イサン

韓国ドラマ イサン あらすじ 31話~33話 感想

投稿日:2017年3月3日 更新日:

韓国ドラマ イサン あらすじ 31話~33話 感想
『イサン』の最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストや人気でイ・ソジンが主演!
22代王正祖の波瀾万丈な半生を描いた韓国時代劇!!!!



イサン あらすじと概要

2007年に韓国で放送されたドラマで、未だに人気の絶えない韓国を代表的する時代劇。
第21代王英祖の孫にあたるイ・サンは、わずか11歳の時に父親サドセジャが何者かの陰謀によって亡くなったことから後継者世孫としての運命を強いられた。
父サドセジャへの想いを抱えながら第22代王正祖になるまでの半生を描いたドラマである。
注目のフィクション要素として幼い時にイ・サン、ソンヨン、テスは固い絆に結ばれ必ずまた会おうと約束を交わし、やがて大人になりソンヨンを巡ってのロマンスも見どころです。

イサンのあらすじとネタバレ 31話~33話 感想

イサン 31話

暗殺計画が事故として処理され、やり場のない怒りと悲しみを抱えるサン。

ある夜、宮中を抜け出すと1人で父親の墓へ。

宮殿が大騒ぎになるなか、恨みを抱くなという父親の遺言を思い出して泣くのだった。

一方、ヨンジョがチョンスンに中宮殿から出ずに一生死人のように暮らすようにと命じたことを知り、ついに自分にチャンスが巡ってきたとほくそ笑むファワン。

老論派の主導権を握ると、チョンスンを冷たくあしらってしまう。

その頃、争いに疲れて失意のサンに代わって、ホン・グギョンは老論派の徹底的な調査をテスたちに指示。

失意の底から抜け出すと、サンはチェ・ソクチュに調査が続行中であることを告げるのだった。

イサン 32話

ヘビンに呼び出され、サンに近づくなと怒られるソンヨン。

さらに、清国行きを命じられてしまう!

10年は帰ってこられないかもしれず、トボトボと歩いているとサンとばったり出くわし、涙を流すソンヨン。

その夜、そんなソンヨンを町に連れ出すサン。

楽しい時を過ごしている中、はぐれてしまう2人。

泥棒騒ぎに巻き込まれたソンヨンが足を捻挫すると、サンが足の手当てをしてあげるのだった。

ソンヨンが描いた梅の絵をヨンジョに見せられている時、ソンヨンが清国に行ったことを知るサン。

ソンヨンからの手紙を読み、必死で追いかけるサン。

しかし、身を潜めるために使節団に同行したチョン・フギョムらと共に、ソンヨンは清国に旅立っていたのだった。

イサン 33話

何も言わずにソンヨンが清国に旅立ったことに納得がいかないサン。

そんなサンに、ソンヨンの清国行きは自分が勧め、ソンヨンも喜んでいたと諭すヘビン。

さらに、ピングンとの行幸を勧めるのだった。

その頃、清国への道中でサンを思い出して涙ぐむソンヨン。

そんなソンヨンに、困った時は相談に乗ると告げるチョン・フギョム。

やがて一行は清国に到着し、ソンヨンは芸府司を訪ねるのだが・・・。

そんな中、何事もなかったかのように突然ヨンジョに訪問されるチョンスン。

しかし、チョンスンが訪ねると、激怒して追い返すなど明らかに様子が怪しいヨンジョ。

その頃、行幸先の酒場でソンヨンがいなくなった寂しさを紛らわせていたテス。

そんな時、税金泥棒と罵られてケンカになるが、他の護衛官ともども負けてしまう!

そんな2人組に興味を持ったサンは、ある賭けを申し出るのだった。

 

イサンの関連記事

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-イサン
-, , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.