輝くか狂うか

韓国ドラマ 輝くか狂うか あらすじ 4話~6話 感想あり

投稿日:

韓国ドラマ 輝くか狂うか あらすじ 4話~6話 感想あり
『輝くか狂うか』のあらすじを最終回まで感想付きでネタバレ配信!!
キャストも人気でチャン・ヒョク&オ・ヨンソ主演!!
ファンタジーとロマンスを兼ね備えた人気の時代劇!!

輝くか狂うか あらすじと概要

2015年に韓国で放送され視聴率1位を記録したラブロマンス時代劇!!
不吉な星の元呪われた世子として産まれたワン・ソ。
輝く星の元で産まれた渤海王国の姫シン・ユルとヨウォン。
そして、ヨウォンの弟ワン・ウクこの4人が複雑に巡り合った時、運命の歯車が回り出す。
恋に落ちたワンソとシンユルの二人の運命は輝くのか?狂うのか?

輝くか狂うか あらすじとネタバレ 4話~6話 感想

4話

ワン・ソが青海商団を訪れて来ました。

しかし開封でシンユルと会った事など何も全く覚えていない様です。

ワン・ソに気があるシンユルは、彼のそっけない態度にいら立ちを隠せないでいました。

そしてシンユルは、いらだちのあまりワン・ソに対しひどく冷たい態度で接するのでした。

一方ワン・シクリョムは、キム・ジョンシクを討った賊たちの首長が皇子の中にいることを中原から来た刺客からの情報により知ります。

ワン・ヨ(定宗)は、西京築城への支援を中断する事を決意しました。

それは、ワン・シクリョムに反旗を翻す事になるのですが。。。

5話

シンユルは5年前にワン・ソに玉佩を渡していた。

その玉佩をワン・ソが、今でも大事に持っていたのだ。

シンユルは、感激のあまり涙が出るほど嬉しかった。

ワン・ソは、5日間青海商団で仕事を習うことになった。

そこで、太祖暗殺の加担者たちの情報を探るために帳簿を捜すのだが、容易には見つからなかった。

一方、ヨウォン公主はワン・シクリョムがキム・ジョンシクを暗殺した賊の首長ではないかとワン・ソに対し疑惑の念を抱いていることに気付く。

6話

ワン・ソはキム・ジョンシクが死の間際まで見ていた装飾品が、銅鏡のかけらであることに気付いた。

そこで、職人の居場所を探るため引き続き青海商団にとどまる事にした。

一方、開封の刺客からの情報により、ワン・シクリョムは義賊たちの首長がワン・ソであると確信する。

その頃大殿では、西京遷都が論じられており、その記念行事として皇子格闘大会が開催される事になった。

西京派の豪族たちは、先んじて次々と支援を申し出ていたのだった。。。

輝くか狂うかの4話~6話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 輝くか狂うか キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 輝くか狂うか あらすじ 全話一覧 感想あり
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-輝くか狂うか
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.