麗~花萌ゆる8人の皇子たち

韓国ドラマ 麗 花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ 13話~14話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 麗 花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ 13話~14話 感想
『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』を最終回まであらすじとネタバレで感想付きで配信!!
キャストも人気ではイ・ジュンギとIUが主演!!
韓国で大ヒットした最高にロマンティックな時代劇!!

韓国ドラマ 麗 花萌ゆる8人の皇子たち あらすじと概要

イ・ジュンギを筆頭にイケメン皇子8人がヒロインを巡って繰り広げるロマンティックラブコメ時代劇!!
化粧品販売員のコ・ハジンは、ひょんなことからいきなり過去にタイムスリップしてしまう!!
だが、タイムスリップした先で、ヘ・スと呼ばれるコ・ハジン!!
高麗の初代皇帝ワン・ゴンの宮廷で生活をする事になったへ・ス(ハジン)はタイプがバラバラな8人の皇子と出会う!!
へ・ス(ハジン)の揺らめく恋心は歴史をも変えてしまうのだろうか!?


麗 花萌ゆる8人の皇子たちのあらすじとネタバレ 13話~14話 感想

麗 花萌ゆる8人の皇子たち 13話

第13皇子ペクアと後百済の王女ウヒの間には、ただならぬ関係がありました。そのことが明らかになったのは、ウヒが太祖の命を奪おうとしたときでした。このとき、ウヒは抜刀して太祖に襲いかかりましたが、ペクアがそれを止めたのです。ペクアとしては太祖を守る目的もありましたが、それと同時にウヒのことも守ろうとしたのです。結果、ウヒの暗殺は失敗、振りかざした刀は太祖ではなくペクアに刺してしまいました。

ペクアは自分が刺されているにも関わらず、ウヒに早く逃げろと声をかけます。そのとき、太祖の意識が遠ざかり椅子から倒れます。人々はその様子に注目し、ペクアのことは見ていませんでした。なぜなら、やられたのはペクアではなく太祖だと思ったのです。それがすぐに太祖は担ぎ上げられ、別の部屋に運ばれていきます。彼はいったん意識を取り戻し、チェ・ジモンにある言葉を残します。

それは・・正胤とワン・ソを頼む!というものです。その言葉を残してから、太祖はふたたび意識を失います。後に、騒ぎを聞き付けたワン・ウクたちがやって来ますが、部屋の前で門前払いされます。どういうことだ、我々は皇子だぞとワン・ヨは兵士を一喝しますが・・。王命がなければ皇子といえども入れるわけにはいきませんと、兵士は答えます...。

麗 花萌ゆる8人の皇子たち 14話

太祖ワン・ゴンの死は宮廷に衝撃を与えますが、人々はその後のことを気にしていました。それは・・誰が王位を継承するのかという問題です。その問題で宮廷に波乱が巻き起こるのではないか・・!?そんな不安もありましたが、太祖はあらかじめ王位継承者を指名していました。自分の次に王になるのは、第一皇子ワン・ムであると。

この結果、太祖ワン・ゴンの死後の王位継承はとてもスムーズでした。そして新しい王・正胤が正式に即位して、宮廷は新たな時代を迎えます。その頃、へ・スは茶人としての経験を積み、茶美院の尚宮になっていました。高麗人として過ごした時間が長くなり、現代のことはとっくに忘れてしまっていました。そう、まるで生まれたときからこの時代の人間だったかのように・・。

彼女の周りには心が通じ合う仲間もいます。その一人がチェリンですが、彼女もへ・スと一緒に茶美院で働いています。そうした中、へ・スの誕生日がやって来ます。ペクアはへ・スに洒落た贈り物をしたのに対して、ワン・ソは何も贈ることができません。何かを贈りたいとは思ったのですが、結局、何を贈ったらいいのか分からなかったのです・・。こうして姿を見せたことが何よりのプレゼントだと言って...。

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの13話~14話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 麗 花萌ゆる8人の皇子たち キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 麗 花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-麗~花萌ゆる8人の皇子たち
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.