シグナル

韓国ドラマ シグナル あらすじ 7話・8話・9話 感想あり

投稿日:2016年11月21日 更新日:

『シグナル』の最終回までのあらすじをネタバレありで感想を添えて配信!!

キャストも人気でイ・ジェフンが主演!!

2016年新作の韓国で大ヒットしたサスペンスドラマ!!

【 シグナルの前回のあらすじと概要 】

ヘヨンは1995年の事件を調べ始めていた行動に、スヒョンは疑問を抱くが、ヘヨンは理由を話そうとはしませんでした。

なぜなら過去の人間と無線でやり取りをしてる事など自分でも驚いている出来事なのにスヒョンに話しても信じてもらえないと思っていたからです。

そんな中、拉致されたシン・ヨジンを助ける為に、駆けつけたスヒョンが爆発に巻き込まれてしまい命を落としてしまいました。

韓国ドラマ-シグナル-あらすじ-出典:衛星劇場

 

【 シグナルのあらすじと感想 7話~9話 】

シグナル 7話

ヘヨンとジェハンは無線で連絡を取り合いながら、大盗事件解決に向けて、再捜査します。

1995年のジェハンが真犯人を逮捕。

一晩たち、ヘヨンは死んだはずのスヒョンが生きていることを知り、ほっとします。

しかし、ジェハンに逮捕されたセギュは父の力で軽い罪となります。

その後、ギョンテは釈放され、殺人事件を起こすのです。

ヘヨンは殺人を防ぐことができず、無力感に襲われます。

そして、彼は過去とを繋ぐ無線機を捨てようとします…。

そうですよね運命を変えてしまうのは良くないですね。

だけど別の次元ではスヒョンは生きているそうです。

 

シグナル 8話

スヒョンとヘヨンは、20年前に自殺したダヘの捜査をしていました。

すると、彼女が大盗事件に関わっていたことが分かります。

ダへはネックレスを盗んでいたのです。

そして、セギュがダヘを殺害したと確信します。

しかし、セギュが殺したのはダヘの後輩でした。

一方、ネックレスの箱には「大規模汚職事件」の証拠が隠されており、ボムジュがその隠されたフロッピーディスクを持っていました。

一度は無線機での連絡を辞めようと思ったようですがやはり、未来だと分かる事を過去に伝えると捜査が進展していきますね!!

次々と明らかになる過去の事件の真相…。

次はどんな事が待ち受けているのでしょうか。

 

シグナル 9話

ヘヨンは、1999年の「インジュ市女子高生集団暴行事件」でチスとジェハンが接点を持つこととなったことを知ります。

ヘヨンの兄は無実を主張していたにも関わらず、事件の犯人扱いを受け、自殺していました。

その頃、山で白骨死体が発見されます。

死体は頭から袋をかぶせられており、絞殺されていました。

スヒョンは1997年に同じような方法で殺されそうになり、何とか逃げ出したことを思い返します。

そこで、山狩りを決行。

すると、山からは複数の死体が見つかるのです。

死体の身元は一体誰なのでしょうか…?

ヘヨンにどんどん疑惑をかけられていきますが、このままで大丈夫なのでしょうか?

 

【 シグナルの7話・8話・9話の感想 】

スヒョンが亡くなってしまったと思って悲しいと思っていたら、別の次元だは生きていました!!

過去を変える事は未来を変えてしまう事なので、良くない事だとは思いますが、

良く言えばいい方向に未来を変える事も出来るかもしれません。

 

【シグナル 次回のあらすじや関連情報 】

⇩続きはこちら⇩
シグナル 10話~12話 あらすじ

⇩無料で見たい方はこちら⇩
シグナルの動画を【無料】で視聴する方法

⇩全話一覧はこちら⇩
シグナルのあらすじ全話一覧と作品紹介

⇩キャストと相関図の一覧はこちら⇩
シグナルのキャスト・相関図

 

-シグナル
-, , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.