トンイ

韓国ドラマ トンイ あらすじ 33話~36話 感想

投稿日:

韓国ドラマ トンイ あらすじ 33話~36話 感想
『トンイ』のあらすじとネタバレで最終回まで感想付きで配信!!
テレ玉で放送予定でドラマの評価も紹介!!
イ・ビョンフン監督の大人気時代劇で有名な英祖の母トンイの生涯を描いたドラマ!!

韓国ドラマ トンイ あらすじと概要

2010年にMBCで放送された、根強い人気を誇る韓国を代表する時代劇!!
朝鮮王朝時代もっとも偉大な王になった英祖の母親トンイの生涯をスクチョンとの甘いロマンスを取り入れながら描いた作品!!
トンイがスクチョンの側室にまで上り詰めた彼女の波乱万丈な人生を追ったドラマ!!
最下位の身分だったトンイが、その機転が利く賢さと、とんちを上手く使い回りを驚かせた!!
宮廷で様々な陰謀掛けられるトンイは息子ヨンジョを守り、自分の人生を切り開く事が出来るのだろうか。


トンイのあらすじとネタバレ 33話~36話 感想

トンイ 33話

禧嬪はこの申し出を受け、世子の命までも脅かしたのだこの事態を収めるために何かをかけるのかと言い放つ。
トンイはこう答えた。
自分の命をかけると・・・

事件の収集までに3日の時間を与えられた。
そんなに長くはない時間だ。
トンイは監察府のイムジョンたちと疫病の原因を探し始めた。

調べていく結果、宮女たちが愛用している化粧に原因があることに辿り着いた。
しかし禧嬪はこの手柄をものにするためにトンイをサポートしたかのように見せかけた。
粛宗の信用をトンイから奪うために・・・

その頃ヨシギとチョンスは謄録類抄の原本を守り通してくれたウンテクを救いに義州に向かっていた。
ウンテクをヒジェの部下が手に掛けようとしたすんでのところでチョンスが救いだすことに成功する。

しかし一方で清国の使臣団が都へと進んでいた。
それは世子のこう命を運んでいる可能性があった。

それが事実ならば謄録類抄によってヒジェの罪を明らかにすることはできない。
さらには彼らに揺るぎようのない権力を与える危険性をはらんでいたのだ。

トンイ 34話

清国の使臣団は世子のこう命を届けにきた。
それは殿下や禧嬪までもが望んでいたものだった。

しかしチン大人は謄録類抄が偽物であると知っていた。
よって殿下に本物を手渡さないのことの代償として世子のこう命を早めようとしていることを報告する。
そしてチャン・ヒジェに脅しをかけるのだった。

そしてウンテクが都へ帰ってきてトンイたちはある情報を耳にする。
それはヒジェたちが必死になって謄録類抄を探しているということ。
そこでトンイたちは禧嬪らの罪を確実に明るみに出来る時がくるのを待つことにした。

禧嬪はというと・・・
なんとかしてトンイを追い出そうと策を練っていた。
それはトンイを側室にし、そのための手続きによって彼女の素性を明るみにし弱点を見つけ出そうというものであった。

トンイはこれに恐れを抱いた。
チョンスはトンイが傷つくことを深く心配する。
そしてトンイが剣契の首長の娘であることを隠すために行動にでた。

それと同時にヨシギも今までトンイの素性に何かひっかかっていた。
しかしここで彼女が自分の親友であり長い間捜していた剣契の首長ヒョウォンの娘だと気づく。

トンイ 35話

トンイの素性を知ったヨシギ。
このことを殿下に報告し、トンイとチョンスを国法により裁きにかけると伝えた。

その頃チョンスはソリのサポートによりトンイの偽造された戸籍証明を手中にしていた。
しかし都に戻るとすでにトンイの素性を知られていた。

しかしヨシギは迷っていた。
ヨシギを救うためにヒョウォンが自ら罪を被ったとチョンスから聞いたためだ。
そしてウンテクからこう報告を受ける。
トンイが自ら殿下に事実を伝えるため大殿に向かっていると。
結果、ヨシギは殿下に偽りを伝えトンイの素性を明かすことはしなかった。

一方で、禧嬪はトンイが本物の謄録類抄をもっていると感じていた。
そして使臣団のため宴会を開き、その間に空になったトンイ達の部屋に忍び込み謄録類抄を見つけてやろうと企んだ。

ついに宴会は開かれようとしていた。
宴会場にチョンス、ヨシギまでもが呼ばれている。
これはおかしいと感じるトンイ。
急いで部屋に向かうが禧嬪により遮られてしまった。

トンイ 36話

トンイたちは宴会場から身動きがとれなくなってしまった。
義禁府の兵の行動も怪しさを見せている。
この雰囲気に異変を感じるヨシギ。
すぐに内禁衛の兵を宴会場にかき集めた。

一方禧嬪の部下たちはその隙にトンイやチョンスの部屋に忍びこみ謄録類抄を探していた。
異変を感じとるトンイ。
宴会後急いで部屋に戻った。
しかし時すでに遅し、謄録類抄は盗まれていた。

こうしてヒジェはようやく謄録類抄を手に入れた。
そしてこれを手渡すためにチン大人の元へと向かった。

一方で捕らわれているウンテクがユンに命を奪われようとしていた。
その瞬間チョンスと内禁衛の兵が現れすんでのところで救出に成功する。

なんとトンイ達は禧嬪の策略を事前に察知していた!
わざと罠にはまったように見せかけその現場を押さえるための伏線だったのだ。

そしてヒジェ達を捕え謄録類抄を取り返すことに見事に成功する。
ヨシギはこのことを殿下に報告した。

続いてこの事件に禧嬪がかかわっていることを明らかにするため監察府のユ尚宮を捕える。
そしてトンイは禧嬪の元へと向かった。

トンイの33話~36話の感想

続きはコチラ⇒トンイ あらすじ 37話~40話

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ トンイ キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ トンイ あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-トンイ
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.