帰ってきたファン・グムボク

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 31話~35話 感想あり

投稿日:2016年11月23日 更新日:

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 31話~35話 感想あり
『帰ってきたファン・グムボク』のあらすじを最終回まで感想付きで配信!!
ネタバレに注意でキャストも人気!!
三角関係が面白いと話題でラベルも人気の韓ドラ!!

韓国ドラマ-帰ってきたファン・グムボク-あらすじ-出典:BS11

【 帰ってきたファン・グムボクの概要 】

母が行方不明になってしまい娘グムボクが母を捜すドラマ!!
突然失踪した理由は!?驚きの真相を知った時グムボクはどうするのか!?
グムボクを中心に幼馴染のイヌと、御曹司の息子ムンヒョクとの三角関係は見逃せない!!
グムボクの親友イェリョンの裏切りに屈せず前に向かって歩んでいくグムボクの姿は見どころです!!



【 前回のあらすじ 】
イェリョンとムンヒョクとの関係が徐々に親密になっていきますが、ムンヒョクとグムボクにスキャンダルが起きてしまいます。
イェリョンはムンヒョクと助ける為に、グムボクを助けようとしまうが噂が収まりません。
テジョンは息子の為に、リゾートに駆けつけます。
そして、グムボクはイェリョンの携帯が鳴ったので電話に出ると衝撃の計画を知ってしまうのでした。

【 帰ってきたファン・グムボクのあらすじとネタバレ 31話~35話】

帰ってきたファン・グムボク 31話

ミヨンにとって思い出すのはリゾートでの出来事です。あのとき・・イェリョンがいなかったら今頃どうなっていたか・・。ひょっとしたらとんでもないことになっていたかもしれない。それを思うと、ミヨンはイェリョンに感謝せずにはいられません。イェリョンはすでにソウルに戻ってきていましたが、ミヨンはそれを聞くとすぐに会いに行きます。そしてさっそくリゾートの件について感謝の言葉を伝えるのでした。

一方、ミヨンはグムボクがどうしてるかも気になっています。そこでイェリョンに、グムボクの電話番号も尋ねるのでした。こうしてグムボクとミヨンは会うことになりましたが、グムボクにとっては悲劇でした。なぜなら彼女はムンヒョクのことで、ミヨンから厳しい言葉を浴びせられたからです。ミヨンはグムボクに会うなりいきなりムンヒョクのことを持ち出し、グムボクに暴言を吐きます。

その頃、リヒャンは会社で信じられない情報を伝えられていました。その情報元はTSグループですが、なんと生地の取引を切ったというのです・・。信じられない・・どうしたらいいのか・・とリヒャンは混乱してしまいます。そこで彼女の脳裏に浮かんだのは・・テジュンでした。リヒャンは助けを求めてテジュンを訪ねていきます...。

(リヒャンは今度はテジョンに言い寄ろうとしているのでしょうか?ミヨンはこの事を知ったらどうするのでしょう…。)

帰ってきたファン・グムボク 32話

その音声メッセージに吹き込まれた声の主は、ミヨンにとってライバルのリヒャンでした。ミヨンはその音声をわずかに遅れて確認し、それからある人物を訪ねていきます。その人物とはテジュンのことですが、ミヨンは後で自分が遅れていることに気づかされます。テジュンに会えばなんとかなると思っていたミヨンでしたが、もうとっくに・・。

ミヨンはペ理事が放った一言に心が怖気づいてしまいます。ここは一度大騒動が起きたところなんだ・・そうペ理事は言いました。ミヨンはこの言葉に・・この言葉に・・心を溶け入らせてしまうのでした。その頃、ウンシルはある人物に会って攻略していました。その人物とはキム・テスですが、グムボクはこの人に現金を手渡します。そうした上で、キム・テスにあの話を・・そう、9年前にウンシルが失踪した話をします。

ところがグムボクの目算は外れてしまい、キム・テスに挑発されてしまいます。そうか・・失踪事件についてそんなに知りたいか・・それなら・・と。キム・テスは、情報が知りたかったらもっと金をよこせとグムボクに言ったのです。そうしなければ真実は教えないと言いますが、それはグムボクへの脅迫でした...。

(ウンシルとキム・テスは繋がっていますね…。そしてキム・テスはグムボクにもっとお金を要求して来ています…。聞き出す事はできないのでしょうか?)


