麗~花萌ゆる8人の皇子たち

韓国ドラマ 麗 花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ 5話~6話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 麗 花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ 5話~6話 感想
『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』を最終回まであらすじとネタバレで感想付きで配信!!
キャストも人気ではイ・ジュンギとIUが主演!!
韓国で大ヒットした最高にロマンティックな時代劇!!

韓国ドラマ 麗 花萌ゆる8人の皇子たち あらすじと概要

イ・ジュンギを筆頭にイケメン皇子8人がヒロインを巡って繰り広げるロマンティックラブコメ時代劇!!
化粧品販売員のコ・ハジンは、ひょんなことからいきなり過去にタイムスリップしてしまう!!
だが、タイムスリップした先で、ヘ・スと呼ばれるコ・ハジン!!
高麗の初代皇帝ワン・ゴンの宮廷で生活をする事になったへ・ス(ハジン)はタイプがバラバラな8人の皇子と出会う!!
へ・ス(ハジン)の揺らめく恋心は歴史をも変えてしまうのだろうか!?


麗 花萌ゆる8人の皇子たちのあらすじとネタバレ 5話~6話 感想

麗 花萌ゆる8人の皇子たち 5話

母に嫌われ家族からも避けられているワン・ソでしたが・・。皇子としての立場は変わらず、無事に皇宮で暮らせるようになりました。一方、へ・スはコ・ハジン時代の経験を生かしながら、入浴剤を作ります。材料に使ったのはある薬材ですが、その薬材はワン・ウクにプレゼントされたものです。さすがは元化粧品販売員のへ・ス・・一度熱中し出したら止まりません!

ワン・ウクは入浴剤作りに夢中になるへ・スを見て、優しい笑みを浮かべます。しかしそれを快く思わない女性もいました・・。それは、ワン・ウクの妻であるヘ氏夫人です。ヘ氏夫人は心の中ではへ・スを不快に思っていますが、表にはそれを出しません。むしろ彼女は、へ・スのことをこれでもかと褒めちぎるのでした。そんなとき、へ氏夫人は体調を崩して床に伏せます。

ワン・ウクは風流に詩を書いていましたが、ヘ・スがその相手を務めることになりました。へ・スにとってはワン・ソが本命ですが、ワン・ウクのことも好意的に見ています。そんなワン・ウクと過ごす二人きりの時間・・。へ・スが緊張した面持ちで座っていたところ、ウクはへ・スにあるプレゼントをします。それは、愛情を込めて書き上げた渾身の詩文です...。

麗 花萌ゆる8人の皇子たち 6話

高麗時代にあっては、ヘ氏夫人はへ・スの従妹でしたが、そのへ氏夫人が亡くなりました。へ・スにとってはごく短い間の交流でしたが、彼女の死を嘆き悼みます。一方、ウクにとっては悲しみを通り越して絶望でした。なぜなら、ウクはへ氏夫人に好意を抱いていたからです。そのうちいつかは気持ちを伝えたいと思いながら、それができずにいたのです。

好意を抱いているといえば、実は第13皇子もへ氏夫人のことが好きでした。こうしてヘ・ス、ウク、それに第13皇子は、へ氏夫人の死を共に悲しみます。へ・スの悲しみは思いのほか強く、へ氏夫人の死から時間が経ってもなかなか笑顔が戻りません。そうした中で、第10皇子のウンが持ち前のサービス精神でへ・スを慰めます。彼は人形劇が得意だったのですが、それをヘ・スの前で披露したのです。

その巧みな人形劇を見たへ・スは、ようやく元気と笑顔を取り戻すのでした。そうした中、ウクはヨンファから驚きの情報を受け取ることになります。それは・・あまりにも急な婚姻の知らせです。これはめでたいことだ、ぜひ急いだほうがいい!と、周りは急かしますが・・。話しはとんとん拍子に進んでいき、へ・スとウクは追い込まれていきます...。

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの5話~6話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 麗 花萌ゆる8人の皇子たち キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 麗 花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-麗~花萌ゆる8人の皇子たち
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.