星になって輝く

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 13話~16話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 13話~16話 感想
『星になって輝く』のあらすじとネタバレで最終回まで感想付きで配信!!
キャストも人気でコ・ウォニが主演!!
1960年代を舞台に繰り広げられるTV小説ドラマ!!

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじと概要

第二次世界大戦が終わった頃(1960年代)、を舞台に描かれたTV小説ドラマ。
ヒロインを巡って繰り広げられる三角関係は見どころ!!
紡織会社社長である父の元で暮らしているボンヒは、何一つ不自由も無く裕福に暮らしていた。
ある日父が亡くなり初恋相手とも離れてしまったボンヒは生活が一変した。
10年後、ボンヒは、ファッションデザイナーになる夢を抱えながら染色工場で働くが、そこで初恋相手ハユルと再会を果たす。
だが、ボンヒには兄妹のように育った幼なじみのソングクが居て…。


星になって輝くのあらすじとネタバレ 13話~16話 感想

星になって輝く 13話

エスクは隙を見て、ミスンの家を見つけ上がり込んだ。
ミスンが部屋にいない間に、エスクはデザイン帳を盗む。
エスクは、調子にのるとジェギュンとの噂を旦那に話すと、ミスンに脅すが・・・。

一方、ボンヒのために、ユン会長のたばこで吸殻をつくったジョンヒョン。
それを、ボンヒにばれないように、道に落としていく。

ミスンは、ジェギュン事件の目撃者を見つけ出すため、イム社長を動かす。
そして見つけ出すのだが、ドンピルの元に、すぐその話が入り、焦り始める。

目撃者の老人に、ドンピルは近づいて演技をするが・・・。

星になって輝く 14話

老人は、刑事に連れられて工場に行く。
そして犯人だと指を指した先は、チャンソクだった。

チャンソクは、ドンピルに助けを求めたが、突き返した。
捕まったチャンソクを見て、安心するドンピルだった。

ジョンレとユン会長も、それぞれ犯人が捕まった知らせを受けるが、納得いかなかった。
証言した老人も、無実の人を犯人に仕立て上げたことに罪悪感を感じていて・・・。
警察に行こうとしたところを、ドンピルに止められる。

ジョンレはユン会長が犯人だと思いこんでいた。
ユン会長が裏を回して、チャンソクが捕まったと思っていた。

同じ頃、ミスンも犯人が捕まったと知らせを受けて、証人者を探そうとするが、ドンピルがかくまっていて・・・。

星になって輝く 15話

ドンピルが、証言者を見送っている姿をミスンが見つける。
勘付いたミスンは、追いかけたが、ドンピルに止められていた。

一方、エスクはミスンのデザイン帳を見ながら、モランのドレスを作っていた。
モランも、早く作ってとエスクにお願いをして・・・。

同じ頃、ボンヒの姉・ボンソンも自分の生活費を稼ごうとして、水商売の面接に行っていた。
そこで出会った男と、再会したボンソン。
その男に、ボンソンは釜山へ行こうと言われて・・・。

一方、ミスンはデザイン帳を盗んだ犯人はミスンだと気づいた。
すぐにミスンのところに行き・・・。

星になって輝く 16話

食堂で働いていたボンソンは、同級生に見られ、店をクビになってしまう。
散々侮辱されたボンソンは、気にしないふりをしていたが、心の中で決意をする。

ボンソンは、家に帰り、ボンヒに足湯を入れてもらう。
そこで、「自分がいなくなっても、お母さんと弟を守れる?」とボンヒに聞く。
ボンソンは、ボンヒに時計を授ける。

ボンソンは、男について釜山に向かうのだった。

一方、モランがボンヒの家までやってきた。
モランは、ボンヒが来ていたドレスを求めるが、ボンヒは断ると、モランは怒って出て行ってしまう。
その帰りに、モランは交通事故にあってしまう・・・。

エスクは、モランが事故にあったのは、ボンヒたちのせいと、責任を押し付けて・・・。

星になって輝くの13話~16話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-星になって輝く
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.