帰ってきたファン・グムボク 33話

イェリョンは自分を守るために必死に戦っていました。彼女は今、せっせとビラを焼いています。誰にも見られていないと思っていましたが・・実はそれを見ていた人物がいました。その人物とは、イェリョンにとってのかつての親友、グムボクです。一方、グムボクにとっては、イェリョンがビラを焼いていたのは衝撃的でした。ど、どうしてあんなことしてるの・・と。

そしてグムボクは会社のロビーを訪問しますが、そこで警備員とぶつかってしまいます。それは偶然としかいいようがありせんでしたが、グムボクのすぐそばをミヨンが通っていきます!ミヨンはすぐ近くにグムボクがいることに気づかず、グムボクを引き出せと話をします。さらにそのそばにはイェリョンがいましたが、彼女はグムボクがいるのを視界に捉えます。このままではまずいと感じた彼女は、素知らぬふりをしてそのまま通りすぎていきます。

一方、ワン女史とミヨンはイェリョンを家に招待しようと考えていました。二人の考えはそれぞれ異なっていますが、食事を提供してイェリョンを招く目的は一緒です。また、イェリョンの男性についても二人の見方は同じでした。すなわち・・イェリョンはたぶんムンヒョクの女なのだろう・・と...。

(イェリョンとミヨンがワン女史の家に招待されることになったようですが、これはイェリョンにとってはムンヒョクの祖母に気に入られるチャンスです!!)

帰ってきたファン・グムボク 34話

イェリョンは今でもイヌのことを愛していました。そしてイヌとグムボクが接近することを阻止したいとも思っていました。そこで彼女はイヌにある策略を仕掛けるのでした。それは、グムボクがムンヒョクと親密なことを示す証拠をイヌに送ることでした。イェリョンはグムボクがムンヒョクの客室から出てくる写真をイヌに送り付けます。

さらにグムボクが今はTSリゾートの清掃員をしているという事実も・・伝えます。このイェリョンの引き離し工作は見事に成功しました。グムボクがムンヒョクと親しいことを知ったイヌは、大きな衝撃を受けています。そんな・・まさか・・グムボクが・・とイヌ。そんなとき、TSグループではある問題が起きていました。それはリゾートを訪れていた顧客が失踪してしまったことです。

しかもそれは他の誰でもない、マルジャのミスによるものでした。グムボクはこの知らせを聞き、とるものもとりあえずすぐに顧客を探しに行きます。ところがイェリョンはグムボクの前に立ちふさがり、彼女の行動を阻止しようとします。ここでグムボクに功績を挙げられたら、彼女の評判が高まってしまう。イヌに加えてムンヒョクまで奪われては・・私の立つ瀬がないと...。

(イェリョンはまだイヌを愛していたのですね…。それなのにどうしてムンヒョクに走っていたのでしょうか…。)


帰ってきたファン・グムボク 35話

グムボクはマルジャを助けるため、自ら失踪した顧客を探しにいきました。脳裏に浮かんでくるのは、9年前のウンシル失踪事件のことでした。今回のことはあのときと重なる部分がある・・あのときも・・と。グムボクは今回の事件にきな臭いところがあると感じていました。ともかく必死に顧客を探し続けたグムボクは、ついに探し出します。

ムンヒョクは必死にグムボクを止めようとしましたが、グムボクは言う事を聞きません。そして仕方なく、9年前の事故のことをムンヒョクに伝えます。グムボクは今までウンシルの事故のことはムンヒョクに伝えていませんでした。彼女は思い切ってムンヒョクに母親のことを告白します!一方、TSグループはグムボクの活躍によってビッグチャンスを得ようとしていました。

その活躍とは、グムボクが失踪したリゾート顧客を見つけたことです。これは単なるトラブル防止ではなく、TSをさらに発展させるいい機会となりました。グムボクの活躍はミヨンにも伝えられますが、彼女はこの件でまたしてもグムボクを誤解します。そしてその後、ミヨンはマルジャの家を訪ねていくのでした。彼女の頭の中には、グムボクに対して素直に賞賛する気持ちはどこにもありません...。

(遂に、ムンヒョクにグムボクは母の失踪の件を話しましたね…。ムンヒョクの母ミヨンが仕掛けた事とは知らずに…。)


【 帰ってきたファン・グムボクの26話~30話の感想 】

マルジャのミスでリゾートのお客さんが失踪してしまいましたが、グムボクが見つけ出しましたね!!
会社にとってはいい評判になりビックチャンスが到来しますがミヨンは素直に喜べません!!
イェリョンにグムボクの悪い噂を聞いていますからね。裏を読んでしまいますね…。
一方で、グムボクは母の失踪についてムンヒョクに打ち明けましたが、後のムンヒョクの母ミヨンがウンシルの失踪に関わっているとグムボクが知ってしまったらどうするのでしょう…。

続きはこちら⇒帰ってきたファン・グムボク 36話~40話 あらすじ

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク キャスト 相関図

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 全話一覧 感想あり

その他人気韓国ドラマのあらすじをチェックしたい方はこちらから⇒韓ドラ あらすじ 一覧

●おすすめの関連記事はこちら

-帰ってきたファン・グムボク
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.