イサン

韓国ドラマ イサン あらすじ 25話~27話 感想

投稿日:2017年3月3日 更新日:

韓国ドラマ イサン あらすじ 25話~27話 感想
『イサン』の最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストや人気でイ・ソジンが主演!
22代王正祖の波瀾万丈な半生を描いた韓国時代劇!!!!



イサン あらすじと概要

2007年に韓国で放送されたドラマで、未だに人気の絶えない韓国を代表的する時代劇。
第21代王英祖の孫にあたるイ・サンは、わずか11歳の時に父親サドセジャが何者かの陰謀によって亡くなったことから後継者世孫としての運命を強いられた。
父サドセジャへの想いを抱えながら第22代王正祖になるまでの半生を描いたドラマである。
注目のフィクション要素として幼い時にイ・サン、ソンヨン、テスは固い絆に結ばれ必ずまた会おうと約束を交わし、やがて大人になりソンヨンを巡ってのロマンスも見どころです。

イサンのあらすじとネタバレ 25話~27話 感想

イサン 25話

ホン・グギョンからキム・ギジュらの監視を命じられるテス。

護衛官のカン・ソッキとソ・ジャンボと協力して監視することに。
その頃、サンはお忍びの外出で出会った老人と、身分を隠したままた世間話。

そこで出会った民たちから多くのことを教わっていた。
一方、チョン・フギョムはサン暗殺計画を阻止するため、キム・ギジュの動きを探っていた。

キム・ギジュが会っていた役人から火薬を取り上げると、ファワンと共にチョンスンのところへ。

サン暗殺計画の杜撰さをファワンたちに指摘されたチョンスンは、キム・ギジュにサン暗殺計画の
中止を命じるのだった。

テスとソンヨンが手に入れたナレイの記録を見て、席次が変わっていることに気づくホン・グギョン。
護衛部隊長のチェ・ジェゴンはナレイへの欠席を遠回しに勧めるが、出席するとサンは言い張るのだった。

イサン 26話

王室の恒例行事ナレイが始まった大晦日。

チョンスンの中止を命じられたにも関わらず、独断でサン暗殺計画を進めるキム・ギジュ。
花火の爆薬に気づいたホン・グギョンはあわてて宮殿に向うが、許可証を持っていないため
入ることができず。

なんとか許可証を調達すると、テスにサンの危機を伝えることに成功。

しかし、キム・ギジュの妨害で、サンに危険を伝えることができないテス。
そこでテスは警告の発砲!

そのおかげで、サン暗殺計画を止めることに成功。
テスからホン・グギョンのおかげだと伝えられたサンは、久しぶりにホン・グギョンと再会。

2人の絆はますます固く結ばれることに。
しかし、王室行事中に銃を撃ったという理由でテスが連行されてしまう!

駆けつけたサンはテスの釈放を命じるのだが・・・。

イサン 27話

王室行事中に発砲したため連行されてしまうテス。

駆けつけたサンはテスの釈放を命じるが、ヨンジョの命を狙った疑いがあるとして
キム・ギジュはサンの要求を拒否!

サンの暗殺に失敗したキム・ギジュは、ヨンジョの暗殺をサンがテスに命じたという謀反の濡れ衣を着せようとするが、拷問直前にヨンジョの待ったが入る。

ヨンジョに呼ばれたテスは事情を説明し、ホン・グギョンが陰謀を暴いたと告白。
ヨンジョはサン暗殺未遂事件の全容解明をホン・グギョンに一任することに。

一任されたホン・グギョンは、真の黒幕を突き止めるべくテスたちと共に調査を開始。

一方、サンたちが事件の真相に近づいていると悟ったチョン・フギョムは、暗殺事件に関わらずに逃げようと考え始めていた。

そんな中、ホン・グギョンは敵に揺さぶりをかけるためにキム・ギジュを拉致!
ホン・グギョンの狙いどおり、チョンスンやファワンたちは焦り始めるのだった。

 

イサンの関連記事

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-イサン
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.