帰ってきたファン・グムボク

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 56話~60話 感想あり

投稿日:2016年11月25日 更新日:

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 56話~60話 感想あり
『帰ってきたファン・グムボク』のあらすじを最終回まで感想付きで配信!!
ネタバレに注意でキャストも人気!!
三角関係が面白いと話題でラベルも人気の韓ドラ!!

韓国ドラマ-帰ってきたファン・グムボク-あらすじ-出典:BS11

【 帰ってきたファン・グムボクの概要 】

母が行方不明になってしまい娘グムボクが母を捜すドラマ!!
突然失踪した理由は!?驚きの真相を知った時グムボクはどうするのか!?
グムボクを中心に幼馴染のイヌと、御曹司の息子ムンヒョクとの三角関係は見逃せない!!
グムボクの親友イェリョンの裏切りに屈せず前に向かって歩んでいくグムボクの姿は見どころです!!



前回のあらすじ
遂に、テジョンがウンシルの事故は仕組まれた事だったことを知りました。
一方で、ミヨンにイェリョンの母親だと自白してしまったリヒャン。
当然、ミヨンは怒りがこみ上げるが、逆にリヒャンはミヨンを脅迫しました。
開き直ったミヨンはイェリョンを家から追い出し、更に会社も解雇してしまいます。
イヌの調べでリヒャンの工場も告訴されることになってしまいましたが、リヒャンはギョンスに泣きつき助けてほしいと頼みます。

【 帰ってきたファン・グムボクのあらすじとネタバレ 56話~60話 】

帰ってきたファン・グムボク 56話

ミヨンが隠したい事をウンシルが知ってると思ったリヒャンは、マルジャの家に行き部屋をあさるが見つかってしまい....。
そんな時、グムボクと食事したムンヒョクは、指輪をはめて結婚しよう!と言って。
工場を差し押さえられたリヒャンが家に帰ると、家財道具にまで赤いシールが貼られていて。
ウンシルは、イェリョンは娘なの?と聞くが、ギョンスがそうだ!と言い張る。
そこに探偵事務所から自分を捜してる人物の写真を送ってくるが、以前、家の前にいた女性(グムボク)で。

会社に行き、グムボクを見たウンシルは、はっきりと娘を思い出し、声を掛けようとした時、ギョンテに車に押し込まれて....。
家に連れ帰ったギョンテは、今、会ったらグムボクが危険な目に遭うかもしれない!と告げる。
そして、あの事故を仕組んだ奴の復讐の為に韓国に帰って来た!と言う。
封筒が送られて来て中身を見ると、テジュンとムンヒョクが親子ではないという鑑定書が入っていて、イェリョン達はびっくりで。
一方、ミヨンにも同じ物が送られてくると燃やしてしまい....。
そんな時、ムンヒョクを呼んだマルジャは、皆を説得する自信があるなら認める!と言うと泣いてしまうグムボクで....。

(マルジャの人柄が本当に好きです!!そして、ギョンテはウンシルの味方か?リヒャンの味方か?ドキドキしてしまいます!!)

帰ってきたファン・グムボク 57話

偶然、ミヨン達とエステで会ったリヒャンに姑は、親子だと黙っていた事は忘れる!と言う。
そして、ミヨンに仲直りしなさい!と言うと絶対嫌だ!と拒否するがリヒャンが結婚前に・・と意味あり気に言い脅して。
カフェで話をしたリヒャンは、娘と私を元の場所に戻して、常務と娘を結婚させて!と言う。
相手にしないミヨンにムンヒョクは、誰の子?と聞いてDNA鑑定書を見せて....。
その頃、酔ったイェリョンは、DNA鑑定書をイヌに渡し、これで終わらせて!と言って....。

一方、テジュンと父親のお墓参りに行ったウンシルは、涙が止らない。
その帰り道、車にあおられると、タクシーの前に出た車の中にいたのはミヨンとリヒャンだったと事故の事をはっきりと思い出し....。
リヒャンは、会社に来るが手には封筒を持っていてミヨンは慌てて止める。
口論になるとリヒャンが私にさせたように土下座しなさい!と言うがグムボクが止めて....。
ギョンスは、事故後にリヒャン達はミヨンにもらったお金で裕福に暮らし、グムボクはホームレスのような暮らしをして君を探し続けたんだ!と写真を見せて。
ウンシルは、どのような復讐を考えてるの?と尋ねて....。

(ギョンスはウンシルの味方ですね!!リヒャンも死に物狂いでミヨンをいと仕入れようと動き回ります!!)


