帰ってきたファン・グムボク

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 26話~30話 感想あり

投稿日:2016年11月23日 更新日:

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 26話~30話 感想あり
『帰ってきたファン・グムボク』のあらすじを最終回まで感想付きで配信!!
ネタバレに注意でキャストも人気!!
三角関係が面白いと話題でラベルも人気の韓ドラ!!

韓国ドラマ-帰ってきたファン・グムボク-あらすじ-出典:BS11

【 帰ってきたファン・グムボクの概要 】

母が行方不明になってしまい娘グムボクが母を捜すドラマ!!
突然失踪した理由は!?驚きの真相を知った時グムボクはどうするのか!?
グムボクを中心に幼馴染のイヌと、御曹司の息子ムンヒョクとの三角関係は見逃せない!!
グムボクの親友イェリョンの裏切りに屈せず前に向かって歩んでいくグムボクの姿は見どころです!!



【 前回のあらすじ 】
イェリョンはその場しのぎでグムボクに一緒にウンシルの手がかりを捜そうと言いますが、全くその気はありませんでした。
積極的にグムボクが関わって来る事に戸惑いながら接するイェリョンにグムボクはだんだんと不信感を募らせます。
一方で、ムンヒョクとグムボクが知り合いだった事に驚いたイェリョンはミヨンにグムボクの悪い噂を流しました。

【 帰ってきたファン・グムボクのあらすじとネタバレ 26話~30話 】

帰ってきたファン・グムボク 26話

イェリョンは自分とムンヒョクの距離が徐々に近くなっていくのを感じていました。彼女はまだムンヒョクの気持ちを確かめていませんでしたが、少なくとも自分は・・。すでにムンヒョクに対して淡い思いを抱いていることを自覚しています。このときめきは・・普通の好きという感情じゃない・・たぶん恋に違いないと。一方、ムンヒョクは難しい立ち回りを演じようとしていました。

それはグムボクのプライドが関わるとてもデリケートな問題でした。まず、グムボクは社債を抱えていましたが、ムンヒョクはこれを代わりに返そうとしていました。それはもちろんグムボクのためになることでしたが、しかし注意しなければなりません。ムンヒョクが社債を返すと、それによってグムボクの自尊心が傷つけられる恐れがあったのです。ですからムンヒョクは、彼女を傷つけないよう上手に立ち回らなければなりません・・。

一方、グムボクはムンヒョクに、もし返さないなら私は自分の好きにすると話します。ミヨンはテジュンから久しぶりに優しい言葉をかけられて、喜んでいました。テジュンは取引先と食事を行うから、その席に一緒に行こうと誘ってくれたのです。そして食事の席に行ってみると・・そこには意外な人物が待っていました。ミヨンはその人物を見て信じられないと驚きます...。

(ムンヒョクはプライドまで考えるような方なのですね…。そしてミヨンはテジョンに優しい言葉かけられて喜んでいますがここはやっぱり女性ですね!!旦那さんを愛している証拠です。)

帰ってきたファン・グムボク 27話

ミヨンはなんとか今の不利な立場を逆転したいと思っていました。彼女はもう長らくリヒャンにやられっぱなしです。ワン女史からも評価されず、テジュンからも軽くあしらわれ、彼女には味方がいません。そこで彼女は名誉挽回のため動き始めます。最初はワン女史に接近して、関係を密接にしようとしましたが、それだけでは事足りません。

ミヨンは次に夫のテジュンにも接近し、こともあろうに自分の夫を脅迫します。ここに来てミヨンは、完全に堪忍袋の尾をゆるめていました!リヒャンが相変わらず自分に対して嫌がらせをしてきており、それに耐えかねたのです。今までずっと我慢してきたけど、もうこれ以上は耐えられない。そして自ら脅迫をしますが、彼女の願いもむなしく、効果はありませんでした。

一方、イヌは捜査の大きな局面を迎えていました。彼が長年追いかけてきたキム・テスが、ようやく見つかったのです。イヌはテスに9年前のことを尋ねますが・・テスは9年前に日本に行かなかったと返答します。思いもよらないテスの自白に、イヌは思わず唇を噛み締めます。そんなとき、リヒャンの工場がオープンすることになりました。マルジャはその話を聞いて、グムボクと一緒にオープン式に向かいます...。

(リヒョン伸し上がりましたね~!!最初はミヨンに屈する事しか出来なかったのに、今では工場をオープンさせるまで力を付けました。(;゚Д゚))


帰ってきたファン・グムボク 28話

イヌとグムボクはリヒャンとイェリョンに問い尋ねていました。ここでしっかりとした返答を聞きたいところでしたが、結果は二人を苦しめるだけでした。リヒャンもイェリョンも、過去については一切まともに答えようとしません。いくら尋ねても意味不明な返事が返ってくるだけで・・埒があきません。逆にイヌとグムボクは徒労に終わるだけで、無駄に時間だけが過ぎていくようです。

