鳴かない鳥

韓国ドラマ 鳴かない鳥 あらすじ 73話~76話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 鳴かない鳥 あらすじ 73話~76話 感想
『鳴かない鳥』を最終回まであらすじを感想付きでネタバレ配信!!
キャストと相関図も注目でホン・アルムが主演!!
衝撃の結末が見逃せない人気の韓ドラ!!



鳴かない鳥 あらすじと概要

あの復讐劇ドラマで有名な『福寿草』を手掛けた脚本家、ヨ・ジョンミが今回新たに手掛けた新作のドロドロ復讐劇!!
キャスティングも最高で女性が復讐心を抱いた時、人間が変わってしまうほどの怖さをこのドラマを通して思い知る作品。
母の再婚によって幸せに暮らしていたハニだったが、一人の女性によって母の命を奪われ、そして何もかも失った。
母が亡くなった真相と突き止める為に、泣き虫だったハニが復讐を果たすため牙を剥く!!

鳴かない鳥のあらすじとネタバレ 73話~76話 感想

鳴かない鳥 73話

ハニは、ファタールが売れなかった訳は、水にあったことを突き止めて...。
工場に集まった従業員の前で、ハニは、合併も阻止するし母親の意志に誓って、解雇などしない!と告げて....。
ミジャと会ったナムギュは、社長でありながら不当解雇をする会社なんていらない!と話し....。
工場に行ったテヒョンと連絡が取れないユミは、イライラして....。

徹夜で成分分析をして課題の発表を仕上げたハニだったが、テヒョンの車に乗った直後、車が止ってしまい。
ガソリンが漏れていた為とわかるが、ハニはミジャの秘書を見掛けた事を思いだし。
その頃、会場の準備をするユミは、ハニはここには来れない!と....。

鳴かない鳥 74話

歩き始めたハニだったが、バイクで迎えに来たソンスに乗せられてようやく到着して。
発表が始まるとユミは、ファタールに使われたフランスの水が匂いを発してしまい、売れなかったと話す。
そして、無臭にすることで完璧なファタールに生まれ変わると話す。
ハニも水についての問題点があると話すが、明らかにハニの発表に耳を傾ける会長(ナムギュ)で。

ソンスはクッパをハニにご馳走するが途中で寝込んでしまい肩を貸すソンスで。
帰り道にハニは、なぜタイフーン社の顧問弁護士をしつつ、私に力を貸すのかが不思議で・・と尋ね....。
そんな時、偶然、ナムギュを見たミンジはパパと呼ぶが慌てて車に乗り込んで。
ミンジは後を追い車の前に出てしまうが、ナムギュが助けて....。

鳴かない鳥 75話

ミンジを助けたナムギュだったが、ミンジはそのまま寝てしまう。
一方、スチャンと祖母の店に行ったミジャは、ミンジをどこに隠したの?と作っていた餃子をめちゃくちゃにして。
そこに来たハニとソンスは、営業妨害で訴えようか?と怒るが家の中を探し回るミジャは、祖母に私に連れ去られた仕返しをしてるの?と口走ってしまい。
ミンジがハギョンの家にいると駆け付けたミジャに、警備員が連れて来たと言い....。

秘書にユミから命じられてガソリンを抜いたと聞いたテヒョンは、不正を働いたのだから君は失格だ!と告げる。
党の代表選に出馬することを決めたトジュンにナムギュは、ミジャとの関係を完全に絶った方がいいと言って。
ハニは、祖母を連れだしたことをミジャが認めたと話し、あなたも知っていたんでしょう!とユミを責める。
そして、あなたの苦痛がテヒョンと私とのことなら、奪ってみる?と挑発して。
会長にアポも無しに押しかけたミジャを部屋に通したナムギュは、狩りが趣味なんだ!と言い銃を向けて....。

鳴かない鳥 76話

銃を向けても怖がらないミジャに肝が据わってる!と感心する会長(ナムギュ)で。
ハニに電話したナムギュは、発表の結果は君の勝ちだ!と言うとミジャがふざけてるの?と言う。
ナムギュは、合併の話はなかったことにして、ハニに100憶ウォン投資すると。
更に、3日以内に50憶ウォンも返してくれ!金がないなら株を担保にすると言い。

会社に戻ったミジャは、合併が流れたらまた株主が騒ぐ!と心配して....。
どんどん出て来るユミの不正にウンザリのテヒョンはお義母さんに似て来たぞ!と言って。
そんな時、ユミを呼んだナムギュは、君をNY支社の社員として迎えたい!と誘うが。何度も電話をしてくるミジャを呼び出したトジュンは、会うのは今日で最後にします!と告げ....。

鳴かない鳥の73話~76話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 鳴かない鳥 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 鳴かない鳥 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-鳴かない鳥
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.