帰ってきたファン・グムボク

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 41話~45話 感想あり

投稿日:2016年11月24日 更新日:

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 41話~45話 感想あり
『帰ってきたファン・グムボク』のあらすじを最終回まで感想付きで配信!!
ネタバレに注意でキャストも人気!!
三角関係が面白いと話題でラベルも人気の韓ドラ!!

韓国ドラマ-帰ってきたファン・グムボク-あらすじ-出典:BS11

【 帰ってきたファン・グムボクの概要 】

母が行方不明になってしまい娘グムボクが母を捜すドラマ!!
突然失踪した理由は!?驚きの真相を知った時グムボクはどうするのか!?
グムボクを中心に幼馴染のイヌと、御曹司の息子ムンヒョクとの三角関係は見逃せない!!
グムボクの親友イェリョンの裏切りに屈せず前に向かって歩んでいくグムボクの姿は見どころです!!



【 前回のあらすじ 】
グムボクは、本社の清掃員として勤め始めるが、ミヨンの支持によってイェリョンはグムボクを陥れようとします。
グムボクは、イェリョンの仕業だと証拠を掴んだが、イェリョンは証拠になる会話を録音した携帯を壊してしまいました。
一方で、テジョンはウンシルの姿を偶然見かけ追いかけますが、見失ってしまいました。

【 帰ってきたファン・グムボクのあらすじとネタバレ 41話~45話 】

帰ってきたファン・グムボク 41話

ムンヒョクは、お前達は終わった仲だと認めろ!あいつの母親は俺が捜す!と言う。
それでも腕をつかんで離さないイヌに彼と話があるから先に帰って・・と言うグムボクで。
お前の大事な母親を探す手伝いをさせてくれ!とムンヒョクが話すのを聞いたイェリョンは、動揺して....。
マルシクを呼んで飲み、グムボクの僕への愛は、義理だと思う?と聞いたイヌにうなずいて。

ウンシルは、またあの事故の悪夢を見てうなされるが、一緒に暮してるキム・ギョンスは、俺がついてる!と安心させて....。
翌日、イェリョンは、昨夜、会社で夜遅くまで二人でいた!とミヨンにバラす。
そんな時、テラは、マルシク目当ての客も多いからビョンガン(娘)を連れて来てもいい!と許可して。
倉庫での事故の究明をイェリョンに聞くと自分の責任として処理すると言うが、ムンヒョクがそれはダメだ!携帯が直ればわかるけど...と言い。
二人で携帯屋を廻るが復元は無理だ!と断られてしまうが途中で昔の様にトッポギを食べて....。

(ムンヒョクとイヌの恋のバトルが増してきましたね!!そしてウンシルの傍にはギョンスがいるのですか!?)

帰ってきたファン・グムボク 42話

車の修理費の件でギョンスと会ったリヒャンは、彼が貿易商で生地も扱ってると聞き、チャンスだと思う。
車の中の女性と挨拶しようとドアを開けると居なくなっていたが、その女性はウンシルだった。
ムンヒョクと一緒のグムボクを見たマルジャは、嫁だと思ってきたけど考え直す必要があると激怒して。
帰宅したムンヒョクは、グムボクとトッポギを食べたからいらない!と言い、イェリョンに家を手伝う為に引き抜いたわけではないと睨む。
これからも呼ぶし家の嫁にすると言う祖母にそれなら家を出る!と怒るムンヒョクで。

朝食時にイヌに写真を渡し見合いをしなさい!と命じたマルジャは、グムボクにいいわよね?と確かめて。
とうとう携帯が直った!とムンヒョクと喜ぶ姿を見たイェリョンは、ローカーを開けて携帯を探すがそこにグムボクが来て。
皆に証拠をバラされたくないなら、母親捜しのビラを配って!と命じるがその様子を偶然見たリヒャンが近ずくとイェリョンが自分から配ると言ったと話すグムボクで。
心を痛めたリヒャンは、そのままギョンスと会い、酒を飲んでしまうが彼から腕をつかまれると、ようやく日本で会ったことを思い出して...。

(ようやく携帯が直りましたね!!これでグムボクの疑いは晴れます!!そしてリヒャンはようやくギョンスがあの時日本で会った人だと気づきました!!イェリョン、そしてリヒャンは共に窮地に立たされます!!)


