チュノ~推奴

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 9話~10話 感想

投稿日:

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 9話~10話 感想
『チュノ~推奴』を最終回まであらすじとネタバレで感想付きで配信!!
キャストも人気でチャン・ヒョクが主演!!
奴婢という新しい観点から描いた話題の時代劇!!

~はじめに~
【韓国ドラマ あらすじ一覧】では話題の韓ドラのキャスト紹介やあらすじを随時配信しています。
気になる新作ドラマや時代劇のあらすじはお任せ下さい(^▽^)/
より韓国ドラマを楽しんで頂けるようにドラマの評価や主演キャストの撮影秘話なのどもご紹介しています♪

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじと概要

2010年にKBSの特別企画として放送されたドラマで視聴率が30%を超えた話題作!!
今までの韓国時代劇とは違った圧巻のアクションが見どころ!!
奴婢に視点を当てた新しいシチュエーションが視聴者の心を引き寄せた!!
朝鮮時代中期の物語で、両班生まれで裕福な家柄のテギルは、1人の女性オンニョンと恋に落ちた。
だが、彼女は奴婢という身分で、オンニョンの兄は自分の身分に我慢が出来なくなりテギルの家に火を放った。

それから数年の時が経ち、テギルはオンニョンとその兄を捜す為、狩人のチュノになっていた。
そしてもう一人かつて、は朝鮮一の腕前の武将だったテハは、陰謀によって昭顕世子の指示の元逃亡奴婢へとなる。
初恋相手だったオンニョンを捜す推奴テギル、武将から奴婢に転落したテハ、二人の間で揺れる奴婢のオンニョン。
三人が繰り広げる与えられた使命との葛藤や陰謀、そして愛に揺れる心の行方は!?


チュノ~推奴のあらすじとネタバレ 9話~10話 感想

チュノ~推奴 9話

テハは明の刺客に襲われ・・テギルもまた別の刺客に襲われます。テハは皇太子に繋がる人間だったため、反体制派の力を削ぐ目的でターゲットにされたのです。一方、テギルを襲った刺客は、オンニョンの兄・クンノムが放ったペッコ一味です。クンノムは妹のオンニョンがテギルに追われていることを聞き、彼女を助けようとしたのです。

その頃、オンニョンは小船の上でテハと話をしていました。話しというよりも、オンニョンがテハに一方的に質問をしていました。過去にどんなことがあったのか、なぜ逃げているのか、なぜ推奴師が追ってくるのか・・と。テハはついに観念して、自分の過去とこれまでの経緯をオンニョンに説明します。自分が元々は昭顕世子の部下だったこと、そして彼から王孫を託されたこと・・。

オンニョンはテハからの思わぬカミングアウトに、すっかり驚き入っています。一方、都では奴婢たちによる革命の気運が高まっていました。その気運を作るきっかけとなったのは、オッポクによる両班襲撃事件です・・。テギルは馬を飛ばしてペッコの元を目指していましたが、その側にはソルファが付いています。ソルファはテギルの優しさと厳しさに惹かれて、ますます彼に想いを寄せるようになっています...。

チュノ~推奴 10話

血相を変えてペッコのいる屋敷に向かったテギルでしたが、そこに待ちうけていたのは・・。なんとなんと、テギルの命を狙い続けていたクンノムでした!クンノムはテギルがオンニョンを追いかけていることを知って、テギルに激怒していたのです。一方、王孫を守る使命を与えられているテハは、オンニョンを連れてチェジュドに辿り着きました。

さっそく王孫を保護したいところですが、王孫はすでにハンソムが連れ出していました。テハは思惑が外れてがっかり・・それだけでなく役人に囲まれてピンチに!テギルはクンノムと対面して驚きますが、すぐに憎しみが湧き立たせます。一方のクンノムも、テギルに負けないほどの怒気を漂わせています。王孫のソッキョンはまだ幼少ですが、すでに王のような品格と威厳を漂わせています・・。

彼は時代の波に翻弄されてはいますが、自分の置かれた立場をよく理解し運命を受け入れています。そんな王孫の保護を任されているテハも、役人に囲まれながら冷静に対処します。彼はとっさに縄を使った技を思い付き、華麗な動きで相手を翻弄しながらあっさりとピンチを脱します。オンニョンはそんなテハにますます惹かれていくようになりますが...。

チュノ~推奴の9話~10話の感想

続きはコチラ⇒チュノ~推奴 あらすじ 11話~12話

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ チュノ~推奴 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-チュノ~推奴
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.