六龍が飛ぶ

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 58話~60話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 58話~60話 感想
『六龍が飛ぶ』のあらすじを感想付きで最終回までネタバレ配信!!
BSフジで放送予定で主演キャストには、実力俳優のイ・ユアンに注目!!
SBS演技大賞の特別演技賞に輝いた人気のアクション時代劇!!

六龍が飛ぶ あらすじと概要

2015年にSBS演技大賞を12冠も受賞した事が話題となった、実力俳優が集結した待望のアクションエイターテイメント時代劇!!
高麗末期に、新しい国家を築け上げる為に立ち上がった6人の物語。
立派な武将であった父に憧れを抱いていたイ・バンウォンは、大人になったら父のようになりたいと思っていた。
だがある日、憧れだった父が政敵であるイ・インギョムに服従する姿を見たバンウォンは、父に失望してしまう。
やがて、バンウォンは暮らしが厳しい人々を守る為に立ち上がる、チョン・ドジョンに憧れを抱くようになる。
そして6年後、新たな国家を立ち上げる為にドヒョンはが行動を起こしている事を知ったバンウォン。
統治する辺境の地・咸ハム州ジュで6人が出会い、そして6人は新しい国を自らの手で作ろうと立ち上がった…!!


六龍が飛ぶ あらすじとネタバレ 58話~60話 感想

六龍が飛ぶ 58話

バンウォンを呼んだ六山は、元の王宮でドジョンは、王様と会ってると話す。
その頃、ドジョンは、本当に遼東討伐をする!と言い、ヨニは、明へ送った使臣の命が奪われましたと...。
バンウォン達の話を聞いていたムヒュルは、永楽帝(朱棣)は、白黒をはっきりつける男だと話す。
更に、バンウォンは、彼は遼東を捨てて南京を20万の大軍で攻め込むに違いない!と言う。
ドジョンは、我々は遼東に入り朱棣と講話(和解)協定を結ぶのです!と。

更に、朱棣が南京に進軍すると同時に出兵できる準備をしましょう!と王様に話す。
しかし、無名のヨニョンは、バンウォンに戦を起こしてはいけない!と...。
帰り道、食事をしたドジョンは、ヨニとバンジは、身を固めろ!と笑って...。
チョ・ジュンは、ハ・リュンに本当に遼東を成敗すると聞いて、自分が知らされていなかった事に怒って。
兵の訓練に自ら鎧をつけて参加したソンゲは、誰も集まらなかった事に激怒して。
バンウォンがドジョンに補薬を贈り、世子と談笑したと聞き、何があったのだろう!と周りが不思議がる。

六龍が飛ぶ 59話

ダギョンは、不安だから武器をもっとパンチョン(儒生の村)に隠したいとヨンギに言う。
もし、隠し武器の存在がバレたら皆終わりだ!と言うダギョンで。
王様は、皆を集め、自分に忠誠を誓った者だけを放免すると命じて...。
忠誠を誓った者達の前で、私兵の名簿と武器を引き継ぐ!とドジョンが告げて。
そして、王様がもう兵を勝手には動かせない!と命じて...。

武器保管庫に入ったヨンギは、一人の少年を見つけ剣を向ける。
少年を探していたサグァンは、ヨンギュを斬ってしまう。
亡くなったヨンギュを見たバンウォンは涙が止らないが、ドジョンと世子の命を奪うと言って...。
葬儀に来たダギョンは、私は頼み事をしたせいだ!と言うが...。
プニに隠していた武器を見られたバンウォンは、武器を諦める気はない!と言う。
そんな時、朱元賞が亡くなったと連絡が入ると、兵を出そうとするドジョンを討とう!と言うバンウォンで。
そんな時、ソンゲは、息子達を集め、父と一緒に出兵してくれ!と頼んで...。

六龍が飛ぶ 60話

カップンは、武器保管庫の事を暴露しよう!と言うがそうなれば自分達も無事ではいられない!と言うプニで。
チョ・ジュン呼んだソンゲは、世子を守って欲しいと頼む。
その頃、王子達に東遼討伐の王命が王様から届く。
バンウォンは、東遼討伐の出兵の日が決まると、ドジョンを討つと決めて....。
しかし、ソンゲの調子が悪いので7日遅らせる事が決まるが、むしろバンウォン達の思惑通りになって。

武器保管庫から武器を移動させる時、ムヒョルは、祖母に見られてしまうが、泣きながらも手伝うことに...。
ヨニが作った洋服をもらったバンジは、ムヒョルの祖母にもらったお守りを渡して、帰って来たら同じ夢を見たい?と言う。
帰りかけたヨニは、また戻ってお守りを返し、必ず帰って来て!と言うとキスするバンジで...。
武器を受け取った兵士は、バンウォンと共にドジョンにいる場所に向って...。

六龍が飛ぶの58話~60話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 六龍が飛ぶ キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-六龍が飛ぶ
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.