白夜姫

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 13話~16話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 13話~16話 感想
『白夜姫』の最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストも人気でパク・ハナが主演の注目の韓ドラ!!
強気のヒロインが目を引く、姫シリーズ最終章!!



白夜姫 あらすじと概要

今まで見たことが無いほどの強烈なヒロイン!!
想像を超える物語の展開を得意とする脚本家イム・ソンハンの引退作!!
兄に恋心を抱いていたぺク・ヤは突如、兄を交通事故で失ってしまう。
悲しみに暮れる中、ぺク・ヤは兄が事故に合ったとき亡くなっていたと思っていた実の母と兄が会っていた事を知る。
ヤの母は自分達を捨て、再婚し新しい家庭を築き幸せそうに暮らしていた。
その姿を見たぺク・ヤは、母に復讐をすると静かに決意したのであった。

白夜姫のあらすじとネタバレ 13話~16話 感想

白夜姫 13話

皆とそれぞれハグをしたヤは、会いたかったと言い、自分の好物の物ばかりの食事を食べ、再会を喜ぶ。
昔話で盛り上がるが、ヤがファオムと結婚すると言っていたと笑い...。
一方、 ヨンジュンは、ソ・ウナと名乗る女性を一目見ようと家の前で待つが、警官に声を掛けられて帰ることに。
家に戻っても、頭から写真とソ・ウナという名が頭から離れないヨンジュンで。

母親の写真を見ていたヤに会いたいか?と聞いたソンジュンに母親の胸に抱かれてみたい!きっと温かいでしょうね!と言い。
病院で20年ぶりにある人と再会したと話す母親(ダルラン)は、嬉しそうで....。
とうとう、勇気を出してソ・ウナに電話をして、僕はヨンジュンですと告げて...。

白夜姫 14話

また義姉の服装や髪形にまでケチをつけわかったら返事をして!と苛めるヤだったが、ヒョギョンは泣いてしまう。
ヤと食事をしたムオムに、叔母が事故で意識が戻らない!と連絡が入り...。
風邪をひいたソンジュンの看病を娘に頼み、医者のジャンフンに会いに行くが...。

家に帰ったヤは、義姉がいないのでまた兄に告げ口したかとヨンジュンに電話をすると、話していない!と電話を切る。
母親(ウナ)とカフェで会うことにしたヨンジュンは、電話を切ったはずが切れていなくて。
そこにウナがやって来るが、ソンドン(ヤ)はもう社会人だと言い、ヨンジュンが母さん!と呼ぶ。
その電話を聞いてしまったヤは、大きな衝撃を受けて...。

白夜姫 15話

ソンドンは、私の存在を知ってるの?と聞くウナは、もう連絡しないで!と。
私は、結婚もしないであなた達を産んだけど、今は良い夫と家庭も円満だから他人でいて!と言って。
今更、家庭を捨てられない!と言うウナにソンドンに会いたくなかった?いい娘になった!と。
そして、恋しがってると言うヨンジュンに悪いけど、考えたくない!と帰ってしまう。
携帯を忘れて店を出てぼーと歩いたヨンジュンは、車にひかれてしまう。

兄に電話をしたヤは、交通事故に遭い病院に搬送されたと聞き、直ぐに病院へ向かうがすでに亡くなっていて。
今度から困らせないから目を覚まして!と言うヤは、何度もお願い!と体を揺すり...。
ようやく義姉に連絡をして病院へ来てもらうが、義姉さんの顔を見れないと泣くヤで...。
その頃、ウナは、一人で映画を観るが何も頭に入らなく....。

白夜姫 16話

義姉にもう兄さんは、いないの!と告げると倒れてしまう義姉だったが帝王切開で子供は、無事産まれるがヒョギョンの意識がなく...。
ヤは、兄さんは、子供を楽しみにしていたから会わせなければ・・と取り乱し...。
その頃、ウナは、家に帰って来てもイライラして家政婦に八つ当たりして、夜も眠れず酒を飲んで...。
翌朝、ジャンフン(ウナの夫)は、食事した時にダルランの息子が有名な画家のユク・ソンジュンだったと話す。

ヤは、兄の遺影を見つめ、母親らしき女が忘れて!と言ってた言葉を思い出し、悔しくて。
お粥を持って来たダルランは、あなたが産まれた甥と義姉の支えにならなければ・・とヤを励まし。
意識のない義姉の所へ行ったヤは、早く子供を抱いてあげて!兄さんも送らないと・・と手を握り。
バンソク(ムオムの友人)は、クラブに行きジア(ウナの娘)にテレビに出ないか?と誘うが。
とうとう火葬の時が来てしまうが、ヤは、兄さんからの愛情は義姉と産まれたジュンソにあげる!一生懸命、育てるから!と誓い...。

白夜姫の13話~16話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 白夜姫 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-白夜姫
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.