イサン

韓国ドラマ イサン あらすじ 19話~21話 感想

投稿日:2017年3月3日 更新日:

韓国ドラマ イサン あらすじ 19話~21話 感想
『イサン』の最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストや人気でイ・ソジンが主演!
22代王正祖の波瀾万丈な半生を描いた韓国時代劇!!!!



イサン あらすじと概要

2007年に韓国で放送されたドラマで、未だに人気の絶えない韓国を代表的する時代劇。
第21代王英祖の孫にあたるイ・サンは、わずか11歳の時に父親サドセジャが何者かの陰謀によって亡くなったことから後継者世孫としての運命を強いられた。
父サドセジャへの想いを抱えながら第22代王正祖になるまでの半生を描いたドラマである。
注目のフィクション要素として幼い時にイ・サン、ソンヨン、テスは固い絆に結ばれ必ずまた会おうと約束を交わし、やがて大人になりソンヨンを巡ってのロマンスも見どころです。

イサンのあらすじとネタバレ 19話~21話 感想

イサン 19話

ファワンの用意した薬を服用し、容態が急変して意識を失ってしまうヨンジョ。

投薬を中止しようとするサンに、薬が効き始めた兆しだからそのまま続けるよう訴えるファワン。
ヨンジョが峠を越えて回復すると、チョンスンはファワンを宮殿に戻れるようにヨンジョに頼むのだった。

容態が回復すると、サンに摂政を命じるヨンジョ。

サンは突然の命に戸惑うが、自分に代わって宮中を取り仕切ったサンを評価している
ヨンジョに押し切られてしまう。

しかし、その裏ではチョンスンが良からぬことを企んでいた。

イサン 20話

ヨンジョに摂政を命じられ、覚悟を決めて摂政として初の政務報告会に挑むサン。

そこでサンは重臣たちの報告に対し、誤った慣例を正して改革に取り組むことを宣言!
老論派に対して宣戦布告したのだ。

そんなサンに満足気なヨンジョ。

チェ・ソクチェやチョン・フギョムら老論派は、サンは老論派を一掃するつもりなのかと
戦々恐々としていた。

一方、図画署ではソンヨンがパク署長に任されたピングンに贈る屏風絵をどう描いたらいいのか悩んでいた。
しかし、茶母が絵を描くことは図画署の慣例に反すると大騒ぎになってしまう。

騒ぎを収めるため、サンはある提案をする。
ソンヨンが画員の競技会で入賞したら認めるかとサンは問うのだった。

イサン 21話

茶母の身でありながら、画員の競技会で見事5位に選ばれたソンヨン。

サンが結果発表の場に来ていたと知ると感激!
しかし、その裏ではワァワンたちが・・・。

一方、老論派と結託した専売商人たちが暴利を貪る市場では、サンが貧しい闇商人たちも
自由に商売ができるようにしようと内密に動き出していた。

ヘビンからファワンの資金源であるオ・ユンソクの身辺を調べろと助言された
ホン・グギョンは、オ・ユンソクを捕まえて裏帳簿を入手。

徹底抗戦の構えをみせるサンに、チョンスンは激怒!
しかし、チョン・フギョムにはある妙案があったのだ。

 

イサンの関連記事

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-イサン
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.