星になって輝く

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 85話~88話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 85話~88話 感想
『星になって輝く』のあらすじとネタバレで最終回まで感想付きで配信!!
キャストも人気でコ・ウォニが主演!!
1960年代を舞台に繰り広げられるTV小説ドラマ!!

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじと概要

第二次世界大戦が終わった頃(1960年代)、を舞台に描かれたTV小説ドラマ。
ヒロインを巡って繰り広げられる三角関係は見どころ!!
紡織会社社長である父の元で暮らしているボンヒは、何一つ不自由も無く裕福に暮らしていた。
ある日父が亡くなり初恋相手とも離れてしまったボンヒは生活が一変した。
10年後、ボンヒは、ファッションデザイナーになる夢を抱えながら染色工場で働くが、そこで初恋相手ハユルと再会を果たす。
だが、ボンヒには兄妹のように育った幼なじみのソングクが居て…。


星になって輝くのあらすじとネタバレ 85話~88話 感想

星になって輝く 85話

一年がたった。
モランとジョンヒョンは、変わらずに距離感のある関係が続いていた。

ジョンヒョンは子供を抱えながら、ボンヒのことを思い出す。
ソングクとボンヒが一緒居る姿を思い出して、苦しくなっていた。

一方、ボンヒは服を作り続けていた。
ブティックの新しいデザイナーの審査を引き受けないかと話をもらい・・・。

星になって輝く 86話

以前服を貸した、キョンスクと再開をしたボンヒ。

そして、モランはボンヒが自分のブティックを運営している事実を知る。
必死になってボンヒを探すモラン。

一方、ドンピルの会社に自分のデスクを作ってほしいとお願いをしたエスク。
ドンピルは少し迷っていた。

同じころにチュンジャは、チャンソクが送った手紙を発見して・・・。

星になって輝く 87話

新人デザイナーの審査当日。
モランとボンヒはそれぞれ、キョンスクの服を持ち、会場へ訪れる。
二人に服を渡されたキョンスクは、どちらにするか迷う。

一方、ジョンヒョンは仕事でたまたまボンヒのブティックに生地を届けに行き、再開をはたす。
そして、ソングクはボンヒへの思いを抑えきれず、また告白をするが・・・。

星になって輝く 88話

ソングクとボンヒが、結婚していない事を知ったジョンヒョン。
モランは、ジョンヒョンに「私と結婚する気はあるの?」と尋ねる。

一方、ポンソンが一年ぶりにジョンレに会いに行き、許してもらうよう話す。

ブティックには、ある女性が訪ねてきて、世界で一番暖かいと思われる服を見つけ出す。

星になって輝くの85話~88話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-星になって輝く
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.