六龍が飛ぶ

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 55話~57話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 55話~57話 感想
『六龍が飛ぶ』のあらすじを感想付きで最終回までネタバレ配信!!
BSフジで放送予定で主演キャストには、実力俳優のイ・ユアンに注目!!
SBS演技大賞の特別演技賞に輝いた人気のアクション時代劇!!

六龍が飛ぶ あらすじと概要

2015年にSBS演技大賞を12冠も受賞した事が話題となった、実力俳優が集結した待望のアクションエイターテイメント時代劇!!
高麗末期に、新しい国家を築け上げる為に立ち上がった6人の物語。
立派な武将であった父に憧れを抱いていたイ・バンウォンは、大人になったら父のようになりたいと思っていた。
だがある日、憧れだった父が政敵であるイ・インギョムに服従する姿を見たバンウォンは、父に失望してしまう。
やがて、バンウォンは暮らしが厳しい人々を守る為に立ち上がる、チョン・ドジョンに憧れを抱くようになる。
そして6年後、新たな国家を立ち上げる為にドヒョンはが行動を起こしている事を知ったバンウォン。
統治する辺境の地・咸ハム州ジュで6人が出会い、そして6人は新しい国を自らの手で作ろうと立ち上がった…!!


六龍が飛ぶ あらすじとネタバレ 55話~57話 感想

六龍が飛ぶ 55話

流刑の地にいた定昌君は、自分の処刑を知り、ユルラン(サグァン)に使いを頼む。
ユルランは、なぜか自分宛ての手紙を見て急いで走り出すが、家の前で縄を掛けられた定昌君は命を落として...。
その頃、残されたムヒュルと一緒にいるホン・テホンは、明の兵士に戦い方を教えて...。
宮廷では、官職になった者達に甘い言葉で罠を掛け、乗ってきた者達を説教するドジョンで...。

一方、パンチョン村では、儒生が科挙を受ける日が近づき、行主(ヘンス)になったプニは、大忙しで。
その村で食堂を始めたムヒュルの祖母は、孫の情報がなくて心配して....。
成均館での文書を盗んだと男が捕まるが、その男は、パンチョン村の住人だからと、ヨニは、兵士に引き渡さない。
その男の尋問を始めたプニは、無名だと判断するが、どこからか矢が飛んできて。
ソンミを見つけたバンジが闘うが、結局、逃げられてしまい...。
その村には、ユルラン(サグァン)も身を寄せていたが定昌君の子供を育てていて...。

そんな時、バンウォンは、無事、生還すると燕王は、何も言わなくてもムヒュルを連れ帰れ!と告げて...。
プニが抜けた様にヨニにも自分の道を歩いてほしい!お前を見つめるジバンにも申し訳ない!と笑うドジョンで。
ドジョンは、パンチョン村での事を聞き、無名がまた現れたと不安になるが、更に、バンウォンも帰って来ると聞き...。
軍事強化をすると言うドジョンに王様は、一任すると剣を渡して。
高麗の時の旗を全て燃やしたドジョンは、命に背いた兵を捕え...。

六龍が飛ぶ 56話

ようやく、都に戻ったバンウォンは、ヨンギュ達の拷問を見て。
ムヒュルは、祖母と会い挨拶をするが、無事帰った孫に涙が止まらない。
ダギョンは、軍事改革をすれば私兵が持てなくなるのが不安で、パンチョン村に武器を隠したとバンウォンに話す。
プニは、ここは軍も入れないから、秘密の会合が沢山行われてるが、いつか切り札になるかもしれないから聞いたことを書いてると話す。
ヨンギュが管理してると聞き、武器を見に行ったバンウォンは、この武器を使うことがなければいいが・・と言う。

翌日、使臣団を捕えよ!と命が出てムヒュル達が捕えられてしまう。
明に行った時にバンウォンが世子だと思われていた事が問題になっていて。
最近、具合の悪そうな王妃は、自分がいなくなったら・・と心配して...。
世子がいる王宮へ行ったバンウォンは、勘違いされたのは自分の責任だから、罰してください!と大声で叫んで。
世子は、兄のバンウォンが土下座する姿を見て、王様に許してください!と頼んで...。

ドジョンは、王の座を諦めきれないバンウォンに、権力を求める王となるはずだから反対してる!と言う。
そんな時、パンソン村にサグァンを見つけたムヒュルは、驚くが黙っている事に...。
一方、明から書状が届くが、何かと難癖をつけて、ドジョン達を送れ!と書いてあり。
それは、バンウォンの最後の一手だったが、そんな時、義父がクォン・グンという男を紹介して...。

六龍が飛ぶ 57話

明からの要求を都堂で話合うが、王様(ソンゲ)は決して屈しない!と告げる。
しかし、 ハ・リュンは、朝鮮が北方の国境を整備して来たことを誤解してるからこそドジョンを送るべきだと言う。
チョ・ジュンは、軍事権を握る者を人質として送る事になると反対し、結局、結論は出ないで...。
そんな時、儒生達が座り込みをして、ドジョンに明に行くべきだ!と抗議して。
自分を行かしてください!と言うドジョンに、ソンゲは、明との根競べだから今は耐えろ!と止める。
ドジョンと口論になったバンウォンは、弓を放っても的に当たらず...。

王様が何名かを明に送ると言うが、ドジョンは、自分の役職を返還することで明も納得してくれると話す。
王妃がなくなる前にの手を握り、世子を頼むと言うが、バンウォンがそっと手を振り払うのを見たソンゲは、大きな衝撃を受ける。
そんなある日、官職を返還したドジョンが姿を消すと続いてソンゲも出かけた事に、バンウォンは、不安になって。
ハ・リュンは、私兵を廃止する為に、遼東征伐を方便とするなら考えられると言い....。
王様に会いに寺に行ったバンウォンだったが、そこには居ず....。

六龍が飛ぶの55話~57話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 六龍が飛ぶ キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-六龍が飛ぶ
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.