星になって輝く

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 41話~44話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 41話~44話 感想
『星になって輝く』のあらすじとネタバレで最終回まで感想付きで配信!!
キャストも人気でコ・ウォニが主演!!
1960年代を舞台に繰り広げられるTV小説ドラマ!!

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじと概要

第二次世界大戦が終わった頃(1960年代)、を舞台に描かれたTV小説ドラマ。
ヒロインを巡って繰り広げられる三角関係は見どころ!!
紡織会社社長である父の元で暮らしているボンヒは、何一つ不自由も無く裕福に暮らしていた。
ある日父が亡くなり初恋相手とも離れてしまったボンヒは生活が一変した。
10年後、ボンヒは、ファッションデザイナーになる夢を抱えながら染色工場で働くが、そこで初恋相手ハユルと再会を果たす。
だが、ボンヒには兄妹のように育った幼なじみのソングクが居て…。


星になって輝くのあらすじとネタバレ 41話~44話 感想

星になって輝く 41話

エスクの前に現れたチャンソクは「自分は殺人などしていない。真の犯人が明らかになる」と言う。
そのままエスクは、チャンソクに追い込まれて・・・。

一方、ドンピルは仕事をしているマンボクを見て、驚く。

ミスンは、クラブダイヤモンドの営業を本格的に開始しようとしていた。
ドンピルは会議を、クラブダイヤモンドでやろうと提案するのだった・・・。

星になって輝く 42話

ボンヒはチャンソクを見かけ、最愛なる父ジェギュンを殺した犯人だと気づく。
そこには引き留めるエスクがいて、ボンヒとエスクは対立する。

一方、ジョンヒョンはクラブダイヤモンドに足を運ぶ。
ジョンヒョンは、その場にいたソングクに、「一緒に働かないか?」と提案される。

同じ頃、弱みを握られているエスクは、チャンソクにお金を渡す約束をして・・・。

星になって輝く 43話

ジョンヒョンは、会社内の環境を改善しようと考える。
しかし、ユン会長とぶつかり合ってしまう。
モランは、ジョンヒョンが夜間学校の先生になろうと思っていることを知り、学校に通うことを決意した。

一方、ソングクはミスンの正体を知りたがる人に会うことに。
ボンヒは、ジェギュン事件の真実を突き止めようとチャンソクに会いにいくのだった・・・。

星になって輝く 44話

エクスは、ついにミスンの弱点を入手する。
そして、証拠として昔の写真を探すが・・・

同じ頃、ドンピルが仕事で事故を起こしてしまう。
それを知ったジョンヒョンは、この弱みにつけ込んでいく。

一方、ドンピルの家に行ったチャンソク。
チャンソクは、エスクの弱みを握り、脅迫する。
ミスンは、ソングクにジェギュン事件の真実を調べるようお願いするのだった・・・。

星になって輝くの41話~44話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-星になって輝く
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.