チュノ~推奴

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 15話~16話 感想

投稿日:2017年4月17日 更新日:

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 15話~16話 感想
『チュノ~推奴』を最終回まであらすじとネタバレで感想付きで配信!!
キャストも人気でチャン・ヒョクが主演!!
奴婢という新しい観点から描いた話題の時代劇!!

~はじめに~
【韓国ドラマ あらすじ一覧】では話題の韓ドラのキャスト紹介やあらすじを随時配信しています。
気になる新作ドラマや時代劇のあらすじはお任せ下さい(^▽^)/
より韓国ドラマを楽しんで頂けるようにドラマの評価や主演キャストの撮影秘話なのどもご紹介しています♪

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじと概要

2010年にKBSの特別企画として放送されたドラマで視聴率が30%を超えた話題作!!
今までの韓国時代劇とは違った圧巻のアクションが見どころ!!
奴婢に視点を当てた新しいシチュエーションが視聴者の心を引き寄せた!!
朝鮮時代中期の物語で、両班生まれで裕福な家柄のテギルは、1人の女性オンニョンと恋に落ちた。
だが、彼女は奴婢という身分で、オンニョンの兄は自分の身分に我慢が出来なくなりテギルの家に火を放った。

それから数年の時が経ち、テギルはオンニョンとその兄を捜す為、狩人のチュノになっていた。
そしてもう一人かつて、は朝鮮一の腕前の武将だったテハは、陰謀によって昭顕世子の指示の元逃亡奴婢へとなる。
初恋相手だったオンニョンを捜す推奴テギル、武将から奴婢に転落したテハ、二人の間で揺れる奴婢のオンニョン。
三人が繰り広げる与えられた使命との葛藤や陰謀、そして愛に揺れる心の行方は!?


チュノ~推奴のあらすじとネタバレ 15話~16話 感想

チュノ~推奴 15話

オンニョンはこれまでテハに対してしつこく出自や経歴を尋ねてきました。そしてそれに対してテハも正直に答えてくれましたが・・。今度は自分の番ではないか?オンニョンはそう思うようになっていました。そのきっかけとなったのは、市場でテギルを目撃したことです。もしあのときテギルを見ていなかったら、こんな気持ちにはならなかった・・とオンニョン。

こうしてオンニョンは自分の出自をテハに話そうとしますが、上手く話すことができません。普通の会話はすらすらできるのに、肝心な話しをしようとすると言葉が詰まってしまう。しかしそんなオンニョンのことを、テハが優しく包み込みます。自分はオンニョンといられるだけで幸せだ・・何も言葉は要らないよ・・と。一方、テハは心に大きな不安を抱えていました。

それは、ソッキョンを擁立して行う改革についてです。みんなの頑張りによってかなり体制派を苦しめてはきましたが・・。一進一退の攻防が長く続いていることによって、先行きが不透明になっていたのです。もしかしたら改革は成し遂げられないかもしれない・・テハはそう思うようになっていました。一方、チョルンはテギルを利用して卑劣なことをしようとしていました...。

チュノ~推奴 16話

オンニョンは二人の男性の間に挟まれて辛い立場にありました・・。一人は今の夫・テハ、もう一人の男は自分の想い人であるテギルです。どちらも彼女にとっては大切な男性であり、優劣を決めることなどできません。しかし、テハとテギルからすると、二人でオンニョンを共有することは考えられないのです。オンニョンがどちらから一人を選ばなければならない・・そんな状況です。

テハもテギルもオンニョンを巡って一歩も引かず、剣を使って対決も辞さずの構えです。一方、テハもテギルもぎりぎりのところで冷静さを維持していました。二人は共に決闘をしたいとは思っていましたが、オンニョンにそれを見せないようにします。オンニョンから見えない場所に行って、そこで二人だけで対決をしようとしたのです。

そしてついに!テハとテギルは運命の対決を行いましたが・・。この戦いで二人の心の奥底にあったものが見事にあぶり出されます。二人は本気で剣を交えたものの、お互いに殺すつもりはなかったのです。いや、本人たちは殺すつもりでしたが、いざチャンスがやって来ると・・止めを刺さないのです。テギルにもテハにもそのチャンスがあったのですが、なぜか二人はお互いを仕留めません...。

チュノ~推奴の15話~16話の感想

続きはコチラ⇒チュノ~推奴 あらすじ 17話~18話

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ チュノ~推奴 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-チュノ~推奴
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.