輝くか狂うか

韓国ドラマ 輝くか狂うか あらすじ 19話~21話 感想あり

投稿日:

韓国ドラマ 輝くか狂うか あらすじ 19話~21話 感想あり
『輝くか狂うか』のあらすじを最終回まで感想付きでネタバレ配信!!
キャストも人気でチャン・ヒョク&オ・ヨンソ主演!!
ファンタジーとロマンスを兼ね備えた人気の時代劇!!

輝くか狂うか あらすじと概要

2015年に韓国で放送され視聴率1位を記録したラブロマンス時代劇!!
不吉な星の元呪われた世子として産まれたワン・ソ。
輝く星の元で産まれた渤海王国の姫シン・ユルとヨウォン。
そして、ヨウォンの弟ワン・ウクこの4人が複雑に巡り合った時、運命の歯車が回り出す。
恋に落ちたワンソとシンユルの二人の運命は輝くのか?狂うのか?

輝くか狂うか あらすじとネタバレ 19話~21話 感想

19話

ワン・ソと皇帝は、太祖暗殺の証拠として提示するはずだった銅鏡を使うことができなくなってしまう。

これは、ワン・シクリョムが事前に巡らせた策略によるものだった。

シクリョムは、定宗に対し過去の皇族たちの行く末がどうなったかを話し、精神的に追い込みだしていた。

これにより、定宗は再び病んでしまうのだった。

また、ワン・ソが挙げた婚礼は、皇命ではなかったとして、シンユルと共に宮中の牢に投獄されてしまう。

青海商団の人々が、開封で行われた婚礼は偽装だったということを話し、証人として出廷したいとワン・ウクに申し出る。

しかし、そのためには皇帝が尋問を行う必要があったのだが。。。

20話

シンユルを救うためには皇帝に解毒剤をのませるしかないと確信したワン・ウクは、ワン・ソを牢から脱出させて解毒剤を渡す。

一方その頃、ワン・ウクが連れてきた医師の処置が功を奏し、シンユルは意識を回復していた。

ワン・ソが、定宗の元にやって来た。

解毒剤を飲むように言うワン・ソに対し、体中に毒が回り意識朦朧の定宗は、ワン・ソの言葉に耳を傾ける事が出来ないでいた。

逆に、定宗は、ワン・ソが恵宗を暗殺した事の責任を負わせに来たのだと勘違いする。

一方、シンユルは青海商団を救うためにヨウォン公主に助けを求めるのだったが。。。

21話

国婚に向けて淡々と準備を進めるシンユル。

ヨウォン公主は、心配するワン・ウクに対し、シンユルがダニョンのように死を覚悟しているのではないかと言った。

シンユルにヨウォンは、以前に頼まれた高麗人参を青海商団に任せると話しました。

そしてシンニョムと対立する中州家門と取引するとも。。。

シンニョムと敵対すると言う事は、ワン・ソに皇帝になってもらうと言う事に等しいのです。

ヨウォン公主の言葉に愕然とするワン・ソ。。。

同じころシンニョムも、皇帝になるために画策し始めていました!

一方、ワン・プンの下で働き始めたワン・ソは、青海村を使ってワン執政が密かに策略を進めていることに気付く。

そんな折、ワン執政とワン・ソは、シンユルが渤海の公主であることを知るところとなる。。。

輝くか狂うかの19話~21話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 輝くか狂うか キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 輝くか狂うか あらすじ 全話一覧 感想あり
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-輝くか狂うか
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.