帰ってきたファン・グムボク 58話

ムンヒョクにも封筒が届くとミヨンがもぎとり、単なるいたずらだ!と破いてしまう。
初出勤の日、挨拶を練習するグムボクに洋服を買ってやるムンヒョクは、可愛くておでこにキスをして。
イェリョンは、解雇になったのに会社の中をウロウロし、荷物を持ってるグムボクを押して、私が復帰したらクビにしてやる!と言って。
その様子を影から見ていたウンシルは、もう少し辛抱して!きっと仕返しするから!とつぶやいて....。

初出勤と出会ってから10年目のお祝いとケーキを用意したムンヒョクは、一緒に暮そう!とキスをして。
一方、テジュンを呼んだウンシルだったが、ミヨンもおびき出され行くとそこにまた封筒が届き。
テジュンが封筒を見る前に取り上げ外に出たミヨンは、リヒャンと出会い、息子を助けて!と、とうとう土下座して....。
家に来たイェリョンは、泣きながらら許しを請うがミヨンは、さっきまであなたの母親は私を脅していたと言うと態度が変わって....。
あの鑑定書を送ったのがギョンスだったと知って喜ぶリヒャンだったが、心の中で息子を返してもらう!と....。

(封筒はギョンスが仕組んでいたのですね!!でも、息子を返してもらうとは一体…!?)

帰ってきたファン・グムボク 59話

一緒に暮してる人が男だと知ったテジュンは、荷物をまとめろ!と怒るがウンシルは時間をください!と言って。
結局、ギョンスが家を出ることになったが、家賃は俺が払うときかないテジュンで。
キャンプに来たグムボク達だったがそこにテジュンもやって来て、チゲがうまい!と上機嫌で。
そんな時、仕方なく家にイェリョンを呼んだミヨンだったが、そこにグムボク達を連れてテジュンが帰る。

食事が始まるとミヨンは、チーム長と結婚しなさい!と言い始めるとテジュンは、誰かに脅されてるのか?と聞いて。
グムボクを送ろうと外に出たムンヒョクは、テジュンの子じゃないとリヒャンに脅されてると話す母親の話を聞いてしまい....。
リヒャンの事務所を探ったムンヒョクは、DNA鑑定書を見つけてショックを受ける。
こんな物もねつ造したのか?と怒るムンヒョクに送られてきたと話すリヒャンは、あなたの母親がした事も調べなさい!と心の中で思うが....。
そこに帰宅したイェリョンは、母親にミヨンが結婚を認めた!と喜ぶがムンヒョクが鑑定書を持って行ったと告げて....。
その頃、家では反対だと言うテジュンに、ミヨンがそれなら離婚して!迫って....。

ムンヒョクは、飲んで暴れて警察に連行されると、グムボクが迎えに行きそのまま会社に泊り。
外泊したと聞いたイェリョンが家に来てグムボクに暴力を振るい、私は復職することになったと話す。
そして、悔しかったらもうこの世にいない母親を連れて来なさい!と言うとイェリョンを叩くグムボクで....。

(イェリョン調子良く物事が展開していくとすぐに、つけあがってしまいますね…。ウンシルは生きているのに。)


帰ってきたファン・グムボク 60話

ウンシルは、テスにギョンスと自分の復讐内容を告げて....。
昨夜の外泊をミヨン達に責められたグムボクは、彼(ムンヒョク)がすごく落ち込んで酔ってしまっったから一緒にいるだけだ!と話すが....。
テジュンは、会社で様子がおかしいムンヒョクに、いつでも俺を頼れ!と抱き締めて....。
会社に復帰したイェリョンは、すぐにグムボクを苛めるが、その様子を見た会長は新人苛めをしたら許さない!!と怒る。
父親の歯ブラシを持ち出しDNA鑑定をしたムンヒョクだったが、結果は....。

一方、娘も会社復帰をしたと上機嫌で車に乗ったリヒャンが音楽を掛けようとするが、ウンシルらしい声で事故を仕掛けたのはあなただと話してる声を聞いて....。
そこに来たミヨンにウンシルの声が聞えたと怯えるリヒャンで...。
その頃、ウンシルは、家にグムボク宛に自分が事故の時にはいていたスニーカーを送ると母さんはやっぱり生きてる!と大騒ぎになって....。
翌日、ミヨンを睨みつけるムンヒョクにテジュンが隠し事をしていないか?と尋ねて....。

(遂に、ムンヒョクが自分でDNA鑑定出した結果から、テジョンと自分が親子ではない事を知ってしまいました!!では、ムンヒョクの父親は一体誰なのか?)


【 帰ってきたファン・グムボクの56話~60話の感想 】

イェリョンが復職できて上機嫌な中、リヒャンに世の中で一番聞きたくない死んだはずのウンシルの声を聞いてしまいました。
激しくリヒャンは動揺していましたが、ミヨンもまたこの事を聞いて驚きました。
リヒャンとミヨンに天罰が必ず下る事を祈るばかりです。
着々と、ウンシルの静かな復讐は始まっていますね!!
一方で、ムンヒョクが衝撃な事実を知ってしまいましたが大丈夫なのでしょうか?

続きはこちら⇒帰ってきたファン・グムボク 61話~65話 あらすじ

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク キャスト 相関図

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 全話一覧 感想あり

その他人気韓国ドラマのあらすじをチェックしたい方はこちらから⇒韓ドラ あらすじ 一覧

●おすすめの関連記事はこちら

-帰ってきたファン・グムボク
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.