紙で。
王様は、明が逃げたのに我が軍だけが戦えと言うのか?と怒ると、ジュソンが明が投降は、初めから決まっていた様だと言ってると....。

すると、明ときちんと交渉しろ!ホ・ギュンの自白文があるからいつでも裁けると脅す王様は、よからぬ計画をしたはいけない!諜反なんて持っての他だ!と睨む。
反対を無視して誕生会を開いたヌンヤングンに、明が戦に負けた責任を我が軍に押し付けてるのに、気楽に宴を開くなんてと抗議するジョンミョン。
そして、火器都監の職人も心を痛めてるのに重臣達までが集まってる事を責められたヌンヤングンは、皆の前でこけにされたと暴れる。
ヌンヤングンに惑わされてはいけない!と言うジョンミョンに、しかし、大妃は、誰かが王様を倒してくれれば、王宮に帰れて元に戻れると。
イヌは、ジュウォンに帰ってほしいと思おう半面、ジョンミョンを手に入れられるチャンスだと思ってしまう・・と言って...。
そんな時、キム・ゲシは、イヌと結婚して父親のジュソンの力を借り、王様を守れるとジョンミョンに話すが....。
一方、王様は、ハンと会い捕虜を全員返してもらえば、我が国は後金(コウキン)と一つになると言って。
父親と会ったイヌは、公主(ジョンミョン)と結婚すれば王様を思い通りにできると話し...。

華政 【ファジョン】 35話

会議を開いた王様は、後金(コウキン)と和親関係を結びハンを皇帝と呼ぶと言うと、重臣達は、そろって反対する。
しかし、王座を失われても捕虜として囚われてる者達を助ける!ときかない王様で。
ホン・ヨンは、自分も反対だと言うが、王様は、どうしてもジュウォンを助けたい!民は自分にとって国より重い!と告げる。
そんな時、民達が火器都監が王様の横暴の根源だ!と襲うがそれは、ヌンヤングンがけしかけた事で...。

ジョンミョンも駆け付けるが、火器都監の職人を庇って怪我をしてしまう。
公主だと言う火器都監の職人の言葉に、皆が驚き静かになると、国王は、誰よりも民を思う人物だ!と諭すが。
そして、戦場で火器都監の職人がいたから我が軍を守れたのに、それでもこぶしをあげるのか!と王がいなくなったら後悔することになると言って....。

王は、捕虜になってる者を救う為に、座り込みをする重臣達を追い払うようにメグミジャン(王の護衛)の要請をする。
公主の結婚を説得してくれと頼むヌンヤングンだったが、王様が母娘を敵対させる気か?と怒る。
その頃、ようやく意識を取り戻したジュウォンは、国の情勢を心配する。
後金(コウキン)は王様が返事をよこさないので、見せしめの処刑をすると捕虜を牢から出し、助けに来たジャギョンは、焦るが...。
とうとう、王様と会ったジョンミョンは、イヌとの結婚を告げて....。

華政 【ファジョン】 36話

結婚を許してください!と言うジョンミョンに、王様が誰がお前を利用しようとしてる!と怒り。
ジョンミョンは、政治に政略結婚はつきものだ!と力を得て王様を守ると言う。
その頃、ハンの重臣達が後金(コウキン)を説得して処刑を止める。
ジョンミョンから結婚を決めたと書状が届いたイヌは父親に報告する。

王様と会い、妥協策を見つけましょう!と言い私の弱みも返してください!もし婚戚になるのを拒むなら捕虜になった我が軍は、帰って来れないと言うジュソンで。
その頃、ジャギョンは、とうとうジュウォンを救出して....。
ホン・ヨンは、ジョンミョンにもし息子が帰って来たらこの結婚を悲しむと話す。
イヌは、悲しそうな顔で月を見つめるジョンミョンに、そんな顔をするのは今日だけにしてください!と言い。
呼びだしたゲシに、王様が王座を守る為に悪い事をしてきたが、ジョンミョンだけは守らねばと....。
翌日、王宮へ向かおうとしていたジョンミョンを連れ出したチョ・ヨジョンは、首筋に毒をぬって気を失わせ....。


華政 【ファジョン】の33話~36話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 華政 【ファジョン】 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 華政 【ファジョン】 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-華政 (ファジョン)
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.