女を泣かせて

韓国ドラマ 女を泣かせて あらすじ 46話~48話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 女を泣かせて あらすじ 46話~48話 感想
『女を泣かせて』の最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!
キャストも注目でキム・ジョンウンが主演!!
想いや傷を抱えた大人達が繰り広げる美しく切ないラブストーリー



女を泣かせて あらすじと概要

2015年MBC演技大賞を3冠受賞も受賞した注目の作品!!
キム・ジョンウンが最愛の息子を亡くした母親役を演じたことで話題を集めていました。
元刑事だったドキンは、最愛の息子をある日事故で失ってしまう。
追い打ちをかけるように、ドキンの夫は不倫にはしり、不倫相手のジニは離婚してくれない事にしびれをきらしてドキンの前に現れる。
悲しみに暮れたドキンの目の前に現れたのは、教師で財閥の息子のジヌ。
様々な想いや、そして傷を抱えている大人達が繰り広げるラブストーリー。
そして、ドキンの息子が巻き込まれた事故には、隠された真実が眠っていた…

女を泣かせてのあらすじとネタバレ 46話~48話 感想

女を泣かせて 46話

また、ジナンの妻を呼び出したウンスは、彼の記憶が戻った!時間がないから彼から身を引きなさい!と命じて。
ユンソの行方がわからないまま帰国したジヌだったが、あいつが居なくなったら・・とドギンの前で泣いて...。
無理やり食事に連れ出したジョンスク(母)だったが、またね・・と別れるとジナンが母さん!と呼んで抱きしめて....。

どうにかウンスに出て行ってもらいたいと思う義母は、ヒョンソを取られてあなた(ウンス)が追い出されるのが目に見えてる!と....。
妹のギョンアがようやく美容師の国家資格に合格したお祝いにカラオケに皆で行くが、家族が盛りあがるのを見たドギンは、胸が熱くなる。
ウンスと一緒にジナンの妻ヒョンボクを呼び出したジョンスクは、息子を返して!こちらには子供もいるから分かってほしい!と頼んで。
ヒョンボクは、とうとうジナンが買い物に出てる間に手紙を残して家を出て行ってしまい...。

女を泣かせて 47話

家に来たウンス達に妻が出て行った!何を話したのかと問い詰めるジナンで。
そして、ジナンは、溺れる自分の手を離したジンミョンを責め、妻を捜せ!と命じる。
それでも家に戻らないと言い張るジナンにすまない!とジンミョンが土下座して....。
ウンスは、夫を家に連れ戻すからあなたがこの家から出て行って!と言うが怒ったホンナンは、ジナンにウンスが夫を誘惑して困ってる!と電話して。
すぐにでも結婚させたい父親に、ジヌがイェジョンとのことは自分が決める!と言う。

会長にジナンさんは、ジンミョンさんがいる家には戻らない!と言ったウンスの話を聞いたヒョンソは、叔父さんはいつも僕達を気遣ってくれたのに!と怒って。
また、ジナンは、もう俺と弟が愛した人ではない!と言うが、ウンスは、私を愛さなくてもいいから家に入って!と言う。
とうとう覚悟を決めた会長は、ヒョンソを呼び母さんと出て行ってもらう・・と謝って。
そんな時、ホンナンは、会長がジナンの妻を全力で捜してる!とウンスに報告して....。
ファスンが持って来た見合いでギョンアを相手に会わせるがうまくいきそうで。
更に、長男がピザ店の店長候補のテストを受ける事になって、嬉しそうなギョンチョルで....。

女を泣かせて 48話

ウンスは、ジナンの妻ヒョンボクにメールをして呼び出し、男達に襲わせるがその時、携帯を落として。
携帯を拾った人物から受け取ったジナンは、呼びだしたウンスからのメールを見てジンミョンに電話するが...。
会長の耳にもウンスがヒョンボクを隠した事がわかると、何度聞いても居所を答えないウンスを追い出してしまう。
一緒に家を出たヒョンソは、靴を履かせるがウンスはただではすませない!と怒って...。

義父が用意した家で住み始めたウンスを訪ねたジンミョンが、ジナンの妻の居場所を聞くが話さない。
とうとう母親の前で薬を手にしてヒョンソが脅すと、ようやく居場所を話すウンスで。
家に連れて来られたヒョンボク (ジナンの妻)をホンナンがショッピングに誘う。
ホンナンは、ヒョンボクを奇麗に変身させ家に連れて来るが、そこにジナンも戻って来る。
そして、ホンナンに妻を宜しく頼む!とお願いして....。
ホンナンが家に行くと、ウンスが私を追い出して墓穴を掘ったのは御義父様よ!と言って....。

女を泣かせての46話~48話の感想

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 女を泣かせて あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 女を泣かせて キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

-女を泣かせて
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.