客主~商売の神

韓国ドラマ 客主~商売の神 あらすじ 19話~21話 感想

投稿日:

韓国ドラマ 客主~商売の神 あらすじ 19話~21話 感想
『客主~商売の神』のあらすじとネタバレで最終回まで感想付きで配信!!
キャストや相関図も人気で、チャン・ヒョクが主演!!
父の想いを継いで商人として成長してくボンサムの波乱万丈なサクセスストーリー!!

韓国ドラマ 客主~商売の神 あらすじと概要

2015年KBS演技大賞3冠獲得したと話題でチャン・ヒョクが主演の最新作時代劇!!
ソウル新聞で連載されていた小説が原作で、1983年のドラマ化されたものをリメイクした作品!!
客主だったチョン・オスは息子ボンサムと共に商業の旅に出た。
だが、チョン・オスは陰謀を掛けられ命を落としてしまい、ボンサムは天涯孤独になってしまう。
その後、ボンサムは商人になる為に学問を学び、商人としての道を歩もうとする。
そんな中、ボンサムは二人の女性と出会い、ソリンと惹かれ合うがそれを許さないケトンは嫉妬心を抱き始める。


客主~商売の神のあらすじとネタバレ 19話~21話 感想

客主~商売の神 19話

ボンサムは、亡くなってから初めて会った父親に行かないでくれ!と泣いて....。
翌日、ソクチュに会いに行っても相手にされないが、自分を担保にしてくれ!と頼む。
ソクチュは、自分が惜しまずお金を出したくなるような担保を持って来い!と譲らない。
ソレからもらった金塊を差し出したソゲは、ユギジョンの大行首になりたい!とボヒョンに話して。

その頃、お堂で目覚めたケトンは、結局、嫌で逃げ出した場所に戻って来てしまった・・と泣いて....。
一方、ソクチュは、年貢米を運ぶ船の主に選ばれるが、そこでソリンは、ボンサムを見て言葉を失う。
隠れて会った二人だったが、ソリンは、こうして会ってる事が裏切りであり、命も危険にさらされる!と言う。
船主になったのなら、少し横流してくれ!と当たり前の様に話すボヒョンにソクチュはこれからは王様の意に沿って生きる!と断って...。
ボヒョンは、激怒して帰るが、ソクチュは、息子には立派な商人になってほしいと話して....。

客主~商売の神 20話

運搬船で働く人員が不足してるからと松坡に来て、仕事をしろと番頭が誘うが追い出されてしまう。
そんな時、ボヒョンの紹介でやって来た船の監察官は、3千両で両班の官位を手に入れたと言うソゲで。
またやって来たボンサムは、松坡にいる男達を船に乗せると約束するが、ソクチュは、お前も船に乗って統率できたら20万両を貸す約束して。
男達の頭に会いに行ったボンサムは、マンチとパングムに再会する。
突然、襲い掛かったマンチだったが、話が出来なくなったパングムが止めて....。

一方、巫女に会いに行ったソゲは、ケトンに似てると首をかしげるが。
ソゲに声を掛けたケトンは、俺に恩があると言うなら、ボンサムに会ったら立ち上がれないくらい打ちのめしてくれ!と頼んで...。
ボンサムは、男達の前で船に乗る心得を話し、米粒一粒も盗まれらなかったら松坡馬房で雇い、身分証も渡すと約束して...。

客主~商売の神 21話

船団長の男と会ったソゲだったが、紹介されたのはボンサムで。
驚くソゲに、ボンサムは、血と涙の結晶の米をきっと守ってみせる!とソクチュに約束して。
帰宅したソクチュは、さっき会ったボンサムを褒めるが、驚いたソリンは火傷をしてしまう。
その夜、ソクチュは、なぜかソリンが泣きじゃくるのを見てしまい...。

船の出立式の日、ケトンが巫女として現われ驚くボンサムだが....。
そっとソリンと会ったボンサムは、お前は一生俺の心に住んでると話す。
ソリンは、きっと、元気で帰って来て!と昨夜作ったお守りを渡しボンサムの頬を撫で、もし、命を失くしたとしてもまた会えて幸せです!と言い....。
そこへ来たソクチュは、二人が抱き合ってるのを見てショックを受けるが、何も言えなくて...。
ケトンは、船に乗ったら命を奪われるから、今すぐ逃げなさい!とボンサムに言うが....。

ソクチュは、病院へ行き跡継ぎが出来る体かを調べるが、すみません・・と言われてしまう。
忘れものをして戻ると番頭が、贅沢な悩みだ!と言ってるのを聞き、ソクチュは激怒して....。
後、2日で出港という日、マンチは、子分に船の上でボンサムの命を奪え!と命じて....。

客主~商売の神の19話~20話の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 客主~商売の神 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 客主~商売の神 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-客主~商売の神
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.