夜を歩く士 (ゾンビ)

韓国ドラマ 夜を歩く士 (ゾンビ) あらすじ 1話~2話 感想

投稿日:2016年12月5日 更新日:

『夜を歩く士 (ゾンビ)』最終回までのあらすじを感想を付きでネタバレ配信!!

【夜を歩く士 (ゾンビ) あらすじと概要】

時代劇とファンタジーを見事に組み合わせた新感覚の時代劇!!

イ・ジュンギと日本でも人気の高い(東方神起)チャンミンがダブル主演!!

悪の吸血鬼クィに陰謀によって婚約者のミョンヒを失ったソンヨルは、人の感情を持った吸血鬼になる。

時は経ち120年後、運命の歯車が動き出す…。

世孫という身であるユンは遊び人を装いながら父の仇クィを倒す計画を企てていた。

そんな複雑の運命を背負たソンヨルとユンはやがて本売りのヤンソンと出会い惹かれていく。

複雑な環境の中で加速する彼女への想いと、悪に立ち向かう二人の姿は見逃せない!!

韓国ドラマ-夜を歩く士ゾンビ-あらすじ

【夜を歩く士 (ゾンビ)のあらすじと感想 1話~2話】

夜を歩く士 (ゾンビ) 1話

主人公は、朝鮮王朝で働くソンヨルです。

昔、宮中に怖い伝説がありました。

その怖い伝説とは、吸血鬼に関するものでした。

その吸血鬼が必ず現れる日がありました。

その日というのは、王の床入りの日でした。

実は、この物語を書いたのはチャンヒョンという世子で、ソンヨルに自分の書いた物語を自慢していました。

そんな中、宮中では謎の事件が起きていました。

クィという美しい吸血鬼が表れて、次々と王の側室を餌食にしていました。

小説だと思っていた話は、実は本当の出来事でした。

朝鮮王朝は、約200年の間ずっと美しい吸血鬼クィに支配されていました。

王は、次から次へと犠牲者が出る事に嫌気がさしていました。

そして、次の王に選ばれたのは、何とジョンヒョンでした。

チャンヒョンを王に選んだのは、吸血鬼のクィでした。

クィは自分の事をチャンヒョンに教えていましたが、
チャンヒョンはいつまで経っても、クィに挨拶には来ませんでした。

仕方なく、チャンヒョンとソンヨルは、吸血鬼に立ち向かいますが、その際にソンヨルの愛した女性を犠牲にしてしまいます。

ソンヨルは、自ら吸血鬼になる道を選択してしまいます。

 

吸血鬼の伝説…こんな怖い伝説があってはなりません!!

本の中だけの事ならいいのですが…。

私は残酷な吸血鬼のクィがお気に入りです。

 

夜を歩く士 (ゾンビ) 2話

ソンヨルはクィが原因で愛する女性を失いました。

その事件から吸血鬼になってしまったソンヨル。

あれから120年という長い歳月が過ぎました。

ソンヨルは、何かのきっかけをつかもうと、昔、チャンヒョンが書いた備忘録を探していました。

備忘録を探している時に出会ったのが、あらゆる本を探す事が出来るというヤンソンでした。

ヤンソンは、ソンヨルの顔をじっと見つめていました。

ヤンソンは何とか本を探そうと、努力しましたが、不思議な事にどれも現在、禁書扱いでした。

ソンヨルは、チャンヒョンが昔、書いていた小説が、淫乱書生という名前だった事を思い出します。

現在、淫乱書生という名前の作家が書いた本が人気だった事で思い出しました。

チャンヒョンの書いた書籍とのつながりが凄く気になります。

その頃、ユンという孫子は、身分を隠して、町をさまよっていました。

偶然、ヤンソンと出会い、ユンは恋に落ちました。

 

120年もその後生き続けたソンヨルに驚きですね!!

吸血鬼となったソンヨルですが人の血を吸ったりしてしまうのでしょうか?

 

【夜を歩く士 (ゾンビ)の1話~2話の感想】

時代劇と吸血鬼がコラボした韓ドラが始まりました!!

どんな話になっていくのか今から楽しみで仕方ないです。

ヤンソンと恋に落ちると出ていますが、これは男装しているのですね。

何故、ヤンソンが男装しているのかは、まだここの話では分かりませんが後に出てくるのでしょうね。

ソンヨルは120年もの間、書物を読み漁っていたようですが、その膨大の知識と吸血鬼を武器に彼が今後どの様に行動を起こしていくのか気になりますね。

 

続きはこちら⇒夜を歩く士 (ゾンビ) 3話~4話 あらすじ

全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 夜を歩く士 (ゾンビ) あらすじ 全話一覧 ネタバレ

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 夜を歩く士 (ゾンビ) キャスト 相関図

オススメの韓国ドラマのあらすじはこちらから⇒韓ドラ あらすじ 一覧

 

-夜を歩く士 (ゾンビ)
-, , , ,

Copyright© 韓ドラ白書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.