チュノ~推奴

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 23話~24話(最終回) 感想

投稿日:2017年4月18日 更新日:

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 23話~24話(最終回) 感想
『チュノ~推奴』を最終回まであらすじとネタバレで感想付きで配信!!
キャストも人気でチャン・ヒョクが主演!!
奴婢という新しい観点から描いた話題の時代劇!!

~はじめに~
【韓国ドラマ あらすじ一覧】では話題の韓ドラのキャスト紹介やあらすじを随時配信しています。
気になる新作ドラマや時代劇のあらすじはお任せ下さい(^▽^)/
より韓国ドラマを楽しんで頂けるようにドラマの評価や主演キャストの撮影秘話なのどもご紹介しています♪

韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじと概要

2010年にKBSの特別企画として放送されたドラマで視聴率が30%を超えた話題作!!
今までの韓国時代劇とは違った圧巻のアクションが見どころ!!
奴婢に視点を当てた新しいシチュエーションが視聴者の心を引き寄せた!!
朝鮮時代中期の物語で、両班生まれで裕福な家柄のテギルは、1人の女性オンニョンと恋に落ちた。
だが、彼女は奴婢という身分で、オンニョンの兄は自分の身分に我慢が出来なくなりテギルの家に火を放った。

それから数年の時が経ち、テギルはオンニョンとその兄を捜す為、狩人のチュノになっていた。
そしてもう一人かつて、は朝鮮一の腕前の武将だったテハは、陰謀によって昭顕世子の指示の元逃亡奴婢へとなる。
初恋相手だったオンニョンを捜す推奴テギル、武将から奴婢に転落したテハ、二人の間で揺れる奴婢のオンニョン。
三人が繰り広げる与えられた使命との葛藤や陰謀、そして愛に揺れる心の行方は!?


チュノ~推奴のあらすじとネタバレ 23話~24話(最終回) 感想

チュノ~推奴 23話

ソッキョンを助けるために決死の覚悟で臨んだ世子への直談判でしたが・・。仁祖王に阻まれてしまい、テハはソッキョンを放免してもらうことに失敗します。その後、テギルとテハはチョルンの部下に追われピンチを迎えますが、これを見事に撃退します。テギルとテハは一人ずつでも最強ですが、二人が手を組めば恐いものなしです。しかし、チョルンの部下を倒したことで、二人はまたしてもお尋ね者になるのでした・・。

テギルはなんとか昔の仲間を頼って、宿を得ることに成功します。テハはその代わり、新しい作戦を披露します。それは・・ソッキョンを連れて清に向かうということです!これはあまりにも無謀かつ大胆な方法でしたが、テハはそうするしかないと考えています。

一方、山岳に潜伏しながら時節を待っているオッポクは、自分に自信を失いナーバスになっていました。自分はこの国の将来を考えて、これまで多くの両班を殺してきた・・。しかし・・そんなことに一体どんな意味があるのか・・ただ犠牲が増えるだけじゃないのか?と。これに対して謎の男がオッポクに、勝利は犠牲の上に成り立つものです!と諭します。オッポクはこの言葉に動かされて、ふたたび行動を開始します...。

チュノ~推奴 24話(最終回)

オッポクは必死の思いで仲間たちの元に駆けつけましたが・・。そこで彼が見たものは、無残に殺された仲間たちの見るに堪えない姿でした。オッポクは絶望を深め泣き叫ぶことしかできませんでした。テギルは月岳山に使者を送って現状を伝えましたが、チャッキは彼を手伝うことに躊躇します。確かに革命は必要だが、テギルに義理などはない・・と。

しかし、彼はオンニョンがテハの妻であることを知り、彼女を守ろうとします。その一方、チャッキは自分のそばにいる子供が王孫であることを知りません。実はテハたちがこの王孫を擁立して改革しようとしていることも・・。都では奴婢たちが両班を相手に果敢な攻撃を行っていました。仁祖王はなかなか鎮圧することができず、怒りに満たされていきます。ここですかさずイ左議政が仁祖王に対処策を提示します。

仁祖王はイ左議政のことを信用していませんでしたが、仕方なく彼の提案を聞き入れます。テギルはテハとは別に行動していたのですが、やがて合流することになります。テハはテギルの義侠心に感じ入り、テギルとオンニョンに話をする機会を作ってやります。こうして久しぶりに対面したテギルとオンニョン・・優しくもせつない空気が二人を包みます。

その後、テギルはテハとオンニョンもとを去っていき、今度はチョルン率いる官軍がやって来ます。テハたちは必死に戦いますが、相手も強く、ヨンゴルテの部下たちは次々に倒れていきます。やがてテハも負傷することになり・・。もうこれ以上は動けない・・残念だがここで自分は終わりだ・・。テハがそう思いかけたとき、去ったはずのテギルが戻ってきました。

チョルンはテギルの姿を見てビックリ!ここから形勢が一気に逆転します。テギルはチョルンの部下たちを討ち果たした後、チョルンの心を動かす言葉を口にします。時代や世の中を恨むのは仕方ないだろう・・しかし人間を恨んではいけない!と。これはテギルにしか言えない説得力のある一言でした。チョルンはこの言葉に感銘を受けて、心を改めるのでした。

そしてついに、反体制派による改革のための戦いは終わりを告げたのでした。動乱の時代に生まれ、動乱の中で出会ったテハとテギル、それにオンニョン。3人は激しい戦いの中で翻弄されながらも、いつしか性別を越えた友情を築き上げたのでした。そして諸々の勇士たちの死力を尽くした戦いのあと、新しい時代が幕を開けます...。

チュノ~推奴の23話~24話(最終回)の感想

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ チュノ~推奴 キャスト 相関図
(予告動画や注目キャストも紹介しています♪)

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ チュノ~推奴 あらすじ 全話一覧 感想
(ドラマの評価や放送予定も紹介しています♪)

●おすすめの関連記事はこちら

-チュノ~推奴
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.