イサン

韓国ドラマ イサン あらすじ 16話~18話 感想

投稿日:2017年3月3日 更新日:

韓国ドラマ イサン あらすじ 16話~18話 感想
『イサン』の最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストや人気でイ・ソジンが主演!
22代王正祖の波瀾万丈な半生を描いた韓国時代劇!!!!



イサン あらすじと概要

2007年に韓国で放送されたドラマで、未だに人気の絶えない韓国を代表的する時代劇。
第21代王英祖の孫にあたるイ・サンは、わずか11歳の時に父親サドセジャが何者かの陰謀によって亡くなったことから後継者世孫としての運命を強いられた。
父サドセジャへの想いを抱えながら第22代王正祖になるまでの半生を描いたドラマである。
注目のフィクション要素として幼い時にイ・サン、ソンヨン、テスは固い絆に結ばれ必ずまた会おうと約束を交わし、やがて大人になりソンヨンを巡ってのロマンスも見どころです。

イサンのあらすじとネタバレ 16話~18話 感想

イサン 16話

武官試験に合格し、護衛官に任命されたテス。

すると、テスに一目惚れしたソンヨンの先輩チョビは、今まで虐めていたソンヨンに
急に優しく接し始めるのだった。

一方、サンの母親ヘビンは、サンの地位の安定させるため、ピングンが世継ぎを懐妊することを
望み図画署に懐妊を願う絵を描かせることに。

そして、息子サンには子作りを急かしちゃいます。
サンはピングンのところへやって来ますが、そこにはソンヨンの姿も!

ピングンと2人きりになっても心ここにあらずになってしまいました。

そんななか、ホン・グギョンはサンに要職を得ている老論派の多さを指摘し
老論派をけん制すべきだと進言。

これを聞き入れたサンは、まずは彼らの財源を絶とうと動き始める。
サンがヨンジョから日程を早めた行幸への同行を命じられると、警戒を強めるイ・サンの側近たち。

テスら護衛官の活躍でサンは無事だったが、視察先の村で疫病にかかった
ヨンジョが倒れてしまうのだった。

イサン 17話

疫病に罹り、視察先の村で倒れてしまったヨンジョ。

高齢のヨンジョに長旅をさせるわけにもいかないため、村に留まって回復を待つことにするが
ヨンジョはイサンに宮殿に戻れと指示。

イサンは反対するが、宮殿を留守にしてはいけないと説き伏せられてしまう。
宮殿に戻る道は2つ。

ホン・グギョンは、サンに仕立てた護衛官を一方の道に行かせ、その隙にサンを
もう一方の道から行かせるよう進言。

しかし、護衛官を守るのも自分の仕事だとサンは反対。

ホン・グギョンはサンに従うが、途中の休憩地点でテスをサンに仕立て、サンが通る道とは
違う道へ行かせてしまいます。

サンは自分に逆らったホン・グギョンを責めるが、そのおかげで無事宮殿に到着。

しかし、身代わりになったテスは刺客たちに襲われ、弓部隊によって命は助けられるが
重傷を負ってしまうのだった。

イサン 18話

疫病の蔓延を防ぐため、医官を動かす命を下すサン。

ヨンジョに代わって宮中を取り仕切るサンにチョンスン王妃とファワンは反発するが
自分の言葉を王命と受け止めて従えと言い返されてしまう。

そんなサンに2人が怒りを募らせる一方、サンに宮殿で好き勝手されたくない
チェ・ソクチュとチョン・フギョムは医官を説得。

そして、2人はヨンジョを連れて宮殿に戻ってくるのだった。
自分の代わりに宮中を取り仕切ったサンに感心し、サンを摂政にするという宣旨を出すヨンジョ。

だが、その宣旨はチョンスン王妃によって握り潰されてしまっていた。
一方、ホン・グギョンはヨンジョが逝去した場合の準備もしておくべきだとサンに進言。

不敬だとサンに怒られるが、裏で準備を始めることに。
しかしこの独断が災いし、サンが王の逝去を望んでいるという噂が流れてしまう!

責任を感じたホン・グギョンは、話し合いをするためにチョン・フギョムの家へ。

今はヨンジョが長生きする方が双方にとって都合が良いと説得し、サンにはファワンの用意した
薬の許可を申し出るのだった。

 

イサンの関連記事

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-イサン
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.