星になって輝く

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 21話~24話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 21話~24話 感想
『星になって輝く』のあらすじとネタバレで最終回まで感想付きで配信!!
キャストも人気でコ・ウォニが主演!!
1960年代を舞台に繰り広げられるTV小説ドラマ!!

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじと概要

第二次世界大戦が終わった頃(1960年代)、を舞台に描かれたTV小説ドラマ。
ヒロインを巡って繰り広げられる三角関係は見どころ!!
紡織会社社長である父の元で暮らしているボンヒは、何一つ不自由も無く裕福に暮らしていた。
ある日父が亡くなり初恋相手とも離れてしまったボンヒは生活が一変した。
10年後、ボンヒは、ファッションデザイナーになる夢を抱えながら染色工場で働くが、そこで初恋相手ハユルと再会を果たす。
だが、ボンヒには兄妹のように育った幼なじみのソングクが居て…。


星になって輝くのあらすじとネタバレ 21話~24話 感想

星になって輝く 21話

10年の時が流れた。

ボンヒは自転車に乗っていたが、男性とぶつかって転んでしまう。
ぶつかった相手は、なんとジョンヒョンだった・・・!
しかしお互い気づかく、ジョンヒョンは刑事に追われていて、すぐに何処かへ行ってしまう。

ボンヒは仕事で使っていた布を汚してしまい、余計な仕事が増えて不機嫌になる。
ボンヒとジョンレは、一緒に仕事をしていた。

一方、エスクは洋装店を相変わらず営み、モランはデザインの勉強をしていた。
モランは、地検長の息子と付き合っていたが、相手の母親に別れを強制されてしまう。

ジョンヒョンは、学生運動をしてキム刑事に怪我をさせ、警察に追いかけられていたのだった。
そんな中、ジョンヒョンはボンヒの仕事場に忍びこんで・・・。

星になって輝く 22話

ジョンヒョンは、学生運動をしているとき、キム刑事に怪我を負わせてしまっていた。
その事実を、キム刑事はドンピルに話す。
そうすると、ドンピルはその話を、ユン会長の弱みにしてつけ込もうと考えていて・・・。

一方、ジョンヒョンは逃げている途中に、ボンヒの仕事場に入り込む。
ボンヒは、ジョンヒョンが逃げていることに気づく。

ジョンヒョンを助けてあげたボンヒ。
逃げているジョンヒョンは、当分ボンヒの職場で働くことに。
ジョンヒョンは、ボンヒの名前を聞いて・・・。

星になって輝く 23話

エスクは、ジェギュン事件の証人者に偶然遭遇する。
10年前とはいえ、事件の事がバレるのではないかと不安になるエスク。

同じ頃、ボンヒはブティックの店の前で、モランと再会して・・・

一方、ドンピルはユン会長を利用するために、次管と接触を図る。
しかし、そこで予想外な話を聞くのだった。

星になって輝く 24話

予想外な話を聞いて、切られたトンピルは、怒りを抑えきれなかった。
それを知ったモランは、自分がドンピルのために頑張らなければと誓う。
モランは、成功するために、あらゆること作戦を考える。

一方、急に仕事の予定が早まったボンヒとジョンヒョンは、一緒に染色をして、少し距離が近づく。

新しい取引先を探そうとするが、ドンピルはジェギュン事件を持ちだして・・・。

星になって輝くの21話~24話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-星になって輝く
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.