トンイ

韓国ドラマ トンイ あらすじ 41話~44話 感想

投稿日:

韓国ドラマ トンイ あらすじ 41話~44話 感想
『トンイ』のあらすじとネタバレで最終回まで感想付きで配信!!
キャストも人気でハン・ヒョンジュが主演!!
イ・ビョンフン監督の大人気時代劇で有名な英祖の母トンイの生涯を描いたドラマ!!

韓国ドラマ トンイ あらすじと概要

2010年にMBCで放送された、根強い人気を誇る韓国を代表する時代劇!!
朝鮮王朝時代もっとも偉大な王になった英祖の母親トンイの生涯をスクチョンとの甘いロマンスを取り入れながら描いた作品!!
トンイがスクチョンの側室にまで上り詰めた彼女の波乱万丈な人生を追ったドラマ!!
最下位の身分だったトンイが、その機転が利く賢さと、とんちを上手く使い回りを驚かせた!!
宮廷で様々な陰謀掛けられるトンイは息子ヨンジョを守り、自分の人生を切り開く事が出来るのだろうか。


トンイのあらすじとネタバレ 41話~44話 感想

トンイ 41話

その頃トンイは宮外の私家にいた。
剣契は彼女の命を奪いに私家に潜入。
命をとられそうになったその時、トンイは剣契にこう伝えた。
自分は剣契の元首長の娘であると打ち明けたのだ。
そしてこの騒ぎに気づき漢城府の官軍が駆けつけてきた。
しかしトンイはうまく剣契たちの逃走をサポートしてあげた。

命を奪われた父親と剣契の仇を討つために両班の命を狙い続けるケドゥラ。
そんな彼を説得するためにトンイはソリの妓楼でケドゥラと再会する。
しかしケドゥラは説得に全く応じる気配はない。

このままではケドゥラの暴走を止めることは出来ない・・・
トンイはウンテクと共に大司憲が遺していった手信号をなんとか解明しようとする。

禧嬪とムヨルはトンイの動きが怪しいと感じ取る。
そしてトンイと周りの者たちを監視し続けていた。

ついに南人が経典とする六経から手信号の意味を解明することに成功したトンイ。
そしてヨシギの元へ向かいこう伝えた。
手信号の意味は南人の長の地位を狙ったオ・テソクのことをさし示していると。

トンイ 42話

トンイは再び禧嬪の元へ向かった。
大司憲の手信号がオ・テソクをさし示し、その企てに禧嬪が関わっているか明らかにするために。
そしてトンイがまだ小さい頃に見た同じ手信号をしていた宮女が禧嬪であることを鍵牌で確認した。
そして罠をしかけその証拠の品を押さえたのだった。

一方、チャン・ムヨルはトンイと剣契の関係を常々怪しいと感じていた。
そしてついにトンイが剣契の元首長の娘だと感づいてしまう。
それから禧嬪の命のもとテソクの命を奪い、その罪を剣契にかぶせようと策を練る。
その罠にはまってしまうケドゥラ一同。
しかし何とかケドゥラはその場から逃走に成功しソリの店に身をよせる。

ソリはすぐさまトンイにこのことを知らせた。
ケドゥラを助けようとトンイはヨシギとチョンスを捜し回るがコンタクトがとれない。
トンイ自ら宮廷から出てソリの店へと向かう。
そこには傷を負ったケドゥラの姿が・・・
何とか彼を王室の船で逃がそうと試みる。

しかしそこには粛宗の姿が・・・

トンイ 43話

粛宗がソリの店に姿を現した。
チャン・ムヨルにトンイと剣契の関係について聞かされたのだ。
そこでトンイが何とかケドゥラを逃がそうとしている姿を見てしまう。

ムヨルに連行されるトンイ。
トンイはこう言った。
調査を受ける前に粛宗と話をさせてくれと。

そしてトンイはヨシギに王子に何かあったら助けてくれと頼み覚悟を決めた。
彼女は粛宗の元へと向かった。
そしてトンイ自身の過去と自らの決断でケドゥラの逃走を手伝ったことを告げるのだった。

粛宗は驚愕し怒りを露わにする。
しかしトンイから離れたくはなかった。
そして偽りの供述をするように告げたのだった。
しかし粛宗の立場やこれからのことを考慮しトンイはそれを拒否する。

禧嬪は粛宗がトンイを裁きにかけず保護しようとしていることを知る。
これを受けてチャン・ムヨルにトンイに仕える者たちを捕えるよう命を下した。
これはトンイの性格を考えたうえでの指示であった。
トンイは周りの者たちを自らのせいで傷つけられたら黙ってはいられないだろうと。

トンイは粛宗に隠して漢城府へと向かった。
禧嬪の思い通りだ。
粛宗はそれを知り急いであとを追った。

トンイ 44話

粛宗が姿を現した時、すでにトンイは自分の罪について自白していた。
トンイは罰を受ける決心はついていた。
しかし粛宗はトンイから離れたくないがために、重臣や儒生の訴えに聞く耳をもたない。

ある夜のことだった。
トンイは王子に会いにいった。
しかし様子がおかしい・・・
なんと王子は麻疹になっていたのだ。
出来る限りの治療を王子に施した。
しかし結果、王子は命を落としてしまった。

トンイは悲しみ苦しみでもだえていた。
そして粛宗に自分を手放してくれるようにお願いした。
しかし、粛宗はトンイなしでは生きていけないそう思っていた。
だが彼女がこんな姿を粛宗に見せたくないと伝え、トンイを想い宮廷から追放する処罰を決断する。

トンイが宮廷を出て数か月後・・・
なんとトンイは粛宗の子供を授かっていることが判明する。
その後、元気な王子を無事出産。
王子は粛宗によってクムと命名された。
クムは正義感に溢れ元気でたくましい男の子に成長していた。

トンイの41話~44話の感想

続きはコチラ⇒トンイ あらすじ 45話~48話

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ トンイ キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ トンイ あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-トンイ
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.