このとき、イェリョンはリヒャンにこっそりとあることを言いました。何が何でもキム・テスを捉えて、自分の近くに来させようと!一方、イェリョンはムンヒョクに対するアプローチを強めていました。二人で会う機会を重ね、時間をかけてコミュニケーションしながら、関係は徐々に密接に。そして今日は彼の客室を訪れることになっています・・。

ここまでこぎつけたのは、ひとえにイェリョンの彼に対する気持ちが強かったからです。あのとき以来・・イェリョンの心はムンヒョクに対してときめいています。一方、グムボクはムンヒョクの客室を掃除していました。するとそこへ思わぬ人物が訪問してきます・・そう・・イェリョンです!グムボクは逃げ場がなく反射的に隠れてしまいます...。

(イェリョンの恋はイヌの時に打ち砕かれていますからね。ムンヒョクとの恋は実らせたいとこでしょう。)


帰ってきたファン・グムボク 29話

ムンヒョクはびくびくしながら廊下の様子を確認します。入念に何度もチェックしましたが、そこには人影がありません。よしこれで大丈夫!と思ったムンヒョクは、それでも注意しながらグムボクを送り出します。しかし彼のチェックは不十分で、実は廊下に隠れている人間がいました。その人間はカメラでグムボクを写真に収め、そのまま逃げ去っていきます。

しまった・・とムンヒョクは思いましたが、もはや後の祭りです。グムボクが帰ってから、すぐに妙なウワサが広がります。ムンヒョクが昼間からリゾートで清掃員といい関係になった・・と。このウワサでムンヒョクは次第に追い詰められていきます。というよりもまず、家族の中で大問題にされてしまいます。本当か嘘かは別にしても、こんなウワサを流されたら、会社の名誉に傷が付く!と。

こうしてムンヒョクの件で、家族は大騒動になります。グループ企業の代表を務めているのはテジュンです。テジュンはムンヒョクの父親ですが、話を聞いてすぐにリゾートへ駆けつけます。写真を撮られてしまった以上、スキャンダル化は避けられない。もはやムンヒョク一人の手には負えないだろう。テジュンはそう感じながらリゾートへと急ぎます...。

(リソートにテジョンが向かいましたねなんかこれは大きな進展がありそうです。)

帰ってきたファン・グムボク 30話

グムボクとの問題でムンヒョクは追い詰められていましたが・・。追い詰められていたのは彼だけでなく、グムボクも同じでした。そしてグループ代表のテジュンがリゾートに駆けつけて、いよいよ二人は窮地に立たされます。二人のウワサを聞いた人たちは、こぞって二人の関係を疑っています。そんな中、唯一グムボクの味方をしてくれる女性がいました。

それは・・イェリョンです!彼女はムンヒョクのことが大好きなので、二人を引き離すためにもグムボクを助けます。みんなは誤解しているだけ、ウワサに乗せられてるだけ!グムボクとムンヒョクの間に何かあるわけないじゃない・・と。それでも疑念を払拭することはできず、グムボクとムンヒョクはさらに厳しい立場へと。グムボクはここでさらに、ショッキングな体験をすることになります。

彼女はたまたまイェリョンの電話を受けることになったのですが・・。相手方から信じられない言葉を聞いてしまったのです。電話をかけてきたのはリヒャンでしたが、彼女はキム・テスを探して口を塞ぐと言ったのです!その恐ろしい計画をたまたま聞いてしまったグムボクは、驚きのあまり言葉を失います。キム・テスを探して口を塞ぐ・・まさか・・と...。

(グムボクが衝撃な計画を聞いてしまいましたね!!キム・テスは確かイヌが接触していた人物です。)


【 帰ってきたファン・グムボクの26話~30話の感想 】

ムンヒョクとグムボクは大変な噂を流されてしまいました!!
イェリョンはムンヒョクの為になんとかグムボクを助けようとしますがどうする事もできません…。
それにしても悪女役の方ってどうしてヒロイン役の子より可愛い事が多いのでしょうかね?
さて、テジョンがリゾートに駆けつけますがこの騒ぎを落ち着かせることは出来るのでしょうか?
そして、グムボクが聞いてしまった恐ろしい計画とは?

続きはこちら⇒帰ってきたファン・グムボク 31話~35話 あらすじ

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク キャスト 相関図

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 全話一覧 感想あり

その他人気韓国ドラマのあらすじをチェックしたい方はこちらから⇒韓ドラ あらすじ 一覧

●おすすめの関連記事はこちら

-帰ってきたファン・グムボク
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.