星になって輝く

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 109話~112話 感想

投稿日:2017年3月28日 更新日:

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 109話~112話 感想
『星になって輝く』のあらすじとネタバレで最終回まで感想付きで配信!!
キャストも人気でコ・ウォニが主演!!
1960年代を舞台に繰り広げられるTV小説ドラマ!!

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじと概要

第二次世界大戦が終わった頃(1960年代)、を舞台に描かれたTV小説ドラマ。
ヒロインを巡って繰り広げられる三角関係は見どころ!!
紡織会社社長である父の元で暮らしているボンヒは、何一つ不自由も無く裕福に暮らしていた。
ある日父が亡くなり初恋相手とも離れてしまったボンヒは生活が一変した。
10年後、ボンヒは、ファッションデザイナーになる夢を抱えながら染色工場で働くが、そこで初恋相手ハユルと再会を果たす。
だが、ボンヒには兄妹のように育った幼なじみのソングクが居て…。


星になって輝くのあらすじとネタバレ 109話~112話 感想

星になって輝く 109話

新人デザイナー大会に、出品したボンヒとモラン。
ボンヒは、モランの盗作疑惑をミスンに聞くが・・・

二人の商品は受賞した。
そして、二人はお互い家族に受賞したことを知らせて、喜ばれるのだった。

一方、ミスンがドンピルとモランを奪おうとしている思ったエスク。
エスクは、怒りに震え、ミスンへの復讐を考える。

星になって輝く 110話

エスクは、モランの盗作を隠そうとしていた。
ミスンの元へ行き、盗作を隠さなければ、過去をばらすと、エスクはミスンを脅迫するのだった。

一方、ミスンはモランが自分の娘でない事実を知っていた。
しかし、隠し続けていたのだ。
嘘をついていたミスンに、ドンピルは激怒するのだった。

二人の様子を見たモランは、ドンピルにミスンの実子は生きていると話し・・・。

星になって輝く 111話

ミスンは、自分がいると皆がダメになると思い始める。
ボンヒさえも、難しいと思ったミスンは・・・

一方、エスクがチャンソクの命を奪おうとていたことを知ったモラン。
モランは理由を教えてくれと騒ぎ立てる。

同じ頃、ボンヒは病院へ行く。
するとチョルボクから、チャンソクの意識が回復したと話を聞いて・・・。

星になって輝く 112話

モランは、チャンソクの手紙について、知ることになる。
そして、それをエスクに話す。
事実知ったエスクは、自分の置かれた危機から逃れるために、ある計画を実行しようとして・・・

一方、ボンソンはチャンソクが入院している病院を訪ねる。
すると、チャンソクの枕元には、一通の手紙が置いてあって・・・。

星になって輝くの109話~112話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-星になって輝く
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.