六龍が飛ぶ

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 10話~12話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 10話~12話 感想
『六龍が飛ぶ』のあらすじを感想付きで最終回までネタバレ配信!!
BSフジで放送予定で主演キャストには、実力俳優のイ・ユアンに注目!!
SBS演技大賞の特別演技賞に輝いた人気のアクション時代劇!!

六龍が飛ぶ あらすじと概要

2015年にSBS演技大賞を12冠も受賞した事が話題となった、実力俳優が集結した待望のアクションエイターテイメント時代劇!!
高麗末期に、新しい国家を築け上げる為に立ち上がった6人の物語。
立派な武将であった父に憧れを抱いていたイ・バンウォンは、大人になったら父のようになりたいと思っていた。
だがある日、憧れだった父が政敵であるイ・インギョムに服従する姿を見たバンウォンは、父に失望してしまう。
やがて、バンウォンは暮らしが厳しい人々を守る為に立ち上がる、チョン・ドジョンに憧れを抱くようになる。
そして6年後、新たな国家を立ち上げる為にドヒョンはが行動を起こしている事を知ったバンウォン。
統治する辺境の地・咸ハム州ジュで6人が出会い、そして6人は新しい国を自らの手で作ろうと立ち上がった…!!


六龍が飛ぶ あらすじとネタバレ 10話~12話 感想

六龍が飛ぶ 10話

影から二人の話を聞いていたバンウォンは、父さんには無理だ・・と首を振ると考えこんでしまい。
ソンゲは、ドジョンの話を断わると言うと、バンウォンは、父さんが過去にイ・インギョムに頭を下げた所を見た時、ショックを受けたと話す。
でも、後悔や事績の念は捨てるべきだ!父さんより悪い奴らは、都堂(トダン)三人衆だ!父さんは、民の話に心を痛める事が出来る王になれる!と言うバンウォンで。
しかし、ソンゲはもし、王になるのを受けたら恥知らずの男になるから受けるわけにはいかない!と告げる。
勝手に父親の印を押してホ・ガンに渡したバンウォンは、気が変わるかもしれないから今夜の内にここを去れ!と嘘の伝言を伝えて....。

幼い日の出来事を話したバンウォンだったが、話を聞いてる内に、あの時の少年だったと気づいたプニで。
イ・ソンゲの都入りをチラつかせたイ・インギョムにキル・テミらはようやく税率を下げることに同意して。
説得する事ができたイ・インギョムは、『道は北方にあり!』と言った女占い師に褒美を渡し....。
ホン・インバンの前に連れて行かれたヨニは、誰に命じられて嘘の占いをした?と聞かれるとその男は三峰と呼ばれていたと話す。
実は、ヨニを占い師にしたてたのはドジョンで、疑われる様な占いを策略して....。
インバンは、ドジョンに心配していたと言うが、その気持ちは嬉しいがあなたの噂は良くない話ばかりだ!と言って...。

六龍が飛ぶ 11話

インバンにソンゲの兵を自由にできれば怖いものはない!まずは安辺策を可決させてください!と挑発するドジュンで...。
チョヨンと会ったヨニは、ソンゲから安辺策(辺境地域を安定させる案)という法案の書状が届くと伝えて。
しかし、イ・インギョムがいる内は通らない案だ!と言うチョヨンで。
東北面にだけ兵糧を支給するのは不公平だ!と言う重臣達にチェ・ヨンは、ソンゲは税を無駄に使う人ではない!と賛成して。

更にモンジュは、倭寇などの敵が多すぎるから国境の守備を強化できる!と説得して。
そんな時、インバンの屋敷では国庫に返還すべき土地が使用人の名義になっていたと連行されてしまう。
これは、ドジョンがプニの村人に頼み、イ・インギョムに曝露した事で....。
一方、カップンは、ペク・ユンの命を奪ったのがホン・インバンとキル・テミだと噂を流せば指輪をあげると女性に頼まれたと明かす。
その女性と会ったタンセは、幼い時、傷つけたまま別れたヨニと再会するが、また会っても知らないふりをしていましょう!と決めて。
インバンの遣いで来た住職のチョンニョンは、安辺策について尋ねるがソンゲは、息子のバンウォンの仕業だと知り直ぐに安辺策を取り下げる様に部下に命じ。
イ・インギョムは、インバンと手を切る!と約束すれば助けてやる!とテミを脅して。

そんな時、妹の住んでる村へ様子を見に行ったタンセは、作物を取られ村人も命を失ったと聞き愕然とする。
窮地に立たされたインバンは、きっと助けを求めてくるから、その時は刃を掴ませてやる!とドジョンがつぶやいて...。
テミは、イ・インギョムにお前だけ助けると言われたけど、あの男に頭を下げるのはうんざりだから、財産の半分を差し出して許してもらいましょう!と言って....。

六龍が飛ぶ 12話

思いがけずテミがインバンを捨てなかった事にドジョンは、焦って。
その頃、父親の遣いで安辺策を撤回に開京に向っていた兄を止めたバンウォンで...。
テミに感謝してると言い帰ろうとしたインバンをタンセが襲うがテミに邪魔されてしまう。
テミは、イ・インギョムが財産を渡せば助けると言ったのに・・と悔しがって。
インバンは、ドジョンの指示通りにチェ・ヨンと会い、私達を処分するのはいつでもできるが安辺策は、今しかない!と話す。
何も知らないイ・インギョムが安辺策の可決をすると圧倒的に賛成者が多くびっくりで。

可決されても撤回しろ!と言うソンゲにイ・バングァ (次男 )は、安辺策によって沢山の人が助かると反論する。
側近が賛成しても決心が固いソンゲは、撤回を急げ!と言い、バンウォンを捕えろ!と命じる。
ドジョンは、イ・インギョムを襲った刺客をテミ達も知らないのなら誰なのだろう?と考えこむ。
バンウォンは、プニとムヒュルを長男の屋敷に連れて来て、働かせてほしいと頼んで。
ボロボロの靴を見たバンウォンが靴を買ってはかせると、胸がドキドキするプニで....。
とうとう、ドジョンに会う為に隠れ家に行ったバンウォンだったが、タンセも来ていて。
隠れ家に入ったドジョンは、二人の存在に驚くが、バンウォンは、タンセをカササギ毒蛇だと知っていて。
そして、高麗はだんだん悪くなる一方だ!とドジョンに話すタンセに、バンウォンがペク・ユンがいなくなり今回、インバンを襲った事で確実に変貌を遂げる第一歩になったと話して....。

六龍が飛ぶの10話~12話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 六龍が飛ぶ キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-六龍が飛ぶ
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.