彼女の神話

韓国ドラマ 彼女の神話 あらすじ 11話~12話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 彼女の神話 あらすじ 11話~12話 感想
『彼女の神話』最終回までのあらすじを感想付きでネタバレ配信!!
キャストも人気でチェ・ジョンウォンが主演!!
デザイナーを夢見る女性のサクセス&ラブストーリー!

韓国ドラマ 彼女の神話 あらすじと概要

2013年に韓国で放送されたドラマで、John-Hoonとチェ・ジョンウォンが主演!!
素直で明るいジョンスは、留学経験もなく立派な学歴も無かったが天性の実力と感性で小さな店でバッグを売りながらデザイナーになることを目指していた。
そんなある日、ロンドンから帰国したシンファグループの御曹司ジヌと最悪な出会いをするが、その後シンファグループの面接に行った事がきっかけに二人は恋に発展する!!
だが、その二人を邪魔するジョンスの従妹のギョンスが現る!!


彼女の神話のあらすじとネタバレ 11話~12話 感想

彼女の神話 11話

カン・ミンギ(パク・ユンジェ)は住所をもとに
「おばさん」の家へと赴いた。

ウン・ジョンス(チェ・ジョンウォン)が探しているウ・ドヨン(キム・ヘソン)は
キム・ソヒョン(ソン・ウンソ)であると気づいて困惑してしまった。

ソヒョンは嘘に嘘を塗り固めて
ドヨンは養母であるとミンギに明らかにして
ジョンスには言わないように頼んだ。

ソヒョンは、まだ嘘がばれないか不安だったので
ジョンスに留学をしてはどうかと言ってみる。

そうした時に、ト・ジヌ(キム・ジョンフン)は
デザインを盗んだという理由で首になったジョンスが無罪であるということを
証明するとある方法を考え付いた。

彼女の神話 12話

ウン・ジョンス(チェ・ジョンウォン)は
ウン・ギョンヒ(ソン・ウンソ)が自分の身代わりとして
ウ・ドヨン(キム・ヘソン)の養子となったことを知る。

ウン・ジョンス(チェ・ジョンウォン)は多大なる衝撃を受け、
ソヒョンの実の父ウン・ギジョン(メン・サンフン)と
ソヒョンの実の母キム・ミヨン(チョン・スギョン)
を責め立てた。

そして家から出て行って
家を借りて小さなワンルームでひとり暮らしをすることにした。

ト・ジヌ(キム・ジョンフン)とカン・ミンギ(パク・ユンジェ)は
各々一生懸命、ウン・ジョンス(チェ・ジョンウォン)を探す。
そしてト・ジヌ(キム・ジョンフン)が先にジョンスを見つけることができた。
プロジェクトそのものの存続が危ぶまれる状況であった。

彼女の神話の11話~12話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 彼女の神話 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 彼女の神話 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-彼女の神話
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.