帰ってきたファン・グムボク 43話

慌てて帰り、写真を確認したリヒャンは間違いない!と思うが動揺を隠せないで...。
一睡もできなかったとギョンスと会ったリヒャンに最初から気づいていたけど、からかったんだ!と笑い。
会社に来たイヌは、俺と別れてもいいからこの仕事を辞めてくれ!と言うがグムボクは真実を突き止めたいだけなの!と。
リヒャンに勉強できなかっただろうから留学しなさい!と言われたグムボクはそんなに怖いの?と挑発して。
更に、外国にやって私も始末するの?母さんみたいに!と言うとリヒャンは、とにかくムンヒョクとは会わないで!と言うけど。
契約を済ませたリヒャンは、上機嫌でイェリョンと毎日会ってると口を滑らせてしまうがどうにかごまかす。

トイレで親子だとバレたら大変だ!と話してると掃除中のグムボクが現れ、びっくりで。
イヌは、検事になったのも辞めるのもグムボクのためだった!お前は、ムンヒョクの心をつかめ!とイェリョンに話す。
イェリョンは、見ているグムボクに見せつけるようにイヌに抱き付き、彼を振り向かせる!と言い。
そして、グムボクよりもあんたを思ってるのは私よ!と笑って....。
そんな時、リヒャンに会いに来たミヨンの姑は、携帯の待受けの画像を見てグムボクを指差すとマルジャは、私の娘です!と答えて。
休日にやって来たムンヒョクは、ビョンガンと一緒のグムボクをを連れ出してデートをして....。

(ギョンスはリヒャンをからかっていただけでした…。手を掴んだからウンシルの事で何か言うのかと思いました( ノД`))

帰ってきたファン・グムボク 44話

ウンシルは、ギョンスの私物の箱を中を見ると、自分の写真が載っているビラの切れ端を見つける。
誰かが私を探してるの?と聞かれたギョンスは、触るなと言っただろう!と取り上げて。
ミヨンの姑に料理を手伝ってと呼ばれたマルジャだったが、孫の嫁になる人だと紹介されたのはイェリョンで。

マルジャの実娘だと思ってグムボクも呼ばれるが実母ではありません!と言うとミヨン達はびっくりで。
家に帰ったマルジャは、馬鹿にされてるあなたを見たらウンシルが悲しむ・・と泣いて....。
マルジャを傷付けたイェリョンを呼び出したグムボクは、あなたの仕業ね!それともあなたの母親が!?と怒り....。
その頃、ギョンスと飲んだリヒャンは、酔ったふりをしてあなたの家に行きたい!と甘えて....。

(マルジャはグムボクの事を思って行動してくれていたのですね…。グムボクはっきりものを言うのはいいのですが、ちゃんとマルジャのケアーもしましょう。)


帰ってきたファン・グムボク 45話

車の中でリヒャンの手を握るギョンスだったが、外にウンシルが出ていた事に驚き、次回家に招待します!と引き返す。
車から降ろしたリヒャンを抱き締めたギョンスにもうメロメロで。
その頃、ギョンスの車のライトに照らされたウンシルは、頭が痛くなってスニーカーを握り締めて....。
帰宅したギョンスは病院へ行こうと言うが、タクシーが事故で落ちてその中に私がいたの!と言うウンシルで。
一方、イェリョンと抱き合ったところを見たけど私には責める資格もない!と言うグムボクにもう責めることもない関係という事だな!と怒るイヌで。
イェリョンと飲んでいたイヌは、自分が悪者になって真実をつかんでやる!と決意して。

イヌが車で寝てしまったの!喧嘩したの?と電話で話すイェリョンにグムボクは動揺を隠せない。
外泊してイェリョンといたの?と聞いても隠さないイヌにマルジャは、怒って....。
会社で会ったイェリョンは、昔、イヌはあんたのものにはならない!と言ったけどむこうからやって来た!とグムボクに笑って
会長からお弁当をご馳走になったグムボクだったが、その話を聞いたイェリョンはご機嫌が悪く。
そこに新商品のネーミング公募に挑戦するから用紙をもらいに来るが、意地悪く投げつけるイェリョンで。
写真を見せ、この男が事故処理をしたの?と尋ねるリヒャンに不安になったミヨンは、ギョンスに電話して....。
そんな時、新聞のテジュンの写真を見たウンシルは、知ってる人みたい!と首をかしげる。
マルジャにミヨンの息子とイェリョンを結婚させるの?と聞いたリヒャンは、びっくりで....。

(イヌはグムボクに冷たくあしらわれてもグムボクの為に、イェリョンに接近しました。グムボクどうかイヌの本気の気持ちを理解してあげて下さい!!)


【 帰ってきたファン・グムボクの41話~45話の感想 】

グムボクの為にマルジャとイヌは頑張ってくれました。
グムボクはこの事に対してもっと感謝しないといけないのでは?
なんだか、周りがあまりのも見えてないヒロインでちょっとムカムカします。
一方で、ウンシルは記憶喪失ですね~!!
テジョンを新聞で見てこの人知ってると記憶が蘇りつつありますが、上手く記憶喪失から抜けだ出るでしょうか?
そして、ギョンスはリヒャンに惹かれているのが厄介ですね…。
ギョンスとウンシルが一緒に居る事を知ってしまった時またややこしくなってしまいそうです…。

続きはこちら⇒帰ってきたファン・グムボク 46話~50話 あらすじ

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク キャスト 相関図

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 全話一覧 感想あり

その他人気韓国ドラマのあらすじをチェックしたい方はこちらから⇒韓ドラ あらすじ 一覧

●おすすめの関連記事はこちら

-帰ってきたファン・グムボク
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.