イサン

韓国ドラマ イサン あらすじ 13話~15話 感想

投稿日:2017年3月3日 更新日:

韓国ドラマ イサン あらすじ 13話~15話 感想
『イサン』の最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストや人気でイ・ソジンが主演!
22代王正祖の波瀾万丈な半生を描いた韓国時代劇!!!!



イサン あらすじと概要

2007年に韓国で放送されたドラマで、未だに人気の絶えない韓国を代表的する時代劇。
第21代王英祖の孫にあたるイ・サンは、わずか11歳の時に父親サドセジャが何者かの陰謀によって亡くなったことから後継者世孫としての運命を強いられた。
父サドセジャへの想いを抱えながら第22代王正祖になるまでの半生を描いたドラマである。
注目のフィクション要素として幼い時にイ・サン、ソンヨン、テスは固い絆に結ばれ必ずまた会おうと約束を交わし、やがて大人になりソンヨンを巡ってのロマンスも見どころです。

イサンのあらすじとネタバレ 13話~15話 感想

イサン 13話

家に帰して途中で殺すよう部下に命じたテスが、サンと一緒に捕盗庁に
戻ってきて驚くフギョム。

そんなフギョムをよそに、サンは敵のアジトに兵を向わせる!
しかし、一足違いでアジトはもぬけの殻だった・・・。

一方、サンを助けようと図画署の地図倉庫で証拠を探すソンヨン。
だが、機密文書が眠る場所に入った罪で捕まってしまう!

パク・ヨンムンの計らいで解放されると、意外な経緯で証拠の絵の在りかが判明。
サンは間一髪のところで無実を証明する。

そしてその後、サンらは陰謀の黒幕が誰なのかを知るのだった。

イサン 14話

叔母のファワンが父親サドセジャの死に関わっていると知ってショックを受けるサン。

そんなサンに、チェ・ジェゴンとナム・サチョは追及を緩めるなと主張。
2人の助言に覚悟を決めたサンはヨンジョに真実を打ち明けることに!

ファワンはヨンジョに弁明するが、尋問を受けて真実を語ってしまうハン・ジュノ。

しかし、脅されたハン・ジュノはファワンたちは関係ないという内容の遺書を残して
自害してしまうのだった。

一方、味方になるようにとチョン・フギョムから昇進話を持ちかけられていたホン・グギョンは、サンと面会して側近になることが決まる。

そして、サンはテスとソンヨンを宮殿に招き、旧友の2人を喜んで迎えるのだった。

イサン 15話

ソンヨンを宮殿の書庫に案内し、慣習にとらわれず図画署の画員を目指せと励ますサン。

そこにサンの正室ピングンが現れると、ぱっと手を離す2人。
サンがピングンにソンヨンを紹介すると、ピングンはソンヨンを思い出した様子。

その裏で、ピングン付きの女官キム尚宮は2人の仲を怪しみ、ピングンに用心するよう忠告。

そんななか、図画署の茶母ソンヨンがサンと仲が良いという情報を掴んだチョン・フギョムは
ソンヨンに近づいて様子を探っていた。

一方、サンの側近になったホン・グギョンは、武官試験合格を目指すテスに必死に勉強を教えていた。

不正無しでテスを武官試験に合格させるよう、サンに命じられていたからなのだが、勉強嫌いな
テスは努力の甲斐なく不合格・・・。

しかし、ホン・グギョンが不正な手段で合格した者を証拠と共に報告した結果
何人もの合格が取り消され、繰り上げでテスが無事合格するのだった。

 

イサンの関連記事

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-イサン
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.