星になって輝く

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 37話~40話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 37話~40話 感想
『星になって輝く』のあらすじとネタバレで最終回まで感想付きで配信!!
キャストも人気でコ・ウォニが主演!!
1960年代を舞台に繰り広げられるTV小説ドラマ!!

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじと概要

第二次世界大戦が終わった頃(1960年代)、を舞台に描かれたTV小説ドラマ。
ヒロインを巡って繰り広げられる三角関係は見どころ!!
紡織会社社長である父の元で暮らしているボンヒは、何一つ不自由も無く裕福に暮らしていた。
ある日父が亡くなり初恋相手とも離れてしまったボンヒは生活が一変した。
10年後、ボンヒは、ファッションデザイナーになる夢を抱えながら染色工場で働くが、そこで初恋相手ハユルと再会を果たす。
だが、ボンヒには兄妹のように育った幼なじみのソングクが居て…。


星になって輝くのあらすじとネタバレ 37話~40話 感想

星になって輝く 37話

エスクは、ミスンの過去をバラそうと企んでいて・・・。

一方、ジョンヒョンはボンヒに、ナイロンの在庫処理の方法を伝える。
ベトナムのスカートを大量生産しようと提案するのだった。

同じ頃、モランはジョンヒョンを諦めることが出来ずに、福州を訪れる。
そして、ジョンヒョンに良いように見せるのだった・・・。

星になって輝く 38話

ボンヒは、店に初出勤をする。
ミスンは、エスクに過去をバラられそうになり、邪魔をされるが、クラブダイヤモンドの開店に力を入れる。

一方、エスクとドンピルは、マンボクがボンヒの家に住んでいることを知る。
そして、強い不安を感じるのだった。
同時に、チャンソクはマンボクの居場所を見つけ出し・・・。

星になって輝く 39話

ボンヒの姉、ボンソンがソウルにいることを知ったジョンレ。
ソングクとボンヒを連れて、ボンソンの元を訪ねる。

一方、ドンピルはジョンヒョンもスカートを作っていることに気づく。
ジョンヒョンは、ドンピルの不正行為を見つけ出し、通報しようとするのだが・・・。

その後、チャンソクはジョンレのところに顔を出す。
そこで、自分はジェギュンを殺していないと、必死に伝えるのであった・・・。

星になって輝く 40話

ドンピルは、ボンヒの作ったスカートと同じデザインを、大量生産しようと企んでいた。
それを知ったジョンヒョンは、ドンピルを責めるのだった。
ボンヒは、モランの対応に負けず、店を支える。

一方、クラブダイヤモンドを荒らしにきた連中がやってくると、ソングクは守ろうと、争いになる。

同じ頃、エスクが誕生日を迎えた。
家族で楽しい時間を過ごしていたが、そこにチャンソクが現れて・・・。

星になって輝くの37話~40話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-星になって輝く
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.