マスターククスの神

韓国ドラマ マスターククスの神 あらすじ 11話~12話 感想

投稿日:

韓国ドラマ マスターククスの神 あらすじ 11話~12話 感想
『マスターククスの神』最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストや出演者情報も公開しています!!
5人の若者がそれぞれの思いを抱えながら展開していく復讐劇!!

マスターククスの神 あらすじと概要

『ククスの神』という漫画が原作となりドラマ化された事で注目を集めていた韓ドラ!!
若者達が復讐を主体に展開していくストーリーで、衝撃の結末に視聴者は息を吞みました。
田舎で、記憶喪失の父と母を持ったミョンイは、貧しいながらも父の作る美味しい麺(ククス)を食べて幸せに暮らしていた。
ある日、ミョンイの母は、夫ジョンテが記憶喪失になった原因を探る為に、ギルドと接触する。
何の手がかりも得られなった母は、そのまま家に戻るが、そのあとを着けるギルド…。
その晩寝静まった頃に、ギルドによって放火された家は激しく燃え上がり、ミョンイだけが助かった。
その日から、幸せな家族を突然奪われたミョンイは名前を捨て、復讐の道を歩み出す…。


マスターククスの神 あらすじとネタバレ 11話~12話 感想

マスターククスの神 11話

宮楽園の密室で、ギルドの秘密を見つけて写真に残すダヘ。
ダヘが、密室に入ったことを知ったギルドは、二度と入るなと警告する。

ダヘが、ギルドの娘だと知って、意図的にダヘに近づくムミョン。
ムミョンは、テハがギルドの部下になったことを知り、激怒する。

一方、賭博事件と関連があると疑われ、検察で取り調べを受けるギルド。
その時、テハはギルドの指示で、汚い仕事に手を染めるようになっていた。

そして、窮地に追い込まれたギルドは、自分の秘密を知っているソテソプ議員に会う。

マスターククスの神 12話

テハは、ギルドを検察庁から出すために、ヨギョンにギルドを取り調べするのは法律違反だと言う。
それを聞いたヨギョンは、仕方なくギルドを釈放する。

ソ議員に会ってゴマを擦るが、全く通じなくて困るギルド。

宮楽園では、麺を作る総料理長を選ぶ試合が行うようになる。
それに参加するムミョンは、補助としてダヘを指名する。

だんだん意識が戻ろうとするデチョンを、ギルドは殺そうとする!
しかし、気づいたガンスクが駆けつけ、失敗に終わる。

宮楽園にムミョンがいると知ったギルリョンは、ヨギョンに知らせるかどうか悩む。

一方、デチョンの意識が完全に戻ったことを知り、殺そうとするギルド。
その時、ソ議員からギルドを調べてみてと言われたヨギョン。
ギルドの指名手配書を、見ることになる。

マスターククスの神の11話~12話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ マスターククスの神 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ マスターククスの神 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-マスターククスの神
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.