華政 (ファジョン)

韓国ドラマ 華政【ファジョン】 あらすじ 64話~65話(最終回) 感想

投稿日:

韓国ドラマ 華政【ファジョン】 あらすじ 64話~65話(最終回) 感想
華政【ファジョン】の最終回までのあらすじをネタバレで感想を添えて配信!!
激動の時代を力強く生きた貞明公主の生涯を描いた時代劇!!

華政【ファジョン】のあらすじと概要

韓国で、2015年にMBCで放送された時代劇で、視聴率は最高11.8%を記録しました。
【華政】の時代背景は、16世紀末~17世紀、朝鮮第14~17代王の時代と長い時代を追ったドラマで、王位をめぐる闘争、政治や宮中の権力争い、を強烈な印象に手掛け、フィクションも取り入れた内容が面白さを増しています。
第15代王・光海君の異母兄妹、貞明公主の視点からみる16世紀末~17世紀の時代を存分に楽しめる時代劇です。


華政【ファジョン】 あらすじとネタバレ 64話~65話(最終回) 感想

華政【ファジョン】 64話

清が攻めて来る時間が迫るが、何もできなく早くジュソンの策略を清に知らせなくては・・と焦る。
ジャジョムは、皇帝の弟のドルゴンが王座を狙ってる事を、今回同行していて皇帝が信頼している男との交渉すれば事態が変わると。
負傷しながらもジュソンと繋がっている男を追ったイヌだったが、その頃、ジャギョンは、イヌの負傷を知って...。
ジャジョムがドルゴンと話している間にナボイ(皇帝が信頼している男)を王様が説得するのです!と話すジョンミョンで。
さっそくナボイと話したジュウォンは、軍事力を強化したのは、倭国の侵略を阻止する為なのだと話し。

ジャジョムは、新国王が清の年号を禁じたのも事実だが、それよりも権力を得る為に両国の逆臣が策略したことが問題なのだからドルゴンを捕えよ!と告げる。
なぜか話し合いの席にジャジョムが現れたと聞いたジュソンは、私兵を集める。
ナボイ将軍と会った王様は、我が国へ襲撃するか国へ帰り皇帝を守るかを決断せよ!と。
そこに私兵を引き連れ、やって来たジュソンは、最後の手段の鉄砲を取り出し、ジュウォンを狙うがイヌが庇い撃たれてしまい。
ジュソンは、とうとう囚われ彼の配下で商売していた商人までも捕えろ!と命じる王様で。
偶然、捕らわれたジュソンと会ったジャジョムは、共に参りましょう!と言って....。

華政【ファジョン】 65話(最終回)

途中で思い留まらなかった事を責め、息子まで手に掛けたと怒るホン・ヨン (ジュウォンの父)にイヌは、どうなった?と聞いて。
ジョンミョンは、逝かないでください!とイヌに話しかけるが御医は、命を助けるのは厳しい!と告げる。
イヌは、最後に公主様を見たいけど、もう何も見えません・・と涙を流す。
そして、ジュウォンに唯一の友人のお前と公主様とで同じ志で戦えて嬉しかったと言い、イヌは旅立った。
もし、私達の様な者達はいなくなってもまた同じ者が現れると言うジャジョムに、私は戦うだけだ!と言うジョンミョンで。
イヌが亡くなったと報告に行ったジュウォンは、彼は、あなたを恨んではいなかったと話す。
それを聞いたジュソンは、愚かな息子よ!最後まで俺には似なかったなと...。

ジュソンとジャジョブは、処刑され、ヨジョンは、毒薬を飲まされて...。
ジョンミョンは、きょうは、新たに出発する日です!とジュウォンに告げる。
王様は、自分のそばで助言をして欲しいと告げるが、ジョンミョンは、私は、向かい側で王様が権力に負けて間違いを犯したら、戦う側にいると話す。
そして、華麗な政治で『華政』と書いた書を王様に渡し、自分の居場所に戻ると言って...。
王様の昇進を断わって別造庁に戻ることになった夫婦に理解できないと笑う職人達で...。


華政【ファジョン】の64話~65話(最終回)の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 華政 【ファジョン】 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 華政 【ファジョン】 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-華政 (ファジョン)
-, , , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.