マスターククスの神

韓国ドラマ マスターククスの神 あらすじ 13話~14話 感想

投稿日:

韓国ドラマ マスターククスの神 あらすじ 13話~14話 感想
『マスターククスの神』最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストや出演者情報も公開しています!!
5人の若者がそれぞれの思いを抱えながら展開していく復讐劇!!

マスターククスの神 あらすじと概要

『ククスの神』という漫画が原作となりドラマ化された事で注目を集めていた韓ドラ!!
若者達が復讐を主体に展開していくストーリーで、衝撃の結末に視聴者は息を吞みました。
田舎で、記憶喪失の父と母を持ったミョンイは、貧しいながらも父の作る美味しい麺(ククス)を食べて幸せに暮らしていた。
ある日、ミョンイの母は、夫ジョンテが記憶喪失になった原因を探る為に、ギルドと接触する。
何の手がかりも得られなった母は、そのまま家に戻るが、そのあとを着けるギルド…。
その晩寝静まった頃に、ギルドによって放火された家は激しく燃え上がり、ミョンイだけが助かった。
その日から、幸せな家族を突然奪われたミョンイは名前を捨て、復讐の道を歩み出す…。


マスターククスの神 あらすじとネタバレ 13話~14話 感想

マスターククスの神 13話

ダヘの母親を殺したのが、デチョンであることを知っているギルド。
デチョンに、宮楽園の株の持分を、自分に譲るように脅迫する。

ダヘの助けで、総料理長をかけた戦いに勝ち、選ばれたムミョン。
ムミョンとダヘは飲み会を開き、ムミョンに宮楽園の密室について言う。

一方、ギルドを調べるうちに、ギルドがジョンテの名前で生きてきたことを知るヨギョン。

ダヘから、密室について聞いたムミョンは、こっそり入るが、閉じ込められてしまう!
そこに、ムミョンを助けようとテハが現れる。

自分の母親の死に関する真実を、知ったダヘ。
デチョンに母を殺した理由を聞くが、デチョンは悪いと言いだがら息を引き取る・・・。

マスターククスの神 14話

密室に閉じ込められたムミョンを、助けるためにテハが密室に入ろうとした瞬間、ギルドがやってくる!

しかしその時、デチョンが死んだとの連絡を受けたギルド。
密室を離れたため、無事に密室を出ることができたムミョン。

デチョンが亡くなって、遺言書が公開された。
遺言書には、デチョンが所有していた株の持分を、ダヘに相続するという内容が書かれていた。
驚くガンスクたち。

一方、テレビ番組に出たムミョンは番組を盛り上げ、人気シェフになり、宮楽園も人気店になる。
それに危機感を抱いたギルド、はムミョンを宮楽園から追い出そうと企む。

そして、ソ議員に会うギルド。
ギルドが、殺人犯と知っていたソ議員は、ギルドを追い込み始める。

マスターククスの神の13話~14話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ マスターククスの神 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ マスターククスの神 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-マスターククスの神
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.