白夜姫

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 125話~128話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 125話~128話 感想
『白夜姫』の最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストも人気でパク・ハナが主演の注目の韓ドラ!!
強気のヒロインが目を引く、姫シリーズ最終章!!



白夜姫 あらすじと概要

今まで見たことが無いほどの強烈なヒロイン!!
想像を超える物語の展開を得意とする脚本家イム・ソンハンの引退作!!
兄に恋心を抱いていたぺク・ヤは突如、兄を交通事故で失ってしまう。
悲しみに暮れる中、ぺク・ヤは兄が事故に合ったとき亡くなっていたと思っていた実の母と兄が会っていた事を知る。
ヤの母は自分達を捨て、再婚し新しい家庭を築き幸せそうに暮らしていた。
その姿を見たぺク・ヤは、母に復讐をすると静かに決意したのであった。

白夜姫のあらすじとネタバレ 125話~128話 感想

白夜姫 125話

気を失ったファオムは、外が見えるエレベーターに乘って初めて自分が高所恐怖症だと知って。
ヤは、食事をしながら私がしたい事はコンビニでカップ麺とおにぎりを食べる事だと話し....。
一方、ダルランと一緒にパーマを掛けに来たジャンフンは、お前といると若返る気がする!と言って。
ダルランは、家に送ったジャンフンにまた美味しいご飯を食べさせて....。

ADのバンソクは、サミにヤとジアのどちらを狙ってますか?と聞いて....。
食事が終わり、克服してやる!とエレベーターに乗ったファオムは、ヤを強く抱きしめて...。
ヤを家に送ったファオムだったが偶然、酔ったジャンフンと会うと家に招かれる。
ジャンフンはヤも好きな人がいたら結婚を考えた方が良いと言うと、ファオムは俺が結婚したいのに拒否されました!と言う。
そこに突然、ヒョギョンがやって来て....。

白夜姫 126話

今日は帰って!と追い出したウナだったがヤが話を聞くと、ウナに画廊で働きなさい!と言われたと話す。
更に、ウナが兄が亡くなったのは自分のせいではなく、横断歩道をぼーと歩いていた息子が悪いと話したと聞いて。
そして、ジュンソには最高の教育を受けさせたい!最終的にあなたに画廊もあげると話したと....。
ヤは、こちらは冷静に対応して、ジュンソを会わせなければいい!と言って....。

帰宅すると義姉を巻き込んだのはヤだし、息子と結婚しなければ未亡人にならなくて済んだのに・・と言うウナで。
ウナは、義姉が画廊で稼いであなたがファオムと結婚すれば丸く納まると言い....。
ファオムがサミにごはんを作ると材料を持って行くが、ソンジはきっとヤがいるから行くんです!とジョンエに話す。
家政婦が様子を見に行くがすでにヤとファオムが出かけていて....。
プリクラを撮って水族館に行ったファオム達だったが、その頃、サミはジアに騙されて血液検査をして。
そんな時、興信所からジャンフンが入ったマンションを聞いたウナは、びっくりで....。

白夜姫 127話

ジャンフンは、お灸の後に手打ちうどんをご馳走になって、美味しい!と。
ウナは、マンションに向かいダリョンの部屋に乗り込むが、お灸をしただけだ!と言うジャンフンで。
私達は、幼馴染だし、あなたがお灸を嫌うからしてあげただけだ!と話すダルランで。
帰宅したジャンフンは、尾行までさせるなんて!と怒るが行動を報告するのは夫婦のマナーだ!とやり返し...。

一方、散歩をジアにせがまれ一緒に歩いたサミだったが、洋服もねだられプレゼントしてしまう。
そんな時、ヤと公園で会ったサミは、お互い離れられない人がいる!早く婚約しょう!と...。

白夜姫 128

サミは、ファオムに未練はあるか?と聞くが、あるけど諦められないといけないと言うヤで。
決着する為に、婚約するのは良い考えね!と言うヤに来週でも婚約式を挙げよう!と言って。
ジャンフンを呼んだウナは、もう信頼できないから離婚してと言うと、思いがけずもう少し考えさせてほしいと言われて....。
そんな時、ヤはジアにサミと婚約したと話すが、静かに聞いていたジアは、一人で泣いて。

一方、四つ子に会いに来たダルランは、ファオムがジャンフンの前でヤと結婚したい!と話したと話し....。
ファオムをよんだサミは、来週婚約式を挙げることにしたと告げる。
ヤは、私を想うなら諦めて!もう付き合い切れないの・・とファオムに話し....。
納得したファオムは、サミにお前は、傑作を書けばいい!と言うが....。

白夜姫の125話~128話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 白夜姫 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-白夜姫
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.