星になって輝く

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 97話~100話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 97話~100話 感想
『星になって輝く』のあらすじとネタバレで最終回まで感想付きで配信!!
キャストも人気でコ・ウォニが主演!!
1960年代を舞台に繰り広げられるTV小説ドラマ!!

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじと概要

第二次世界大戦が終わった頃(1960年代)、を舞台に描かれたTV小説ドラマ。
ヒロインを巡って繰り広げられる三角関係は見どころ!!
紡織会社社長である父の元で暮らしているボンヒは、何一つ不自由も無く裕福に暮らしていた。
ある日父が亡くなり初恋相手とも離れてしまったボンヒは生活が一変した。
10年後、ボンヒは、ファッションデザイナーになる夢を抱えながら染色工場で働くが、そこで初恋相手ハユルと再会を果たす。
だが、ボンヒには兄妹のように育った幼なじみのソングクが居て…。


星になって輝くのあらすじとネタバレ 97話~100話 感想

星になって輝く 97話

ユン会長に、アクリル生地の生産を提案するドンピル。
しかし、ジョンヒョンは生産に苦労していて・・・
それを知ったボンヒは、ジョンヒョンの力になろうと方法を探す。

一方、モランはソングクに会いに行く。
そして、ボンヒがジョンヒョンに会いたがってることを伝えて・・・
ソングクは怒ってジョンヒョンの元を訪れる。

星になって輝く 98話

ジョンヒョンは、糸の輸入をするために、米大使館に許可をもらおうとする。
同じ頃、ソングクは国土建設部へ訪ねていて・・・。

一方、ボンヒはイム社長を調べる。
そして、ギム・ヒョンサを訪ねて、ジェギュン事件の証人になってもらうように、頼みに行き・・・。

星になって輝く 99話

ミスンは、エスクと離婚して、自分と家庭を作っていこうと、ドンピルに言い・・・
その話を外で聞いていたエスクは、立ちすくむ。

一方、ソングクはドンピルに投資したお金を返金してもらおうと要求して・・・
ジョンヒョンは、ドンピルからアクリル生地を買いたかった。

同じ頃、ミスンが末期がんで、寿命6か月という話を聞いたモランは・・・。

星になって輝く 100話

ジョンヒョンが利子を返金できないと知った、ソングク。
ソングクは生産された、大量の生地の密輸をはじめて・・・

一方、ジョンヒョンはアクリル生地を安価で買おうとすると、激怒する。
モランは、薬品で処理をした生地をわざと納品しようとして・・・。

星になって輝くの97話~100話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-星になって輝く
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.