白夜姫

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 37話~40話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 37話~40話 感想
『白夜姫』の最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストも人気でパク・ハナが主演の注目の韓ドラ!!
強気のヒロインが目を引く、姫シリーズ最終章!!



白夜姫 あらすじと概要

今まで見たことが無いほどの強烈なヒロイン!!
想像を超える物語の展開を得意とする脚本家イム・ソンハンの引退作!!
兄に恋心を抱いていたぺク・ヤは突如、兄を交通事故で失ってしまう。
悲しみに暮れる中、ぺク・ヤは兄が事故に合ったとき亡くなっていたと思っていた実の母と兄が会っていた事を知る。
ヤの母は自分達を捨て、再婚し新しい家庭を築き幸せそうに暮らしていた。
その姿を見たぺク・ヤは、母に復讐をすると静かに決意したのであった。

白夜姫のあらすじとネタバレ 37話~40話 感想

白夜姫 37話

『青ぶどう』の打ち上げでカラオケに流れたが、ジアは、ファオムの隣に座り嬉しそうで。
チュジャンから下着をプレゼントされたのを見た姑のタンシルは、前世で徳を積んだから夫にも子供にも恵まれて羨ましい!と笑う。
義姉にタイ焼きを買って行行ったヤに、よく夫も買ってきてくれたと嬉しそうで。
ヤは、ソンジュン達は、食べる事が大好きだから美味しい物を沢山作ってあげてね!と言って。

その頃、カラオケが終ってタクシーで帰る時が来ると、妄想してた通りには行かずがっかりにジアで。
偶然、家の前で会い、ヤと飲んだナダンは、仕事は、順調だけど一度も冒険した事がない!更に、仕事以外では、自分を主張する事もない!と言うと、ヤがとジャンケンのゲームを教える。
初めてにゲームで楽しくて仕方ないナダンは、時間を忘れるが、家では、ファオムが帰って来ないヤを心配して待って....。

白夜姫 38話

家に帰ったジアは、自分に関心がないファオムにがっかりだが、ウナは、男女は食事をしながら親密になると言って....。
一方、風にふかれながら、気持ちいいから一晩中でも歩きたいと言うナダンは、友人になりたい!と言い始める。
ようやく帰って来たヤに車でも油断しないで気をつけろ!と叱るファオムで。

ベッドに入ったヤは、ジア達が旅行に行ってる時に、兄がバイト中に事故に遭った事を思い出し悔しくて。
ジュソンを抱いて、両親と楽しそうにしてるのを見ると泣きたくなる、きっと一生埋まらない穴だ・・と思うヤで...。
ジョンエの計らいで、子供と会いたいだろうからとヒョギョンを家に招待されるとヤは、感謝の気持ちで一杯になる。
家に来たヒョギョンは、すぐに子供を抱いて嬉しそうで....。

白夜姫 39話

デートしたナダンは、色々質問するが、また何かと母が・・と言うミソルに母親がいないと何もできないのか!と言いたくなりイライラして。
更に、結婚したら実家の近くに住むと言い、酒癖の悪い人とは結婚するな!とお母さんが・・とまた始まり....。
子供と過ごし家に帰ったヒョギョンは、これからどうするの?と聞かれたのを思い出し、写真のヨンジュンに生涯あなただけを愛するわと...。

兄達がデートで映画に行くと聞いていたジアは、ヤと偶然を装い、カラオケに行くことにした。
カラオケでは、酒も飲まず歌も歌わないミソルだったが、ヤは、楽しそうに歌を歌い盛り上げる。
ヤの為にアイスクリームを買って来たのに家族に食べられてしまったファオムは、ムオムに買ってすぐ帰れ!と命じ...。

白夜姫 40話

代行を頼んで帰ったヤに電話したナダンは、顔色が悪かったから体調が悪いのかと思って・・と。
住み込みのヒョギョンがソンジュンと恋仲になったら大変と心配した母親のダルランは、アトリエ兼自宅の家を探そうか?と言うが。
反対するソンジに、何かあったら責任がとれるのか?と怒り...。
家に帰り皆でアイスを食べたヤは、兄さんがいないのにアイスが美味しい!と泣くが、ファオムは、兄さんがいない生活を受け入れろ!と慰める。

翌日、ナダンは彼女(ミソル)とは相性が悪いから結婚相手には考えられないと母親に断るが、言うことなしの相手だから妥協も必要であると言われ....。
一方、久しぶりに韓国に戻った友人夫婦と会うが、しきりに友人の妻を若い!と連発して褒めるチュジャンに不機嫌になって、家に帰ったジョンエは、チュジャンの頬を叩き....。

白夜姫の37話~40話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 白夜姫 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-白夜姫
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.