イサン

韓国ドラマ イサン あらすじ 58話~60話 感想

投稿日:2017年3月3日 更新日:

韓国ドラマ イサン あらすじ 58話~60話 感想
『イサン』の最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストや人気でイ・ソジンが主演!
22代王正祖の波瀾万丈な半生を描いた韓国時代劇!!!!



イサン あらすじと概要

2007年に韓国で放送されたドラマで、未だに人気の絶えない韓国を代表的する時代劇。
第21代王英祖の孫にあたるイ・サンは、わずか11歳の時に父親サドセジャが何者かの陰謀によって亡くなったことから後継者世孫としての運命を強いられた。
父サドセジャへの想いを抱えながら第22代王正祖になるまでの半生を描いたドラマである。
注目のフィクション要素として幼い時にイ・サン、ソンヨン、テスは固い絆に結ばれ必ずまた会おうと約束を交わし、やがて大人になりソンヨンを巡ってのロマンスも見どころです。

イサンのあらすじとネタバレ 58話~60話 感想

イサン 58話

ウォンビンがヒョイ王妃に真実を告白するよう迫られたことを知り、慌ててサンの元へ駆けつけるホン・グギョン。

しかし、そこにはすでにヒョイ王妃の姿が!

「ちょうどお前の話をしていたところだ」とサンに告げられ、覚悟を決めるホン・グギョン。

ところが、サンがホン・グギョンを信じきっていると知ったヒョイ王妃は、「王はお前を信じている」と言い放つと出て行くのだった。

一方、益母草を飲んだことは認めるも、想像妊娠の件は隠し通そうとするウォンビン。

「兄は無関係」と一人で罪を被ろうとするが、「真実を知りたい」とサンに迫られたホン・グギョンは「嘘をついていました」と白状…。

ホン・グギョンへの信頼が揺らぎ、「最後まで信じることが出来るか」とテスに本音を漏らすサン。

ヒョイ王妃とホン・グギョンを呼び出すと、「今回は許そうと思う」と伝えるが、「許すのはこれが最後」と念を押すのだった。

そんな中、民心を探る巡察に出かけるサン。

ところが、巡察中のサンを刺客が狙撃!

銃弾が逸れたため、事なきを得るのだが…。

一方、想像妊娠の件で雨の中で土下座し続けたウォンビンは、それが原因で意識不明の重体に!

イサン 59話

ウォンビンが意識不明という知らせを受け、すぐに見舞いに向かおうとするヒョイ王妃。

ところが、ヘギョングンに呼び止められ、見舞いに行くことが出来ず…。

サンとホン・グギョンも緊急会議のために駆けつけることが出来ないでいた。

そんな中、ウォンビンの容体はどんどん悪化。

最後は「王のために子を産んであげたかった」とあっけなく死去…。

すると、心を取り乱したホン・グギョンの持って行く場のない悲しみと怒りが爆発!

一方、画集を探しに市場で酔っ払いに絡まれていたところを助けてくれた若者を見つけたソンヨン。

実はこの若者の正体は、幼い頃に生き別れたソンヨンの弟ソンウク!

ところが、ソンウクは自分の素性をソンヨンに明かそうとはしなかった。

逆恨みするヒョイ王妃に対して暴言を吐き、妹の死の悲しみを酒に溺れて紛らわせようとするホン・グギョン。

突然登庁すると、チョンスン大妃が提供してくれた情報を元に、サン狙撃犯の逆賊たちの一掃を命令!

会合に踏み込まれた逆賊たちが次々と捕まる中、命からがら逃げ出したソンウク。

矢で撃たれて倒れているソンウクを見つけたのは…。

イサン 60話

チョンスン大妃から得た情報を元に、サン狙撃事件を起こした逆賊たちを捕まえたホン・グギョン。

ところが、犯人たちが一切抵抗をしなかったことをサンに指摘されると、サンにその事実を伝えた武官を罷免!

「やり過ぎでは?」と疑問をぶつけるテスたちを相手にせず、お金でソ・ジャンボを手懐けて宿衛所を掌握しようとするのだった。

そんなある日、ホン・グギョンが捕らえたのが天主学徒たちだったと知ったサン。

テスにホン・グギョンの調査を命じると、自分は逮捕された天主学徒たちを調べることに。

そして彼らの実態を知ったサンは、彼らの潔白を確信するのだった。

一方、自分の生き別れた弟とも知らずにソンウクを看病するソンヨン。

ソンウクの代わりに自分が伝言を伝えに行くことを申し出ると、彼の仲間の元に駆けつけるが

そこで彼が自分の弟であることを知ることに!

そしてソンヨンは、逆賊を匿った罪でホン・グギョンに捕らえられてしまうのだった。

 

イサンの関連記事

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ イサン あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

-イサン
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.