チュノ~推奴

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 21話~22話 感想

投稿日:

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 21話~22話 感想
『チュノ~推奴』を最終回まであらすじとネタバレで感想付きで配信!!
キャストも人気でチャン・ヒョクが主演!!
奴婢という新しい観点から描いた話題の時代劇!!

~はじめに~
【韓国ドラマ あらすじ一覧】では話題の韓ドラのキャスト紹介やあらすじを随時配信しています。
気になる新作ドラマや時代劇のあらすじはお任せ下さい(^▽^)/
より韓国ドラマを楽しんで頂けるようにドラマの評価や主演キャストの撮影秘話なのどもご紹介しています♪

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじと概要

2010年にKBSの特別企画として放送されたドラマで視聴率が30%を超えた話題作!!
今までの韓国時代劇とは違った圧巻のアクションが見どころ!!
奴婢に視点を当てた新しいシチュエーションが視聴者の心を引き寄せた!!
朝鮮時代中期の物語で、両班生まれで裕福な家柄のテギルは、1人の女性オンニョンと恋に落ちた。
だが、彼女は奴婢という身分で、オンニョンの兄は自分の身分に我慢が出来なくなりテギルの家に火を放った。

それから数年の時が経ち、テギルはオンニョンとその兄を捜す為、狩人のチュノになっていた。
そしてもう一人かつて、は朝鮮一の腕前の武将だったテハは、陰謀によって昭顕世子の指示の元逃亡奴婢へとなる。
初恋相手だったオンニョンを捜す推奴テギル、武将から奴婢に転落したテハ、二人の間で揺れる奴婢のオンニョン。
三人が繰り広げる与えられた使命との葛藤や陰謀、そして愛に揺れる心の行方は!?


チュノ~推奴のあらすじとネタバレ 21話~22話 感想

チュノ~推奴 21話

テハはしばらく月岳山に滞在していましたが、やがて山を降りるときがきました。頭領のチャッキは名残惜しそうにしながらも、彼のために別れの宴会を開いてくれました。一方、テギルはオンニョンのことが気になって仕方ありません。俺がもっと早くオンニョンのことを見つけていれば、こんなに苦しむことはなかった・・と。彼の視線の中にいるオンニョンは今、テギルではなくテハのことを気遣っています。

テギルはそれを見ながら生活しなければならないので、彼にとって月岳山にいることは拷問でした。宴会はテハを気持ちよく送るためのものでしたが、テギルはたまらなくなって宴を抜け出します。もう耐えられない・・オンニョンに振り向いてもらえない人生なんて何の意味があろうか。テギルは兄のように慕っているチェ将軍に対して、自分の心情を吐露します。

一方、テギルがオンニョンのことで苦しむように、ソルウォンもテギルのことで苦しんでいました。彼女は昔からテギルのことが好きでしたが、いくら頑張ってもテギルは振り向いてくれないのです。オンニョンの真似をして気を引こうともしましたが・・全て失敗に終わりました。それでもテギルを諦められないソルウォン・・彼女は酒に酔ってオンニョンの部屋に向かいます...。

チュノ~推奴 22話

テハとテギルが月岳山を去ってから、清国のヨンゴルテが動き出しました。彼は月岳山にソッキョンがいることを知って、彼を保護しようと考えたのです。そしてすぐに部下を月岳山に送り込んで、ソッキョンを連れて行こうとします。ところがチャッキの部下に遮られて、激しい格闘が始まります!その頃、テハとテギルは二人で一緒に漢城に向かっていました。

二人は相変わらずオンニョンを巡ってライバル関係にありましたが、その心は以前のようではありません。確かにオンニョンのことでは対立していますが、それを除けば二人はお互いをリスペクトしていたのです。それどころか二人の間には、不思議な友情が芽生え始めていました・・。なんでも率直にストレートに話すテギルの話を聞きながらテハは、こいつはいいヤツだと思います。

一方、テギルもテハと接するうちに、彼に魅力を感じるようになっていました。こうした中、テハはソッキョンを救うための方法をテギルに伝えます。それは・・彼が清国で長く過ごした世子に会うことです。世子に会ってソッキョンの放免をお願いする・・それがテハの最後の手段でした。テギルは不安を覚えますが、テハの言葉を信じて作戦に協力することを誓います...。

チュノ~推奴の21話~22話の感想

続きはコチラ⇒チュノ~推奴 あらすじ 23話~24話(最終回)

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ チュノ~推奴 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-チュノ~推奴
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.